バレンタイン チョコレートギフト通販

本格ショコラから、チョコを使った美味しいスイーツ・ケーキまで。

バレンタインに間違いなしのチョコレートをご紹介!

キャンペーン応募

1.@SweetsVillage1 アカウントをフォロー

https://twitter.com/SweetsVillage1


2.

①「キャンペーン ツイートをリツイート」 

もしくは

②スイーツモールのバレンタインスイーツで

「#スイーツむらバレンタイン」

をつけてリツイート

厳選!美味しいバレンタインチョコレート3選 特集

通販購入の4つのメリット

最短5分!ご注文の流れ

バレンタイン チョコレートギフト特集のジャンル一覧 

板チョコ

板チョコ

チョコレートケーキ

チョコレートケーキ

フルーツチョコレート

フルーツ×チョコ

ナッツチョコ

ナッツ×チョコ

ボンボンショコラ

ボンボンショコラ

生チョコ

生チョコ

バレンタイン チョコレートギフト特集一覧

1 2 3 13 NEXT

バレンタインデーとは?なぜバレンタインは2月14日なの?

そもそもバレンタインデーは英語で、「聖なるバレンタインの日(Saint Valentine's Day)」という意味。バレンタインデーの由来は、3世紀のローマ帝国時代に遡ります。当時、若い兵士の結婚は皇帝クラウディウス2世によって、遠征などの際に士気が下がるという理由で禁止されていました。キリスト教司祭であるヴァレンティヌス(バレンタイン)は、密かに兵士を結婚させたため、2月14日に処刑されました。さらに当時のローマでは、2月14日は家庭と結婚の女神、ユノの祝日でもありました。加えて2月14日の翌日は、豊穰祈願祭でもある「ルペルカリア」の開催日だったとも言います。これらの理由から2月14日はキリスト教にとって、男女の結びつきを深める大切な恋人の日であるとされました。


日本と海外のバレンタインデーの違い

バレンタインといえば女性から男性にチョコレートをプレゼントし、自分の気持ちを伝えるイベントとして認識されています。しかし、海外ではバレンタインの文化が異なる国もあり、欧米では、男性から女性へプレゼントを贈るのが一般的です。プレゼントはチョコレートに限らず、バラの花やテディベア、ジュエリーなどを贈るようです。

アメリカでは、お世話になった人同士がカードや花などを贈り合います。そしてヨーロッパや中国では、男性から女性にカードや花を贈ります。

どうしてチョコレートを贈るようになったのか?


女性が男性にチョコレートを贈るのは日本独自の習慣であり、日本型のバレンタインデーといえます。

日本ではチョコレートを贈るイベントとして特に認知度が高く、意中の相手に贈る「本命チョコ」といった言葉も生まれています。日本でバレンタインにチョコレートを贈るようになったのにはお菓子業界が打ち出した広告やキャンペーンがきっかけであるといわれています。1935年に「モロゾフ」が日本で初めてバレンタインデーの広告を出したことが1958年に「メリーチョコレート」が「バレンタインデーにチョコレートを贈ろう」とキャンペーンを実施しました。この頃からバレンタインの広告がでるようになり、定着していきました。

義理チョコと本命チョコの相場・違い


義理チョコと本命チョコは贈る品物で区別しましょう。義理チョコの場合、贈る相手に合わせたチョコレートを選ぶよりは、全員に同じものを渡すことが多いです。本命チョコは、女性が思いを寄せる男性に贈るチョコレートで、義理チョコと比べ、高価なものや手作りされるものも多いです。


職場の男性や上司や目上の方に義理チョコを贈る場合は500~1,000円程度がおすすめです。あまり高価なものは、選ばないほうがよいでしょう。友人に贈る場合は1,000~3,000円程度。本命の人や配偶者の方には1,000~10,000円程度がおすすめです。

チョコの賞味期限・保存方法について

バレンタインデーでせっかくもらうチョコレートは、風味を損なわないうちに美味しく食べてしまいたいもの。バレンタインの季節が近づくと、ついつい食べたくなってしまうチョコレート。ついつい買いすぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。製菓用のチョコが残ってしまった場合などは、何かしらの方法で保存しておくしかありません。そしてそんな時に気になってくるのが、そもそもの賞味期限や保存方法の問題です。


一般的にチョコレートの賞味期限は短いもので1か月程度です。保存期間はあくまで目安のため、開封後はなるべく早めに食べたほうがおいしくいただけるでしょう。保存方法は直射日光や高温多湿、急激な温度差や湿度差を避け、涼しい場所で保存をしてください。


そしてチョコレートの適切な保存方法としては、未開封の状態で15℃~20℃の冷暗所に置いておくのが理想的と言われます。一度開封したものはきちんとラップで包んでおく、もしくはタッパーに移してから、冷蔵庫で保存しておくといった対策が現実的になってくるでしょう。

バレンタインチョコレートの種類

チョコレートの種類は幅広くあります。以下参考です。


プラリネ

砂糖を熱してカラメル状にし、ローストしたアーモンドやヘーゼルナッツを混ぜ合わせ、すりつぶしてペースト状にしたものを、溶かしたチョコレートに混ぜたものをいいます。

トリュフ

フランス料理の高級食材トリュフ(きのこの一種)に似せて作ったチョコレートのことをいいます。

ボンボンショコラ

一口サイズのチョコレートの総称です。代表的な製品として、トリュフがあります。

ガナッシュ

溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームを加えたり、または温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作る口溶けの良いチョコレートです。


チョコレート菓子に囚われず、他の種類も考えたいとなれば、マカロンやクッキーも人気です。他にもムースやプリン、カップケーキ、ドーナツやチーズケーキ、さらには大福などチョコレート以外にも幅広い種類の菓子が選ばれるようになっています。