御所 柿とは - スイーツモール

御所 柿とは

御所 柿とは

日本の美しさを象徴する高貴な色々な要素の中に、御所柿が存在します。この素晴らしい自然の恵みは、特異な風味、色彩、そして日本文化の一部としての存在感から、多くの関心を引きつけています。しかし、「御所柿」と聞いて、具体的に何を指すのか、背後にある豊かな歴史と文化を理解する人は少ないかもしれません。それでは、日本全国で愛されるこのフルーツ、御所柿について一緒に詳しく見て行きましょう。

御所柿(ごしょがき・ゴショガキ)とは

御所柿(五所柿ややまとがき、ひらがきとも呼ばれる)は、奈良県御所市原産で、甘柿の始まりと言われる伝統的な日本の味覚です。この柿の名が登場する正岡子規の有名な句「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」からもその古さが伺えます。

一時期はフルーツの極上とされ、江戸時代には盛んに栽培されて幕府や宮中にも献上されるほどでした。しかし、その後は他の柿品種に取って代わられ、「幻の柿」とまで呼ばれるようになってしまいました。

その風味の秘密は、栽培方法と収穫後の丹念な処理にあります。貴重で、手間と時間をかけて栽培して渋みを除きつつ、特有の甘さを生み出しています。また、ビタミンCやビタミンA、食物繊維が豊富で健康にも良い果実です。

その美しいオレンジ色、透明感のある果肉、そして優雅な風味は、一度味わえば忘れられない秋の味覚です。最近では、発祥の地である奈良県御所地区で復活への努力が進められており、徐々に出荷されるようになってきています。未だに名前はあまり知られていませんが、その独特の風味と上品な甘さは、多くの人にとって新たな発見になるでしょう。

御所柿(ごしょがき)の特徴

御所柿、一般的に知られている柿の一型ですが、その起源は甘柿にさかのぼります。特定の観察可能な特徴がいくつかあります。小型化が進行しており、一般的には重量がおおよそ150g程度のものが多く見られます。形状はやや扁平で,微妙に角ばった形をした果実が特徴で、まさに甘柿の起源が示唆される一面です。御所柿は五弁~六弁の花を咲かせる傾向があり、その結果として、果実の形状も五角形や六角形になることがよくあります。


また、糖度は高く17~20度となり、食感は粘り気があります。ただし、ゴマの存在は少なめです。さらに興味深いことに、果実が熟するとき、先端が割れる現象やヘタ間からの割れ目が発生しやすくなります。些細な環境の変化でも生理落果が起こりやすいため、栽培が難しいとされています。


これらが御所柿の独特な特性ですが、その甘さと極上の食感は多くの人々を魅了しています。その美観性から贈り物としても選ばれることが多く、また、手間をかけて作られる希少さがその価値をさらに高めています。栽培が難しく手間と時間が掛かるため価格は少々高めですが、独特の風味と特別な存在感は試してみる価値があります。美味しさをじっくりと堪能してみてください。

御所 柿とは

御所柿(ごしょがき)の主な産地

御所柿(ごしょがき)という名前から京都市御所周辺で生産されるイメージを感じますが、その実、主な産地は奈良県です。特に奈良県の宇陀地方に位置する八幡地区と呼ばれるエリアで栽培が行われています。山間での寒暖差や、大和高原から吹き下ろす冷たい風が、御所柿の特徴である深い甘みと旨味を生み出す条件となっています。


此処では年間に10万kg以上の御所柿が収穫され、その多くは手間ひまをかけて天然の風味を引き出すために天日干しにされます。この天日干しにした柿はそのシャキシャキとした食感と豊潤な甘さが楽しめることから、贈答用としても好適です。


御所柿の栽培は、適切な土壌、気候、風土の三要素が揃っている地域であり、栽培から収穫、出荷に至る一連の作業は全て地元の農家の手作業によるものです。これら一連の作業が徹底され、最良の条件を揃えてこそ奈良県宇陀地方は御所柿の主な産地であると称されています。


ちなみに江戸時代には御所柿の名は広く知られ、奈良県だけでなく、隣県の滋賀県でさえ栽培が行われるほどでした。その名残が現代でも滋賀県の一部地域では残されており、実をつけた御所柿の木が町中に見受けられます。

御所柿(ごしょがき)の収穫時期

御所柿の収穫は通常、秋の初め、8月下旬から10月中旬にかけて行われるように思われがちです。しかし、実は御所柿は晩生種で、収穫の最適なタイミングは11月上旬から始まり、11月中旬から12月上旬へとピークを迎えます。それまでの間、御所柿はまだ青いままで、食べられる状態ではありません。収穫された柿は天日で干され、自然と渋味成分が分解されます。その結果、初めの青々とした色からオレンジ色に変化し、皮がシワシワになった御所柿は、甘さの極みに達します。


ただし、収穫のタイミングは見た目だけではなく、栽培者の高度な技術と経験が不可欠です。一つ一つの熟れた果実は手作業で丁寧に収穫され、その品質を維持するためにすぐに干されます。


美しさと甘さを兼ね備えた御所柿の収穫は、一年間の栽培者の努力と情熱の結晶です。日本の伝統を受け継ぎ、秋の訪れとともに彼らの持つ情熱と努力を称え、それぞれの果実の味わいを楽しむ。それが、我々日本人の美しい風習であり、御所柿を楽しむ方法なのかもしれません。

御所 柿とは

まとめ

御所柿はその独特な風味や美しい色彩から見ても、古来から日本人の生活や文化と深く関わってきた果物であり、日本を象徴する重要な要素の一つです。季節の変わり目に収穫されるその瞬間から、私たちの食卓を彩り、心を豊かにしてくれます。栄養満点で美味しい御所柿を知ることは、日本の自然と文化をより深く理解し、愛するきっかけになるでしょう。