大判焼きとは - スイーツモール

大判焼きとは

大判焼きとは

日本の伝統的な甘味所や祭り会場で馴染み深い香りと共にふわっと立ち上る白い煙。子供の頃、その甘い香りに惹かれて手に取ったのが「大判焼き」であったという人も多いでしょう。毎年新しいスイーツが登場し続ける現代でも、私たちの味覚に深く刻まれた大判焼きの魅力を改めて探求する心地良い時間になることでしょう。

今川焼きとは

「今川焼き」は、日本が生んだ古くから親しまれている和菓子です。その起源とも言える地域は東海地方の愛知県や静岡県などで、ここでは特に馴染み深いお菓子となっています。


「今川焼き」の名前に隠された由来には、「今川橋」という東京都中央区に存在する橋から来ているという説があるのです。江戸時代中期にこの近くの松林で売られていた、その風情が名前に反映されたとされています。


一見して「今川焼き」とわかるその形状は、川の流れを模していて、カステラのような生地が中のあんこを包み込んでいます。この独自な形状と、中から出てくる甘いあんこの味わいが絶妙で、日本各地で非常に人気があります。


祭りや年越し前後の時期や、和菓子屋やお土産としても、その姿を見ることができます。何よりそのシンプルさゆえの深い味わいは、日本の伝統と職人技が詰まった和菓子のありがたさを改めて教えてくれます。


また最近では家庭でも気軽に楽しむことができる冷凍食品も人気で、さらにその味わいを広めています。「今川焼き」とは、一見シンプルな見た目が作り上げる多層の愉しみが堪能できる、日本が誇るお菓子なのです。

大判焼きとは

大判焼き(おおばんやき)とは

大判焼きとは、露店や観光地で人気の伝統的な和菓子です。もともとは大阪の郷土菓子で、大判という名前が示すとおり大きなお皿のような特殊な鉄板で焼かれます。その姿はまるで分厚いパンケーキのようで、その間に餡やクリーム、フルーツなどの具材を挟むことによってその美味しさが引き立てられます。特にあんこが使用される場合が多く、そのバリエーションは小豆のこしあんやつぶあんなどが挙げられます。


また、東北から東海、さらには四国地方でも親しまれています。特に四国地方では昭和30年代から大判焼きの名で、従来のサイズより一回り大きい今川焼きを愛媛県の菓子製造機器メーカーが売り出しました。この名前付けには、愛媛県を舞台にしたあるベストセラー小説を起源とするとも言われています。手作りの温かさと豊かなバリエーション、そして手軽さから生まれる魅力で、大判焼きは日本の風情を表現する一品とも言えます。

回転焼き(かいてんやき)とは

「回転焼き」は、焼き型の中央に軸を設け、円運動させながら一定の熱で焼き上げる日本独自の製法からその名がつけられました。特に、祭りや観光地で人々に喜ばれるスイーツで、その存在感は決して小さくはありません。


多くの場合、「回転焼き」と聞いて思い浮かべるのは、鉄板で焼き上げられたたい焼きや、クリームチーズ、カスタード、あんこなどを詰めたお菓子です。しかし、地域や店舗によっては、お好み焼きやたこ焼きを指すこともあります。


その食感は、外皮がパリッと中身がトロッとという一風変わったもの。それぞれ手作りで仕上げられた温かい回転焼きは、季節に左右されずに様々な人々から愛されています。そして、その美しい見た目と食べるたびに訪れる幸せな気持ちが、お菓子が持つ新たな可能性を切り開くとともに、日本の伝統的なお菓子文化を守り続けています。


なお、「回転まんじゅう」という名で親しまれることもあり、特に関西や九州地方でよく耳にします。「二重焼き」(広島)、「太鼓焼き」(和歌山)、「おやき」(北海道)など、この焼き菓子は地元の特色を取り入れた呼び名で数多く存在しています。さらに、海外でも台湾の「車輪餅」や韓国の「オバントク」の名で知られ、その魅力を広く伝えています。

大判焼きとは

今川焼きの味の種類

日本全国で愛される今川焼きは、最初にあんこで作られたとされています。そして、このあんこもこしあんからつぶあんへ、甘さを抑えたものから香ばしいものまで、多彩な味わいが存在します。また、各地域によっては、もっちもちな皮に包まれた溶けるようなチーズや、シャキッとした食感の野菜、肉など、様々なフィリングで多面性を表現しています。


近年では、チョコレートや抹茶、果物を用いた新しいバリエーションも増えてきており、一年中楽しむことができます。特に夏には、さっぱりとしたフルーツ入りの今川焼きは最高です。一度食べたら、その魅力に虜になること間違いなしです。


未知の味の冒険が待つ「今川焼きの味の種類」。無限の可能性を持つその世界から、あなただけの一番が見つかることを願っています。


・あんこ


今川焼きのスタンダード、あんこ!もちもちとした皮との相性が絶妙で、クセになる美味しさ。こしあん、つぶあんと形状によっては食感が変わり、その違いも楽しむことができます。


・白あん


白あんは白いんげん豆から作られ、リッチな甘みが特徴。その優雅な風味で今川焼きが一段と引き立ちます。


・カスタード


あんこと並んで人気のカスタードは、卵と牛乳のなめらかな風味が広がり、一口食べると至福の時へと誘います。


・抹茶クリーム


一度食べれば忘れられない、根強い人気を誇る抹茶クリーム。ほろ苦さが味わい深く、シンプルながらも風味豊かな筈です。


・チョコレートクリーム


濃厚なチョコレートクリームは、もちもちした今川焼きの皮と相性抜群。コーヒーや紅茶と一緒に楽しむのもおすすめです。


・うぐいすあん


うぐいすあんは、青えんどう豆から作られ、鮮やかな緑色が特徴的。これを今川焼きに詰めれば、見た目も美しい逸品が完成します。

大判焼きとは

まとめ

大判焼きの魅力は、何も変わることのない安定した風味とノスタルジックな情緒が詰まっていることだと言えます。安定した味わいの餡とふんわりとした皮、そこから立ち上る香りが、古くから日本人の五感を癒し、時には子供の頃の思い出を呼び起こします。現代の多様なスイーツがあふれる中でも、大判焼きの存在は確固として私たちの心にあります。それは、味わいながら、その場所、その時々の思い出と共に、一つ一つの大判焼きが特別な物語を紡ぎ出してくれるからこそでしょう。新たなスイーツも楽しみつつ、一度は大判焼きに想いを馳せ、古き良き日本の風味を味わうひとときを、心ゆくまでご堪能ください。