柿の産地ランキング

柿の産地ランキング

柿の産地ランキング

日本人にとって秋の恒例と言えば、色とりどりの紅葉を楽しむことや、柿の収穫ですよね。社会の急速な変化にも適応し続ける一方で、私たちはまだ、年間を通じて二十四節気に即した季節感を大切にしています。その一つが、やはり秋の味覚である柿です。そのほくほくとした食感と独特の甘さは、秋の豊穫を象徴する果物として広く愛されています。しかし、柿を手にするとき、あなたはその産地を知っていますか?全国各地で栽培されている柿ですが、その産地によって土壌の違いから微妙に風味が異なります。今回は、その中でも特に品質と収穫量で知られる柿の産地ランキングをご紹介しましょう。日本全国、どの地域の柿が一番美味しいのか、一緒に見ていきましょう。

日本の柿生産量ランキング

日本は美味しい柿の宝庫として全世界から注目を浴びています。その色鮮やかなオレンジ色は目を引き、一口食べるとふんわりとした甘さとジューシーさが広がります。その美味しさは、四季の豊かさを反映した日本の大地から産まれています。


現在、日本国内の柿の生産ランキングにおいて最も大きなシェアを占めているのが和歌山県で、全国シェアの20.8%を誇ります(2019年)。特に和歌山県は、太平洋からの風と温暖な気候、肥沃な土地という優れた環境のもとで、甘くて美味しい柿が育つ条件を備えています。


生産量ランキングを見てみると、和歌山県の次には奈良県が続き、3位には福岡県が名を連ねます。これら3つの県を合わせると、日本全体の柿の生産量の約44%を占めています。


また、神奈川県や静岡県、茨城県も柿の生産地として知られており、それぞれが地域色豊かな柿を提供しています。味わいや栄養価の高さから見ても、日本の柿は他の国に比べて特別であると言えます。


これからも日本全国の地域がそれぞれの特性を生かしながら、高品質で美味しい柿を世界に送り出してくれることでしょう。私たちもその味わいを存分に楽しんでまいりましょう。

柿の産地ランキング1位:和歌山県

和歌山県が日本一の柿の産地に輝く秘密は、その地に詰まった努力と熱意にあります。数ある全国の柿の産地の中で、和歌山県が1位に輝くのは決して偶然ではなく、その結果は長年にわたる取り組みと努力の賜物です。


和歌山県の年間柿の生産量は43,400トンで、これは全国の中で最も多く、全国シェアは20.8%にまで達しています。生産地としての面積も1位で2,510ヘクタールに及びます。そして、県内の柿の60%は、美しい自然に恵まれた伊都地方で栽培されています。


柿の産地としての和歌山県の風景を想像してみてください。どこまでも広がる豊かな土壌と、温暖な気候、そして四季がはっきりと表れる田園風景。秋には柿を串に刺して干す「串柿」が一面に連なり、その風景はまさに晩秋の風物詩となっています。


この全てが、柿が鮮やかな色に熟し、甘みを増すのに理想的な環境を作り出しています。和歌山県で育てられた柿はその品質と風味を高く評価され、その評価は全国に広がっています。


しかし、真の成功は、和歌山県の人々の柿への熱意と情熱、果てしない追求心によるものです。彼らの手によって、和歌山県の柿はその風味と品質を日本一にすることができたのです。


和歌山県の柿栽培の成功は、人々の努力と情熱、そしてその土地の恵みあってこそのものです。これからも和歌山県はその地位を守り続け、私たちに最高品質の果物を供給し続けるでしょう。

柿の産地ランキング

柿の産地ランキング2位:奈良県

日本国内でも特に柿の生産量が多い奈良県は、全国の柿産地ランキングで堂々と2位に輝く地域です。奈良県の年間生産量は31,300トン あり、全国シェアの15.0%を占めています。また、樹木面積においても2位を誇る広大な範囲に渡り、最高品質の柿が広く栽培されています。


奈良県の特徴的な柿の一つに、「刀根早生柿」があります。これは現在の渋柿の主要品種の一つであり、その発祥の地は奈良県の天理市とされています。一方で「御所柿」は、天皇や将軍に献上されるほど質が高いとされている甘柿の品種で、その起源は奈良県の御所市にあります。この「御所柿」は、柿に詠まれた正岡子規の句「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」で言及されている柿であるとも言われています。


しかし、時代と共に大玉で安定生産が可能な「富有柿」などに取って代わられ、「御所柿」の生産量は激減してしまいました。しかし、その美味しい味を再び広く愛されるべく、「御所柿」を復活させる動きも存在します。


美味しさと伝統を両立させる柿の産地・奈良県の魅力を、ぜひその味で体験してみてはいかがでしょうか。忘れられない味わいが、あなたを待っています。

柿の産地ランキング3位:福岡県

福岡県は、全国的に知られる柿の産地であり、その生産量は年間16,600トンに達し、全国シェアは8.0%となり、日本の柿生産量3位の地位を誇っています。柿の樹が覆う面積も広大であり、その数は1,220ヘクタールにも及びます。


この地域では、名前が広く知られている福岡県特産の柿「福岡K1号」(甘柿)を生産しています。この品種は、2012年に正式に登録されました。この柿は、栽培から収穫、そして加工まで、全て福岡県が権利を持っています。その為、「秋王」と呼ばれるこの品種は、その名の通り、秋の風物詩となっています。


絶品の味わいを持つ「福岡K1号」は、その味わいや魅力を一層高めるため、福岡県では積極的にPR活動を行っています。公式ホームページをはじめとする情報発信の場で、美味しさ、使い道の多さや、栽培方法などについて詳しく紹介されています。


主に干し柿として利用される「福岡K1号」ですが、その他にも酢やジャムといった加工品、果実そのもの、さらには柿の種までもが商品ラインナップに含まれており、多様性に富んでいます。福岡県の柿は、品質、多様性ともにすぐれ、一度味わえばその魅力に引き込まれること間違いなしです。

柿の産地ランキング

柿の産地ランキング4位:岐阜県

日本は地域毎に独自の産物や文化が息づいています。小さな国と思われがちな日本ですが、その多様性は実に驚きです。今回私たちが注目したい日本の地方産物は、「柿」。その中でも、全国の柿生産地でランキング4位を獲得し、全国シェアでも6.9%を占める岐阜県の柿です。


岐阜県は、緑豊かな自然環境と独特な伝統文化の融合地として知られています。これは同県で生産される柿にも通じています。特に、県内の美濃地方では多くの柿が生産されており、その甘みして鮮やかな色合いは、ユニークな岐阜の風土が生んだ結果と言えるでしょう。


収穫の秋季には、地元の観光農園などで手摘み体験が実施され、自分自身で選び取った柿を家に持ち帰ることも可能です。さらに、岐阜県の特産品である柿葉寿司も見逃せません。柿の葉の甘みが酸味と見事に調和しており、美食家には堪らない一品です。


岐阜県は「富有柿」の産地でもあります。こちらもとろけるような甘さと柔らかさが特徴的で、スイーツ好きにはたまらない味わいとなっています。また、もう一つの名産品「堂上蜂屋柿」は、「蜂屋柿」という渋柿の品種から作られていて、贈り物にふさわしい高級品として評価されています。地理的表示(GI)の登録もなされており、その品質と地元の誇りが証明されています。


地方の特色と誇りを最大限に活かした柿作りが行われている岐阜県。その味と文化をぜひ一度味わってみてください。岐阜県の柿、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

まとめ

日本一の柿の産地は福岡県です。全国で最も生産量が多く、その品質の高さも全国的に知られています。次にランキングが高いのは、和歌山県と栃木県で、特に和歌山県の柿は甘さと香りが評価されています。最後に挙げるべきは岡山県で、とりわけ干し柿が絶品です。これらの地域で収穫される柿は、秋の訪れを感じさせてくれる逸品です。柿の産地を知ることで、より深くその風味を堪能できるでしょう。