【人気の煎餅特集】せんべい 人気 お取り寄せ&通販ならスイーツモール

美味しい煎餅(せんべい)を通販でお取り寄せできます。こだわりの煎餅を豊富に取り揃えています。甘いお菓子が苦手な方へのプレゼントにも最適。人気の煎餅の通販・お取り寄せはスイーツモール。

おすすめのせんべい 人気 お取り寄せ・通販

おすすめのせんべい 詰め合わせ セット

Sale Off
【常温】百代の華|せんべい|いけだ屋-せんべい-いけだ屋
■商品説明
草加市の中心、千本松並木に架かる「百代橋」がその名の由来です。
参勤交代の頃と変わらぬ伝統の味を今に受け継ぐ、厳選されたおせんべいとあられの詰合せです。

■特定原材料
小麦・えび・卵

■賞味期限
90日

■保存方法
直射日光、高温多湿を避けて冷暗所で保存してください

■配送方法
常温

いけだ屋

¥1,080

日本一堅さのおすすめ煎餅

Sale Off
【常温】日本一堅いげんこつ・古武士|和菓子|其角せんべい-和菓子-其角せんべい
■内容説明
「日本一堅いげんこつ」であります。「どうやったらそんなに堅くなるのですか?」とよく訊かれますが、実は堅くするのは簡単。でも「堅くて美味しい」のを作るのがむずかしいのです。「日本一堅いげんこつ」は実は「日本一美味しいげんこつ」なのです!!ぜひせびお試しください!!

■原材料
もち米(国産)、醤油、砂糖、みりん、昆布、かつおぶし(一部に小麦・大豆を含む)

■賞味期限
180日

■保存方法
高温多湿を避け、開封後はすぐにお召し上がりください

■配送方法
常温

其角せんべい

¥750

美味しい海老 煎餅

Sale Off
【常温】えび風味 | あられ・おかき | かなだや-あられ・おかき-京のおかき処 かなだや
えびをたっぷりとつき込んで、紅花油と焼塩で味付けしたあられです。
国内産もち米使用。

【特定原材料】
えび

【賞味期限】
パッケージに記載

【保存方法】
直射日光、高温多湿を避けて冷暗所で保存してください

【配送方法】
常温

京のおかき処 かなだや

¥318

おすすめのせんべい 一覧

1 2 3 10 NEXT

せんべいで有名な県はどこ?

せんべいは、日本を代表する米菓です。おやつやおつまみとして親しまれており、種類も豊富です。


では、せんべいで有名な県はどこなのでしょうか。

2021年に実施された「せんべいがおいしいと思う都道府県ランキング」によると、1位は新潟県でした。

新潟県は、米菓の生産量が全国トップクラスです。また、亀田製菓、越後製菓、浪花屋製菓、栗山米菓など、大手メーカーも新潟に本社を置いています。

新潟県のせんべいは、種類が豊富なのも特徴です。醤油せんべい、おかき、おつまみせんべい、うす焼きせんべいなど、さまざまな種類が楽しめます。

また、新潟県には、伝統的な煎餅も数多く残っています。佐渡島の「佐渡おけさ煎餅」、魚沼市の「魚沼産こがねもちせんべい」、新潟市の「新潟名物煎餅」など、地域の特色を活かしたせんべみが人気です。

2位は埼玉県、3位は山形県でした。

埼玉県には、草加せんべい、栗山製菓の「あられ」、八幡屋磯五郎の「ちばきたせんべい」など、有名なせんべいがあります。

山形県には、南部せんべい、天童せんべい、米沢せんべいなど、古くから親しまれているせんべいがあります。

このように、日本には、せんべいで有名な県が数多くあります。それぞれの県の特徴や歴史を調べて、お気に入りのせんべいを見つけてみてください。

せんべいの発祥は?

せんべいは、日本を代表する米菓です。おやつやおつまみとして親しまれており、種類も豊富です。

では、せんべいの発祥はどこなのでしょうか。


せんべいの発祥は、中国です。紀元前202年から紀元後8年頃の中国では、すでに煎餅が食べられていた記録が残されています。当時の煎餅は、小麦粉や米粉を練って焼いたもので、お祝い事などの特別な日に食べられていました。

日本にせんべいが伝わったのは、飛鳥時代です。遣唐使によって中国から持ち帰られたと考えられています。当時のせんべいは、中国のものと同様、小麦粉や米粉を練って焼いたものでした。

平安時代になると、もち米を使って作られるようになったせんべいが登場しました。また、塩や砂糖をまぶしたり、具を加えたりすることで、味や風味を豊かにするようになりました。

江戸時代になると、せんべいは庶民にも広く普及するようになり、さまざまな種類のせんべいが作られるようになりました。醤油や味噌をまぶした醤油せんべい、おかき、おせんべいなど、現代でも親しまれているせんべいの原型が生まれました。

このように、せんべいは中国から伝わってきたものであり、日本では平安時代以降、さまざまな変化を経て、現代のせんべいへと進化してきたと考えられています。

近年では、海外でもせんべいが人気を集めており、日本国内でも、海外の味や風味を取り入れたせんべいが登場しています。今後も、せんべいの進化は続いていくことでしょう。

せんべいにはどんな種類がある?

せんべいは、日本を代表する米菓です。おやつやおつまみとして親しまれており、種類も豊富です。


では、せんべいにはどんな種類があるのでしょうか。

せんべいの種類は、大きく分けて「うるち米で作られるせんべい」と「もち米で作られるせんべい」に分けられます。

うるち米で作られるせんべい

うるち米で作られるせんべいは、一般的に「おせんべい」と呼ばれています。うるち米は、もち米よりも水分を多く含んでいるため、食感がやわらかく、口どけが良いのが特徴です。

うるち米で作られるせんべいの種類は、さらに「焼きせんべい」「揚げせんべい」「ぬれせんべい」に分けられます。

焼きせんべい

最もポピュラーなせんべいです。うるち米を練って焼いたもので、醤油や味噌、塩などの味付けがされています。

揚げせんべい

うるち米を練って揚げたもので、サクサクとした食感が特徴です。塩味や醤油味、カレー味など、さまざまな味付けがされています。

ぬれせんべい

うるち米を練って焼いた後、砂糖やみりん、醤油などの調味料で味付けして、さらに焼いたものです。

もち米で作られるせんべい

もち米で作られるせんべいは、一般的に「おかき」と呼ばれています。もち米は、うるち米よりも水分を少なく含んでいるため、食感がやわらかく、弾力があるのが特徴です。

もち米で作られるせんべいの種類は、さらに「あられ」「おかき」「ぬれおかき」に分けられます。

あられ

もち米を細かく砕いて、焼いたものです。醤油や味噌、塩などの味付けがされています。

おかき

もち米を粗めに砕いて、焼いたものです。醤油や味噌、塩などの味付けがされています。

ぬれおかき

もち米を粗めに砕いて、焼いた後、砂糖やみりん、醤油などの調味料で味付けして、さらに焼いたものです。

また、せんべいの形状や味付けによって、さまざまな種類のせんべいが存在しています。

形状

丸形、角形、ひし形、三角形、扇形、星形、ハート形など、さまざまな形のせんべいがあります。

味付け

醤油、味噌、塩、砂糖、カレー、チーズ、明太子、抹茶、梅など、さまざまな味付けのせんべいがあります。

具材

海苔、ナッツ、チーズ、明太子、梅、昆布、ごまなど、さまざまな具材を加えたせんべいがあります。

このように、せんべいには、さまざまな種類があります。お好みやシーンに合わせて、さまざまなせんべいを楽しみましょう。

せんべいを贈り物やギフトに選ぶならこんなシーン

おせんべいは、日本を代表する米菓です。おやつやおつまみとして親しまれており、贈り物としても人気があります。

では、おせんべいを贈るのにぴったりなのはどんな相手やシーンなのでしょうか。

1. 普段のお礼や感謝を込めて

おせんべいは、手軽に贈ることができるので、普段のお礼や感謝の気持ちを込めて贈るのにぴったりです。

ご近所さんや会社の同僚、友人などに、ちょっとしたお礼を贈りたいときには、おせんべいを贈ってみてはいかがでしょうか。

2. 挨拶やお祝い事に

おせんべいは、古くから縁起の良い食べ物として親しまれてきました。そのため、挨拶やお祝い事に贈るのもおすすめです。

新築祝い、入学祝い、就職祝い、結婚祝いなど、さまざまなシーンで贈ることができます。

3. ちょっとした気遣いやお心遣い

おせんべいは、手軽に食べられるので、ちょっとした気遣いやお心遣いを込めて贈るのにもぴったりです。

体調を崩した人や、仕事や勉強で忙しい人に、おせんべいを贈ってみてはいかがでしょうか。

4. 自分へのご褒美やお土産に

おせんべいは、手軽に食べられるので、自分へのご褒美やお土産にもおすすめです。

お気に入りのせんべいを、好きなときに好きなだけ食べることができます。

5. 旅のお供に

おせんべいは、軽くて持ち運びがしやすいので、旅のお供にもぴったりです。

小腹が空いたときや、ちょっとしたおやつとして食べることができます。

このように、おせんべいは、さまざまなシーンで贈ることができる万能な食べ物です。

相手やシーンに合わせて、おせんべいを選んでみてはいかがでしょうか。

せんべいとおかきの違い

せんべいとおかきは、どちらも日本を代表する米菓です。しかし、原料や食感、味付けなど、いくつかの違いがあります。

原料

せんべいは、うるち米を原料として作られています。一方、おかきは、もち米を原料として作られています。

うるち米は、水分を多く含む米です。そのため、せんべいは、やわらかく、口どけが良いのが特徴です。

もち米は、水分を少なく含む米です。そのため、おかきは、弾力があり、もちもちとした食感が特徴です。

食感

せんべいは、うるち米を原料としているため、やわらかく、口どけが良いのが特徴です。また、平べったい形が多いため、サクサクとした食感を楽しむことができます。

おかきは、もち米を原料としているため、弾力があり、もちもちとした食感が特徴です。また、あられやおかきのように、粒状に砕いて焼いたものは、さらにサクサクとした食感を楽しむことができます。

味付け

せんべいは、うるち米を原料としているため、醤油や味噌、塩などの味付けがされています。また、さまざまな具材を加えたものや、変わり種の味付けのものもあります。

おかきは、もち米を原料としているため、醤油や味噌、塩などの味付けがされています。また、あられやおかきのように、粒状に砕いて焼いたものは、さらに砂糖やみりん、醤油などの調味料で味付けされています。

まとめ

このように、せんべいとおかきは、原料や食感、味付けなど、いくつかの違いがあります。

せんべいは、うるち米を原料とした、やわらかく、口どけが良いのが特徴です。おかきは、もち米を原料とした、弾力があり、もちもちとした食感が特徴です。

お好みやシーンに合わせて、さまざまなせんべいとおかきを楽しみましょう。