赤えんどう豆とは - スイーツモール

赤えんどう豆とは

赤えんどう豆とは

一つの食材が、その色彩や形状だけでなく、栄養素や調理方法によっても独自の個性を放つことは、料理の世界において非常に重要な要素となります。その中でも特に華やかさを感じさせてくれる赤色の食材が存在しています。それが、見た目と味覚だけでなく、その栄養価によっても注目を集める「赤えんどう豆」です。この記事では、赤えんどう豆の魅力や活用法について深掘りしていきます。食卓に色彩と栄養をプラスする、赤えんどう豆の世界をご一緒にご覧いただきましょう。

赤えんどう豆とは

""赤えんどう豆""とは、その名が示す通り鮮やかな赤色を持つ、一風変わった豆の一種です。その原産はイギリスで、種類としては「エンドウ」に分類され、日本では特に北海道で生産されています。それぞれのエンドウ豆は「硬莢種」と「軟莢種」の二つに大別され、赤えんどう豆は硬莢種に該当します。その硬い実を乾燥させ、保存食として利用されます。同じく乾燥させた硬莢種の中には、甘納豆やうぐいす豆などに使われる緑色の「青えんどう」も存在します。


エンドウ豆の名称は、生育段階により異なります。若い段階で収穫されたものを「さやえんどう」や「絹さや」と呼び、未熟の状態は「グリーンピース」と称されます。そして成熟し、乾燥させた実が我々が知る赤えんどう豆となります。


赤えんどう豆は、濃厚な美味しさが特徴で、その味わいを引き立てるためには、水に浸して戻した後に調理するのが一般的です。主役として食事に登場することは少ないですが、戻した後に塩ゆでしてごはんやパンの具としたり、煮込み料理に使ったりと様々な利用方法があります。


また、赤えんどう豆は栄養価も高く、にんじんや大根を凌駕するほどの食物繊維を含みます。さらにほうれん草よりも多くの鉄分を含むなど、美肌効果や疲労回復に有効な栄養素が豊富に詰まっています。


見た目が異色の赤えんどう豆ですが、その栄養豊富なことと美味しさから、日本でも人気が上昇中です。新たな風味を楽しみたい方には、ぜひ赤えんどう豆での調理に挑戦してみてください。

ダイエット中のおやつに 「豆かんてん」

ダイエットを頑張る日々に、食欲を控えるのが難しいと感じていませんか?特に、甘いおやつが手放せない方にお勧めなのが「豆かんてん」です。


豆かんてんは、甘さ控えめのシンプルなデザート。繊維たっぷりの寒天を基調に、ヘルシーな赤えんどう豆やあんこ、色とりどりのフルーツをトッピングした一品です。栄養バランスが整った豆かんてんは、みつ豆の源流とされています。


寒天と赤えんどう豆に共通する特徴は食物繊維の豊富さ。この食物繊維が腹持ちを良くし、整腸作用も助けてくれます。それゆえ、ダイエット時のおやつにピッタリと評判です。ただし、豆かんてんは思わぬ高カロリーなので、エネルギーブーストとして間食に取り入れるのが最適です。


世田谷自然食品が提供する豆かんてんは、北海道産の赤えんどう豆と国産天草を一手間加えた伝統的製法で仕上げています。自宅で黒蜜をかけるだけの簡単な手順で、健康的なおやつを楽しむことが可能となります。ダイエット中の方も手軽に取り入れられるおやつ、豆かんてんを試してみてはいかがでしょうか。

赤えんどう豆とは

まとめ

まとめると、赤えんどう豆は見た目の美しさだけでなく、栄養価の高さからも注目されています。体に良い成分をたくさん含み、様々な調理法で楽しむことができるこの食材は、日々の食卓に彩りとバラエティーを添えてくれます。特に、万能性とその栄養面の強みを生かして活用できれば、さらに豊かな食生活が実現できるでしょう。さあ、赤えんどう豆の魅力を最大限に活かして、色とりどりの食生活を楽しみましょう。