クリスマスケーキはいつ食べる - スイーツモール

クリスマスケーキはいつ食べる

クリスマスケーキはいつ食べる

ツリーを美しく飾り、クリスマスソングが街に響く頃、我々は年末の特別な時期が近づいていることを実感します。その中でも一番待ち遠しいと感じるものの一つが、やはり美味しいクリスマスケーキの登場ですよね。華やかなデザイン、甘さとフルーツの風味など、食べると自然と笑顔がこぼれます。しかし、一般的なクリスマスケーキは、その壮麗さにも関わらず、一体いつ食べるものなのでしょう?クリスマスイブ?それともクリスマス当日?それぞれの家庭によって、この答えは驚くほど異なります。それでは、今回の記事ではその疑問に深く掘り下げ、クリスマスケーキにまつわる風習や習慣について探ってみましょう。

クリスマス ケーキ いつ 食べる?24日と25日のどっち?

クリスマスと言えば、やはり豪華なシンボルであるクリスマスケーキを思い浮かべる人が多いでしょう。この華やかなケーキには、イチゴの赤とクリームの白が交錯し、さらには美味しさを引き立てるキャンドルの灯がある。そして、いつそのケーキを食べるべきかが問われることがよくあります。具体的には、クリスマスイブの24日に食べるのか、それともクリスマス本日の25日に食べるかが問題とされます。


大方の人々は、24日のクリスマスイブにケーキ を 食 べ て 過ごすことが通常だと考えています。それは夜の楽しいイベントとして、家族や恋人と一緒にケーキを分け合う風習があるからです。その他にも、様々なクリスマスケーキに囲まれて、一年の終わりを祝し、新年への希望や期待を話し合う時期でもあります。


しかしながら、クリスマス当日の25日にケーキを食べる選択肢もあります。例えば、クリスマスの朝に起きてすぐにワクワク感を味わうため、またはクリスマスイブの夜にパーティーや外食が予定されているためという理由もあります。


いずれにせよ、クリスマスケーキを食べるタイミングは固定ルールではなく、自由な選択であるべきです。24日と25日の両日で楽しんでもよいでしょう。あなたのクリスマスが最高のものになることをお祈りします。


そんな中で、「クリスマスケーキ」を食べる日は一般的に12月24日とされています。その理由は、この日がクリスマスの夜、つまり「イブ」であるから。そしてクリスマスは12月25日の日没までとされているため、25日の夜には既にクリスマスは終わっています。


詳しく説明すると、キリスト教のユダヤ暦では1日は日没から次の日の日没までと定義され、現代のカレンダーではクリスマスは24日の日没から25日の日没へと続いています。


したがって、クリスマスイブは24日の日没から24:00まで、そしてクリスマスは25日の日没までとなるわけです。


日本では、クリスマスイブは24日とし、豪華なディナーで祝う風習が根付いています。だからと言って、日本のクリスマスは宗教を超越したイベントとなり、クリスマスケーキを食べる日を24日や25日、あるいは23日に定めるのは誤りでないと言えるでしょう。


スイーツモールの

クリスマスケーキ特集はこちら

クリスマスケーキはいつ食べる

クリスマスの由来は?

クリスマスの起源について説明いたしましょう。一般的に誤解されがちなことですが、クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う日のことを指すわけではありません。クリスマスの由来は、キリストの誕生日を讃える祝日というより、彼がこの世に姿を現したことを記念する日とされています。


キリストの具体的な誕生日については諸説あって特定は難しいのですが、クリスマスが12月25日に定められたのには面白い理由があります。それは、かつてのローマ帝国の太陽神ソル・インヴィクトゥスの誕生日と冬至祭を合わせた日だったからなのです。キリスト教が広がるにつれて、クリスマスはこの祭りを置き換えて全世界で祝われるようになりました。


現代のクリスマスは、宗教的な意味合いを越えて、愛や平和、そして家族の絆を称える特別な日として認識されています。それぞれの地域や家庭で特有の伝統があり、ギフトの交換や美味しい料理を共有するなど、様々な形で祝われています。


アメリカでは、彼らの大切な家族の日であり、12月25日は一緒に過ごすことへの感謝の日でもありますが、日本で一般的なクリスマスケーキやチキンはあまり一般的ではありません。


日本でクリスマスは年間最も華麗に祝われるイベントの一つですが、その起源を知ることで、さらに深くその日を楽しんでいただければと思います。

Sale Off
【冷凍】クリスマス ギミックケーキ 5号 15cm  | ケーキ | 峰月堂 | クリスマスデコレーションケーキ - スイーツモール

クリスマスデコレーションがかわいい♡生クリームたっぷりのクリスマスギミックケーキをサプライズ!

■商品説明

 Xmasの主役「ホールケーキ」!!当店はひとつひとつこだわって手作りしております。

色とりどりの生クリームに彩られた可愛らしいケーキに仕上げています。

カットするとお菓子がどさっと飛び出す、ギミックケーキ。

ふわふわのスポンジに生クリームをサンドした、家族みんなでお楽しみいただける商品です。

サプライズのクリスマスケーキにいかがですか?


■原材料

卵、砂糖、小麦粉、生クリーム、植物性油脂、チョコレート、ココア、バター、くるみ、乳化剤、香料(原材料の一部に卵・小麦粉・乳成分を含んでいます。)


■賞味期限

 商品到着後、冷凍保存1週間。

解凍後、冷蔵保存翌日。

※お早めにお召し上がりください。


クリスマス デコレーション ケーキの保存方法

要冷凍(-18℃以下)


■配送方法

冷凍


クリスマスケーキ/ショートケーキの特集はこちら

 

・豆知識

ギミックケーキってどんなケーキ?

ギミックケーキは、中に仕掛けが隠されている、見た目にも楽しめるケーキのことを指します。例えば、ハート型のケーキをカットすると、中から赤いジュースが流れ出てくるといったものや、おしゃべりができるロボットの形をしたケーキなどがあります。また、バースデーケーキなどにも使われ、ろうそくを消すと、サプライズで中からおもちゃが出てくるようになっていることもあります。ギミックケーキは、楽しいプレゼントやパーティーなどで人気があります。

クリスマスに人気のスイーツは?

クリスマスに人気のプレゼントとして贈ることができるスイーツを3つ紹介します。

  1. クリスマスケーキ:クリスマスに欠かせないスイーツで、クリスマスツリーやサンタクロースなどのデコレーションが施されたケーキが一般的です。

  2. ロールケーキ:クリスマス限定の味やデザインのロールケーキも人気があります。クリスマスツリーや雪だるま、トナカイなどの形をしたものや、季節限定の味のものがあります。

  3. クッキーギフトボックス:クリスマスのイラストやメッセージが描かれたクッキーが詰められたギフトボックスも人気があります。可愛らしいデザインのものや、味のバリエーションが豊富なものがあります。

クリスマス ケーキ デコレーション どんなものが人気ですか?

人気のクリスマスケーキのデコレーションには、以下のようなものがあります:

  1. サンタクロースやトナカイ、雪だるまなどのクリスマスのイメージに関連するキャラクターのフィギュアやアイシング。
  2. クリスマスツリーやツリーのオーナメント、ベル、リボンなどの装飾。
  3. キラキラとした飾り付けや、星や雪片などのラメやグリッターを使った華やかなデザイン。
  4. クリスマスカラーの赤、緑、白のカラフルな飾りやチョコレートの装飾。
  5. ケーキの上にプレゼントボックスやクリスマスストッキング、キャンドル、ミニチュアのギフトなどを配置して、フェスティブな雰囲気を演出。

これらのデコレーションは、クリスマスの雰囲気を楽しむために人気があります。

クリスマスケーキ手作り どんなシーンで人気ですか?

クリスマスケーキを手作りするのは、以下のようなシーンで人気があります:

  1. 家族や友人とのクリスマスパーティー:手作りのクリスマスケーキは、家族や友人とのクリスマスパーティーでの特別なデザートとして人気です。自家製のケーキを提供することで、パーティーの雰囲気をさらに楽しむことができます。

  2. クリスマスの家族の伝統:家族の間でクリスマスケーキを手作りすることは、伝統的な行事や記念すべき日に特別な意味を持たせることができます。家族で一緒にケーキを作り、クリスマスの思い出を作ることができます。

  3. ギフトやプレゼント:手作りのクリスマスケーキは、特別な贈り物としても人気があります。家族や友人、隣人、同僚などに手作りのケーキを贈ることで、温かい気持ちや愛情を表現することができます。

  4. 子供との楽しい時間:子供と一緒にクリスマスケーキを手作りすることは、楽しい時間を共有する良い機会です。子供たちはケーキのデコレーションに参加し、創造性を発揮することができます。

手作りのクリスマスケーキは、特別な日をより特別なものにし、家族や友人との絆を深める素晴らしい方法です。

ブッシュドノエル とは?

ブッシュ・ド・ノエル(Bûche de Noël)は、フランスの伝統的なクリスマスケーキで、日本では「ブッシュドノエル」とも呼ばれます。直訳すると「クリスマスの丸太」を意味し、その名の通り、丸太を模した形状を持ちます。一般的にはスポンジケーキを巻いて作られ、チョコレートのクリームやバタークリームでデコレーションされます。表面にはリアルな樹皮のように見えるチョコレートクリームが塗られ、デコレーションにはマリンケーキやフランジパン、クッキーやマシュマロなどが使われることもあります。フランスを始めとするヨーロッパ諸国では、クリスマスシーズンに欠かせない伝統的なデザートとして親しまれています。

クリスマス ケーキ デザインはどんなものが人気ですか?

  • ホリデーテーマ: クリスマスツリーやホリデーウィンドウ、プレゼントボックスなど、クリスマスの象徴的な要素をケーキのデザインに取り入れることが一般的です。色とりどりのクリスマスツリーやリースの飾りつけがされたケーキは、特に人気があります。

  • 雪景色や雪だるま: 白いクリームで雪景色を表現したり、雪だるまや雪の結晶をモチーフにしたデザインも好まれます。シンプルで清潔感があり、冬の季節感が漂うデザインです。

  • クリスマスカラー: 赤、緑、金、白など、クリスマスの伝統的な色を使用したデザインが人気です。赤いベリーやグリーンのツリー、金の星やリボンなど、カラフルでフェスティブなケーキはクリスマスの雰囲気を盛り上げます。

  • キャラクターやアイコン: サンタクロース、トナカイ、クリスマスエルフなどのキャラクターや、クリスマスのアイコン(クリスマスベルやキャンドルなど)をケーキの装飾として取り入れることで、子供から大人まで楽しめるデザインになります。

  • ゴージャスなデコレーション: ゴールドやシルバーの装飾、パールやエディブルグリッター、食用のメタリックカラーなどを使った豪華なデコレーションも人気です。特別な日に相応しい華やかなデザインで、パーティーの雰囲気を盛り上げます。

クリスマスを彩る!こだわりのクリスマスケーキ選び

クリスマスが近づくと、街にはイルミネーションが灯り、クリスマスソングが聞こえ始め、街全体がワクワクした雰囲気に包まれます。そんなクリスマスを盛り上げてくれるのが、やっぱりケーキですよね。

ケーキ屋さんには、様々な種類のクリスマスケーキが並びます。定番のショートケーキから、チョコレートケーキ、デコレーションケーキまで、目移りするほどの品揃えです。

クリスマスケーキを選ぶポイント

クリスマスケーキを選ぶ際には、以下の点にポイントを置くと良いでしょう。

フレーバー: ショートケーキ、チョコレートケーキ、いちごケーキなど、様々なフレーバーのケーキがあります。自分の好みに合わせて選びましょう。

デザイン: シンプルなデザインから、華やかなデコレーションのものまで、様々なデザインのケーキがあります。クリスマスの雰囲気に合うデザインを選びましょう。

サイズ: ケーキのサイズは、人数に合わせて選びましょう。一般的には、1人あたり15cm~20cmのケーキを用意するのが目安です。

予算: クリスマスケーキは、価格も様々です。予算に合わせて選びましょう。

人気のクリスマスケーキ

近年、人気を集めているクリスマスケーキには、以下のようなものがあります。

いちごのショートケーキ: 定番のいちごのショートケーキは、クリスマスケーキの王道です。フレッシュないちごがたっぷり使われたショートケーキは、見た目も華やかで、老若男女問わず愛されます。

チョコレートケーキ: 濃厚なチョコレートケーキは、大人向けのクリスマスケーキとして人気です。チョコレート好きにはたまらない、贅沢な味わいです。

デコレーションケーキ: 華やかなデコレーションのケーキは、クリスマスパーティーを盛り上げてくれます。サンタクロースやスノーマンなどのモチーフをあしらったケーキは、子供にも喜ばれるでしょう。

クリスマスケーキの選び方

クリスマスケーキは、ケーキ屋さんで購入することもできますし、インターネットで注文することもできます。

ケーキ屋さんで購入する場合は、事前に予約しておくことをおすすめします。人気のお店は、すぐに予約で埋まってしまうこともあります。

インターネットで注文する場合は、送料や配送日などを確認しておきましょう。

まとめ

クリスマスケーキは、クリスマスを彩る大切なアイテムです。ぜひ、この情報参考に、自分たちの好みに合った素敵なクリスマスケーキを見つけてください。

この情報が、あなたのお役に立てば幸いです。

その他

クリスマスケーキは、手作りすることもできます。

クリスマスケーキのデコレーションは、自分たちでアレンジすることもできます。

クリスマスケーキは、早めに予約しておくことをおすすめします。洋菓子店などホーム ページで予約受付しているところもあります。

クリスマスケーキは、みんなで美味しくいただきましょう。

峰月堂

¥5,500

いちごのショートケーキは日本発祥?!

洋菓子の中でも最も親しまれている「いちごのショートケーキ」の起源を皆さんはご存知でしょうか?日本で生まれ育ったこのデザートは、我々にとって見かけどおりのホールケーキなどのショートケーキであると共に、そのアイデアが純粋な日本発という事実に驚かれるかもしれません。どんなイチゴのショートケーキを思い浮かべますか?それは、一生けんめいに働いたビスキュイの上に、貴女が堪能するために甘さを引き立てるホイップクリームと、最高品質のいちごがトッピングされているものではないでしょうか。これこそが日本ならではのショートケーキの姿です。


我が国に洋菓子文化が芽生えた明治の初め、ショートケーキはフルーツをトッピングとして用いることが確立されていましたが、特別にいちごが使われることはまだありませんでした。昭和初期、その美味しさと華やかさが認知され、ショートケーキに使用するフルーツとして選ばれることが増えたのがいちごで、日本人にとって慣れ親しむデザートとなりました。


この日本生まれの甘く、フルーティないちごのショートケーキは、現在では海外でも楽しまれています。厳選されたいちごとクリームが織りなす美味しさは、間違いなく皆様の心を満たすでしょう。「いちごのショートケーキ」は、かつてクリスマスケーキとして不二家創業者の藤井林右衛門さんが大正11年に広めました。当時、ケーキはまだ高級品でしたが、それが庶民にも浸透するきっかけとなり、生クリームといちごの組み合わせがクリスマスのスィーツとして定着したのは言うまでもないでしょう。

クリスマスケーキはいつ食べる

クリスマスになぜケーキを食べるの?

クリスマスと言えば特別な時間を家族や友人と過ごすことが心待ちにされますが、またそこで待ち構えている美味しい食べ物も、その喜びを倍加させる存在です。その中でも、私たち日本人にとって、クリスマスケーキは欠かせない風物詩と言えるでしょう。しかし、その風味を楽しむ一方で、“なぜクリスマスにケーキが食べられるのか?”という疑問に答えることはできますか?


クリスマスケーキの始まりはキリスト教の習慣である、禁食を終えることを祝う「禁食のパン」という形にあります。このパンは、クリスマス前の禁食が終わったことを示し、それを祝うために食されました。


驚くべきことに、我々日本人が一般的にクリスマスケーキを食べる習慣が定着したのは、昭和の時代、戦後の1950年代からです。そこでは、欧米のクリスマス文化を参考に、新たな風習が生まれ、そして日本の高度経済成長とともに菓子業界が発展、クリスマスの祝いとしてケーキを食べる習慣が広まったのです。


また、クリスマスケーキは季節感を表現するために使われ、クリスマスの祝いを象徴するアイテムともなっています。美しくデコレーションされたケーキは、クリスマスの喜びを強調し、特別な日をより華やかに彩ってくれます。


要するに、クリスマスケーキは、歴史と文化の中で育まれ、美味しい伝統となっています。これからも、この素敵な習慣がクリスマスを豊かで特別なものにしてくれることでしょう。そしてその事実には、製菓メーカーの戦略が組み込まれていたことに驚かされるかもしれません。それが、クリスマスケーキという日本発祥の文化であります。


スイーツモールの

クリスマスケーキ特集はこちら

クリスマスケーキの保存方法

クリスマスといえば、美味しいクリスマスケーキが欠かせませんね。ただ、どうしても一度に食べきれないとき、残ったケーキを新鮮な状態で長持ちさせる方法を知っていますか?


まず、ケーキを適宜サイズにカットしたあとは、ラップを使ってケーキを包み、適切な保存を行います。紙ボックスにそのまま入れて冷蔵庫に保存すると、他の食品の臭いを吸収したり、乾燥してしまうことがあるため、この点には注意が必要です。


保存方法としては、冷蔵庫で2〜3日程度が目安。特にクリームが多めのケーキや、生クリームを使用しているケーキは、1日以内に食べ切ることが理想的です。しかし、それ以上保存したい場合でも、きちんとした方法があるのです。


それはケーキを一切れずつラップでぐるっと包んでから、冷凍庫へ。冷凍保存も有効な手段といえます。ただし、味や食感が変わる可能性もあるため、賞味期限が切れそうな時間限定の保存方法としてご利用いただければと思います。


ただ、中には冷凍保管向きでないケーキも存在します。例えば、フルーツがたっぷり乗っているタイプのケーキ。解凍した際にフルーツが水っぽくなってしまうため、適していません。


そんなクリスマスのお楽しみを、なるべく長い間楽しむためには、上手なケーキの保管法が必要なのです。是非とも、ご自宅のクリスマスケーキの保存に活用してみてくださいね。

クリスマスケーキはいつ食べる

まとめ

クリスマスケーキは一般的にはクリスマスイブに家族や友人と共に食べますが、クリスマス当日に食べる家庭も多いです。その理由はお祝いやパーティーの日がクリスマスイブかクリスマス当日かによるため、自分たちのスケジュールや伝統に合わせて最適な日を選ぼう。重要なのはいつ食べるかではなく、その瞬間一緒に過ごすことで、温かなクリスマスの雰囲気を最大限に楽しむことです。


スイーツモールのケーキ特集はこちら