マスカルポーネとは - スイーツモール

マスカルポーネとは

マスカルポーネとは

クリーミーで滑らかなテクスチャ、深く満足感のあるリッチな風味。一度口にしただけで、それがマスカルポーネであることを確信させてくれます。これこそが、イタリア北部出身のこの贅沢なチーズが我々の料理とデザートに与える不可欠な存在感なのです。しかし、マスカルポーネは単なるチーズ以上のものです。それは一瞬であなたのレシピを上質なものへと変える不思議な力を持っています。今日はこの驚くべきチーズ、マスカルポーネについて深掘りしてみましょう。その起源から生産方法、そして最も美味しく楽しむための方法までを詳しく見ていきます。

マスカルポーネチーズとは

マスカルポーネチーズは、イタリア発祥で一般的にフレッシュクリームチーズとして認識され、乳脂肪分が80%と高いほうに分類されます。

牛乳に熱を加えた後、クエン酸や酢酸を加えて固まったものを布で濾し、水分を抜くというプロセスで作られています。その結果生まれるチーズは、酸味や塩味が抑えられており、代わりにミルクの風味とコク、そしてクリーミーな食感が際立ちます。

このチーズは、かつては脂肪分が最も多く含まれる冬のシーズンだけ作られていました。そのため、この特別なチーズは非常に貴重だとされていました。

マスカルポーネの名前の由来は諸説ありますが、スペインの高官がイタリアを訪れてこのチーズを初めて食べた際、「なんて素晴らしい味なんだ!」とほめたことが始まりとも言われています。

ティラミスの主要な材料として知られているこのチーズですが、それのみならず、多くの料理に用いられ、料理の風味を引き立てます。手順をしっかり踏むことによって、家庭でも簡単にデザートや料理に使用でき、ゲストを楽しませるのに適した選択肢となっています。

マスカルポーネチーズの代用は可能?

「マスカルポーネチーズがない時、代替品は存在するのか?」というのは少々複雑な問題です。マスカルポーネチーズは、その滑らかでクリーミーな食感や保湿性の高さが特徴的です。したがって、これらの特質を持つ食材であれば、何らかの代用は許されるでしょう。
予算が圧迫されそうな場合や手に入りにくい場合は、風味や触感が似ているタラモアやクリームチーズなどが選択肢となります。用途により、クリームチーズを適切に柔らかくすることで、マスカルポーネチーズと似た感触を出すことも可能です。その他、ヨーグルトやサワークリーム、リコッタチーズなどを適度にブレンドして使用するのも一案です。
しかし、これらの食材がマスカルポーネチーズと全く同じ結果を生むわけではありません。調理の工程で溶け込み方や風味が若干異なりますので、レシピによっては調節が必要になります。
総じて、「マスカルポーネチーズの代替」は可能な範囲内にあるとはいえ、それが完全な代替品であるとは言えません。重要なのは、適切な食材選び、料理法、そしてそれらの特性を理解してアレンジしていくことです。
例として、クリームチーズを使ったティラミスを試すと良いでしょう。スフレタイプのティラミスチーズケーキは、湯煎でゆっくりと加熱することでふわふわとした食感を楽しめます。マスカルポーネチーズがない場合でも、変わった仕上がりの美味しいティラミスを堪能することができますよ。

マスカルポーネの名前の由来

マスカルポーネといえば、多くの人々の口を楽しくさせてくれるティラミスや風味豊かなリゾットを想像するかもしれません。しかし、この滑らかなフレッシュチーズの名前の起源を、皆さんは知っていますか?

マスカルポーネは、イタリア北部のロンバルディア地方が生み出した美味なる乳製品です。その名前は地元の言葉に由来していますが、一部では、「マスカーラ」という言葉から来ているとも説明されています。「マスカーラ」は乳製品の中でクリームやバターを分け出すときに使う言葉で、「pone」は「置く場所」を意味する地元の言葉です。要するに、マスカルポーネは「クリームを取り出す場所」なのです。これは、生クリームに酸を加えて温めて固めるという、マスカルポーネ製造の特徴的な工程から来ているとされています。

しかしながら、この高雅な呼び名は、その製造過程と起源への敬意を示しているだけでなく、その深く重要な意味を内包しています。次にマスカルポーネという言葉を耳にするときは、その製造方法や、その言葉の背後にある意味について考えてみると、いっそうの言葉の深みを感じることができるでしょう。美味さだけでなく、名前に込められた由来を理解することが、マスカルポーネへの深い理解と、食べ物文化への敬意を育てるのです。

マスカルポーネとは

マスカルポーネの作り方

マスカルポーネは、そのクリーミーな質感と深い味わいから多くのスイーツや料理に使用されているフレッシュチーズの一種です。しかしご存じの通り、この特異なチーズは、ほとんどのチーズが牛乳を用いる中、生クリームを主成分としています。

マスカルポーネ作りの第一歩は、それを熱することです。生クリームを鍋に移し、熱をゆっくりと加えます。そして、沸騰直前になるまで暖め続けます。次に、レモン汁といった天然の酸を加えて軽く混ぜ、混合物がゆっくりと固まるのを待ちます。

そして最終段階。この固まりかけの混合物を、布またはガーゼを利用して濾過します。十分な時間(おおよそ12時間以上)をかけてゆっくりと水分を除去し、ねっとりとしたクリーミーなマスカルポーネが出来上がります。

市販品も便利ですが、自分で作ればその深い味わいと自然な風味に驚くこと間違いなしです。パティシエなどプロだけでなく、料理に新たな挑戦を考えている方にも、マスカルポーネの作り方はおすすめです。一見難しそうですが、実際は手軽にトライできるものです。この料理にかける手間と愛情が、最高の逸品を生むのです。

マスカルポーネの切り方

マスカルポーネとは、その豊かさと独特の味わいでイタリアの一流チーズとして広く知られています。そのまろやかで深みのある風味は、各種デザートや料理に無くてはならない存在となっており、特にティラミス作りには欠かせません。

このチーズは、一般的に硬いイメージを抱くチーズとは異なり、クリーム状の風味豊かな食材です。そのため、"切る"という概念は一見合わないように思えます。事実、多くの場面ではクリームチーズと同じような取り扱いがされています。しかしながら、一部では形を整えたり、ドリンクに浮かべたりするような使用法も見受けられます。

冷蔵庫でちゃんと冷やされたマスカルポーネなら、特定の形状を保つことが可能です。したがって、特定のサイズや形のままスライスする際には、事前に十分に冷やすことが重要となります。切る前にナイフの刃を濡らすと、スムーズな切り口が得られます。これによって、きれいにスライスしたマスカルポーネを作ることが可能になります。

マスカルポーネチーズはその多様性に富んでいます。切るだけでまた別の楽しみ方ができるかもしれません。他のチーズとは一味違うその魅力を、ぜひ自分でスプーンですくってみてください。

マスカルポーネとは
Sale Off
【冷蔵】ドライストロベリー テリーヌ ショコラ|テリーヌ|Megreen|いちご テリー ヌ ショコラ - スイーツモール

低温でじっくり焼き上げた、いちご×テリーヌショコラ♪

自社農園の完熟いちごを贅沢に使用しました◎

■商品説明

自社農園で収穫した2種類の完熟いちごを使い、甘酸っぱい紅ほっぺは角切りにして混ぜ込み
甘いあき姫はドライストロベリーにしてリキュールに浸して上に飾り、カカオの香りと馴染むように
低温でゆっくり焼き上げた生チョコのような滑らかな口当たりのテリーヌショコラです。
いちごとショコラの芳醇な香りが飽きさせない深い味わいになっています。

商品内容:
メグリーン テリーヌ ショコラ ストロベリー250g ×1


■原材料

チョコレート、バター、卵、いちご、砂糖、乾燥イチゴ、リキュール、小麦粉、ペクチン


■賞味期限

冷蔵で10日


■保存方法

要冷蔵(10℃以下)


■配送方法

冷蔵

・豆知識

厳選素材のこだわり

Megreenの「ドライストロベリー テリーヌ ショコラ」は、自社農園で収穫された完熟いちご「紅ほっぺ」と「あき姫」を贅沢に使用した、チョコレート専門店ならではのこだわりが詰まったテリーヌです。

2種類のいちごのハーモニー

甘酸っぱい紅ほっぺは角切りにして混ぜ込み、芳醇な香りと濃厚な甘みを持つあき姫はドライストロベリーにしてリキュールに漬け込み飾り付けに使用しています。

とろけるような口当たり

チョコレートと無塩バターを丁寧に混ぜ合わせ、低温でじっくりと焼き上げることで、生チョコのような滑らかな口当たりと濃厚な味わいを生み出しています。

ひと口で広がる芳醇な香り

カカオの香り豊かなチョコレートと、完熟いちごの甘酸っぱい香りが絶妙に調和し、ひと口食べると至福の味わいが口いっぱいに広がります。

特別な日のデザートにぴったり

Megreenの「ドライストロベリー テリーヌ ショコラ」は、大切な方への贈り物や、自分へのご褒美にぴったりの特別なデザートです。

 

チョコレートテリーヌ とはどんなスイーツですか? #チョコテリーヌ

チョコレートテリーヌは、フランス語で「テリーヌ・オ・ショコラ」とも呼ばれ、濃厚なチョコレートの風味を楽しむことができるスイーツです。主な特徴は以下の通りです:

  1. 濃厚なチョコレートの風味: チョコレートテリーヌは、濃厚なチョコレートを主要な材料として使用しています。そのため、濃厚で深いチョコレートの風味が特徴です。

  2. しっとりとした口当たり: チョコレートテリーヌはしっとりとした食感があり、口の中で溶けるような滑らかさがあります。この食感は、チョコレートの素材と焼き方によって生み出されます。

  3. バリエーション豊富なアレンジ: チョコレートテリーヌは、さまざまなバリエーションで楽しむことができます。アーモンドやヘーゼルナッツ、フルーツ、リキュールなどを加えることで、さらに味わい深いテリーヌを作ることができます。

  4. デザートとしての幅広い利用: チョコレートテリーヌは、デザートとして単品で提供されることもありますが、アイスクリームやベリーコンポート、フルーツとの組み合わせなど、さまざまなアレンジで提供されることもあります。

総じて、チョコレートテリーヌは濃厚なチョコレートの味わいと滑らかな食感が特徴で、チョコレート好きにはたまらないスイーツです。

 

Megreen

¥3,780

マスカルポーネの保存方法

マスカルポーネはイタリア生まれのフレッシュタイプのクリームチーズで、甘いデザートの主役によく登場します。その美味しさを堪能するためには、適切な保管方法が欠かせません。

最優先は、開封後は早めに消費することです。ティラミスなどに使う際は、使用量を計算し、その日に使い切れるほどの量を手に入れるのが理想とされます。開封後は冷蔵庫での保存が基本で、高温多湿を避けた場所であれば2~3日が限度となります。

万が一、全量を使い切れずに残した場合の対策としては、マスカルポーネをラップできっちりと包み、冷蔵庫で保管しましょう。元々プラスチックのケースに入っているマスカルポーネも、上にラップをぴったりと密着させて空気に触れないようにし、ちゃんとフタを閉めて冷蔵庫で保存します。

また、残量が多い場合には冷凍保存もオプションとしてありますが、若干風味が落ちてしまう可能性があるので、これはトッピングやソースなど風味があまり問わない用途に使うことをおすすめします。

それでも未開封の状態なら大体1週間程度は持ちますので、計算して使用することが必要です。新鮮な状態で食べられるマスカルポーネの風味は何物にも替えがたいものがありますから、この保存法を活用して最大限に美味しさを引き立てましょう。

マスカルポーネの食べ方!料理にも使える多用途チーズ

マスカルポーネチーズと言えば、自動的にイタリアに起源を持つ甘味料理、ティラミスと連想しますよね。確かに、マスカルポーネを用いたティラミスは口に広がる美味しさが極めて素晴らしいのですが、その活用範囲はそれだけに限定されません。

まず考えられるのは、冷たい器にたっぷりのマスカルポーネを盛り、その上にはちみつをたらりとかけてティータイムのお供にする方法。もしくはパンに豪快に塗り込むのもおすすめです。特に、シトラスフルーツと一緒に頂くと、マスカルポーネのクリーミーな舌触りと相まって、口の中でふわっと広がる味わいが堪能できます。

マスカルポーネはそのままではなく、調理に使う食材としても一役買います。例を挙げるなら、パスタソースやリゾットに少々加えることによって、本来の味を損ねることなく、華やかさとナチュラルな口どけをプラスすることが可能です。また、シンプルな焼き物やグラタンにもおススメ。マスカルポーネを加えることで、見た目にも美しく、心地よいとろりとした食感が楽しめます。

さらに指摘しておきたいのは、スープの一部としてマスカルポーネを使うことで、より一層味わい深いスープを堪能することが可能なのです。どんな食材とも友好的な関係を築けるので、その活用幅は無限大。まさに、お料理の品質を向上させる魔法の食材、それがマスカルポーネチーズなのです。

Sale Off
【冷凍】いちごレアチーズケーキ 5号 | チーズケーキ | うわさのdahlia cake ハマダリア | いちごチーズケーキ | 苺のチーズケーキ | イチゴ レアチーズケーキ・冷凍いちご チーズケーキ・うわさのチーズケーキハマダリア・レアチーズケーキ トッピング - スイーツモール

イチゴたっぷり、生クリームたっぷり。しっとり濃厚な低カロリーレアチーズケーキ。毎日の贅沢を。

■内容説明


卵白を使わずに、生クリームを練り込んだレアチーズケーキ。
約2倍!のイチゴ(※当店比)をふんだんに使ったソースをトッピングしました。
独自の低温焼上製法でチーズケーキに含まれる水分を飛ばさずに「しっとりした美味しさ」を実現したベーシックな焼上げチーズケーキを下層のベースにしています。
チーズケーキとイチゴの味を楽しんでください。
毎日食べても飽きない、低カロリー(カロリーオフ)でサッパリあっさりと食べやすいレアチーズケーキです。

※冷凍状態にてお届けいたします。

【容量】チーズケーキ(ホール)×1個
【サイズ】直径約14.5cm
【使用チーズ】クリームチーズ
【カロリー】60kcal(1/8カット)、482kcal(ホール)
【発送時期】ご注文後2〜5日(冷凍配送)
【保存方法】商品到着後、冷凍保存して下さい
【お召し上がり方法】冷蔵庫で一昼夜、解凍後お召し上がりください。

※ソースにイチゴをふんだんに使っているため、自然の赤みが強く出ています。着色料は一切使用しておりません。

〜注意事項〜

・生物ですので、キャンセル・返品はお受け出来ませんのでご了承ください。



いちごのレアチーズケーキ 特定原材料

卵、小麦、乳


いちごチーズケーキ 賞味期限

冷凍で20日以上、解凍後冷蔵で3日


イチゴ レアチーズケーキ 保存方法

要冷凍(-18℃以下)


イチゴ レアチーズケーキ 配送方法

冷凍

・豆知識

いちごチーズケーキ レシピ 人気

いちごチーズケーキのレシピは人気がありますね。以下は一般的ないちごチーズケーキのレシピの一例です:

【材料】

  • クッキークラム: 200g
  • 無塩バター: 80g(溶かして冷ましておく)
  • クリームチーズ: 500g(室温に戻しておく)
  • グラニュー糖: 150g
  • バニラエッセンス: 小さじ1
  • 生クリーム: 200ml
  • ゼラチン粉: 10g
  • 水: 50ml
  • いちご: 200g(ホール用のものを使用し、飾り用に数個取っておく)

【手順】

  1. クッキークラムを細かく砕き、溶かしたバターを加えて混ぜる。底が抜ける型に敷き詰め、冷蔵庫で冷やす。
  2. クリームチーズとグラニュー糖をボウルに入れ、滑らかになるまで混ぜる。バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  3. 別のボウルで生クリームをしっかりと泡立てる。
  4. ゼラチンを水に振り入れて5分ほど置き、加熱して溶かす。少量のクリームチーズの混ぜ合わせに加え、よく混ぜる。
  5. 残りのクリームチーズにゼラチン液を加え、さらに混ぜる。最後に泡立てた生クリームを加えて、生クリームがしっかりと混ざるように gently fold する。
  6. 生クリームチーズのミックスを型に流し入れ、表面をならす。冷蔵庫で4時間以上冷やす。
  7. 飾り用に取っておいたいちごを型の上に並べ、チーズケーキをカットして完成。

このレシピは基本的なものですが、いちごのソースやジャムをトッピングすることで、さらにいちごの風味を楽しむことができます。

いちご レアチーズ ケーキ とは

いちごレアチーズケーキ は、爽やかないちごの風味とクリーミーなチーズの相性が抜群の人気のあるデザートです。この いちごレアチーズケーキ は、クリームチーズや生クリーム、砂糖などを使って作られ、生地にはクッキークラストが使われることが一般的です。そして、ケーキの表面にはいちごのジャムやソースがトッピングされ、さらに生いちごやホイップクリームが飾られることもあります。

いちごレアチーズケーキは、甘さと酸味のバランスが良く、口どけの良いテクスチャーが特徴です。また、見た目も美しく、特にいちごの赤色が鮮やかで、見るだけで食欲をそそります。パーティーや特別なイベントで人気のあるデザートとして、多くの人々に愛されています。

うわさのdahlia cake ハマダリア

¥2,430

マスカルポーネと飲み物の相性

マスカルポーネはその栄えやかな風味と滑らかな質感が魅力のチーズとして、単体で楽しむだけではなく、さまざまなドリンクとの組み合わせもお楽しみいただけます。

コーヒーとともに楽しむマスカルポーネは、コーヒーの深い味わいがマスカルポーネの優雅な甘さを引き立て、そのコンビネーションは一杯のコーヒーに豊かな満足感を与えます。チョコレートソースやフルーツのコンフィチュールを添えれば、さらに風味が増します。

また、さわやかなフレッシュな白ワインとマスカルポーネの組み合わせもおすすめです。白ワインの爽快さがマスカルポーネのクリーミーさを引き立て、きれいな口当たりを実現します。

赤ワインとマスカルポーネなら、まろやかで豊かなマスカルポーネとの相性は抜群。アルコールを控えている方には、カモミールティーやハーブティーと一緒に楽しむのもおすすめ。まろやかなマスカルポーネとカモミールの優しい香りが心地よいリラクゼーションタイムを演出します。

一方、ホットチョコレートとマスカルポーネを合わせたデザート感覚の一杯は、リッチで甘さを抑えた風味が特徴です。

さらに、シャンパンをあわせてアペリティフとして楽しむのもおすすめ。シャンパンの柔らかな泡と爽やかな酸味がマスカルポーネの風味を引き立て、リッチで上品な余韻を演出します。いぶりがっこなどの漬物と合わせるなら、日本酒を一緒に楽しむのも一興でしょう。

こうした飲み物とのペアリングにより、マスカルポーネの多彩な表情を一層引き立てます。その様々な組み合わせを存分に味わっていただきたいと思います。

マスカルポーネとは

マスカルポーネは生クリーム感覚で使える応用範囲の広いチーズ

マスカルポーネはそのまま食べても美味しいことで知られていますが、その実、その利用方法は多岐にわたります。

このチーズをそのまま口に運ぶだけでなく、ジャムや蜂蜜と混ぜて味わったり、チョコレートソースと一緒に味わうこともできます。柔らかくクリーミーな舌触りと、心地よい甘さを持つマスカルポーネは、生クリームのように扱うことも可能ですよ。デザートのクリームに混ぜ込むだけで、一段と深い風味とコクが加わります。

さらに、パスタやリゾットのクリームソースやチーズソースにもピッタリで、料理の一体感を引き立てる存在感もあります。加熱すると、さらに滑らかなクリーミーさを引き立て、普段の料理も豪華な一皿に大変身させてくれます。

こうした優れた特性を持つマスカルポーネは、あなたのキッチンでの新たな楽しみ方を見つけるのにぴったりな食材です。ぜひ、あなたならではのマスカルポーネの使い方を試してみてください。マスカルポーネは、真に使い方が豊富で、広範な対応力を持つチーズなのです。

まとめ

マスカルポーノとは、その濃厚な風味と独特の口溶けで一度食べたら忘れられないチーズだ。起源から生産方法、そして美味しく楽しむための調理法まで、その魅力を余すことなく解き明かしていきます。この特別なチーズがあなたの食卓をいかに豊かにするか、ぜひご堪能ください。

Sale Off
【冷凍】RAW ニューヨークチーズケーキ | チーズケーキ | Maple Raw - スイーツモール

健康志向の方のお誕生日ケーキにも!少人数におすすめの12cm小さめサイズにも対応のRawケーキを通販でお届け

■商品説明

 

乳製品不使用とは思えないほどに濃厚で爽やかなチーズケーキです。

土台にはビターチョコの生地を敷き詰めました。


S:4号12cm(2〜3名分)

M:5号15cm(4〜6名分)

L:6号18cm(5〜8名分)

 


■原材料

 

生カシューナッツ、生クルミ、ココナッツファイン、ココナッツオイル、アガベシロップ、メープルシロップ、白味噌、天然塩 、 バニラエクストラクト、レモン、ローカカオパウダー

(主にオーガニック又は無添加の厳選した安全な食材を使用しております)

 


■賞味期限

 

賞味期限は発送日より冷凍保存で3週間以上の商品をお届けします。

(解凍後は2日以内にお召し上がりください)

 


■保存方法

要冷凍(-18℃以下)


■配送方法

冷凍

 

豆知識

ケーキ12CMは何人分?

 ケーキの直径が12センチメートルの場合、一般的な基準では2〜4人分程度と考えられます。ただし、これは目安であり、ケーキの厚さや人々の食欲によっても異なる場合があります。ケーキが薄い場合はより多くの人に分けることができますが、厚いケーキの場合は少ない人数になることがあります。また、ケーキのサービングの大きさや個々の好みによっても異なるため、具体的な状況によって変動することを覚えておいてください。

爽やかで優しい味わい!レモンチーズケーキのレシピ

暑い日にもぴったりな、爽やかで優しい味わいのレモンチーズケーキのレシピをご紹介します。

材料(型1台分)

  • ビスケット生地

    • ビスケット 100g

    • バター 50g

  • レアチーズケーキ

    • クリームチーズ 200g

    • グラニュー糖 50g

    • 生クリーム 100ml

    • レモン汁 大さじ2

    • レモンの皮 小さじ1/2

  • レモンチーズ

    • レモン汁 大さじ2

    • はちみつ 大さじ1

    • レモンの皮 小さじ1/4

作り方

  1. ビスケット生地を作る。

    1. ビスケットをビニール袋に入れ、めん棒で叩いて細かく砕く。

    2. 溶かしたバターを加えて混ぜ、型の底に敷き詰める。

    3. 冷蔵庫で冷やし固める。

  2. レアチーズケーキを作る。

    1. クリームチーズを室温に戻し、ボウルにクリームチーズを入れて泡立て器またはヘラで滑らかになるまで混ぜる。

    2. グラニュー糖を加えて混ぜる。

    3. 生クリーム、レモンの絞り汁、レモンを絞った後のレモン皮 を 加 え て混ぜる。

    4. 1の 丸 型の皿かケーキ型 に流し入れ、粗 熱を取ったら冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。

  3. レモンチーズを作る。

    1. レモン汁、はちみつ、レモンの皮をボウルに入れて混ぜる。

  4. 仕上げ

    1. 2のレアチーズケーキに3のレモンチーズを添えて完成。

ポイント

  • クリームチーズは室温に戻しておくと、滑らかに混ぜることができます。

  • レモン汁は、お好みの量で調整してください。

  • レモンの皮は、お好みで量を調整してください。

  • レアチーズケーキは、冷蔵庫でしっかりと冷やし固めてから召し上がってください。

アレンジ

  • レモンチーズにブルーベリーやラズベリーなどのフルーツを加えると、見た目も華やかになり、味も変わります。

  • ビスケット生地にココアパウダーを加えると、チョコレート風味のチーズケーキになります。

このレシピで、ぜひ爽やかで美味しいレモンチーズケーキを作ってみてください。

Maple Raw

¥4,800