ガレット デ ロワとは - スイーツモール

ガレット デ ロワとは

ガレット デ ロワとは

ガレット デ ロワ' - このフレーズを聞くと、何を思い浮かべますか?美味しいパン?それともフランスの伝統料理かもしれませんね。もっと具体的に言うと、ガレットデロワは年初めにフランス全国で楽しまれるお祭りの一部として登場します。これはただの食事ではなく、一つの伝統、一つの文化が詰まった特別な存在。今回は、そんな魅力に溢れたガレットデロワについて、その歴史や背景、そして何よりその楽しみ方を詳しくご紹介します。

「ガレット・デ・ロワ」とは?

「ガレット・デ・ロワ」とは、新年の訪れと共に、フランスの各家庭で必ずと言っていいほど登場する伝統的な菓子です。「王のケーキ」を意味するこの名前の通り、パフパイ生地にアーモンドクリームを詰め、焼き上げた豪華な一品で、上品な味わいと美しい外観は、まさしくロイヤルな雰囲気そのもの。


この菓子の最大の特徴といえば、ひとつだけ中に埋められた「フェーヴ(豆)」でしょう。これを見つけた者は一年の幸運を得るとされ、その日の「王」または「女王」となります。そして次の年までに、新たなガレット・デ・ロワを提供する責任も担います。


この習慣はキリスト教の祝日、三賢者がイエスに会うために旅に出た日(エピファニー)に由来します。特に1月6日に食べられることが多いですが、現在では1月を通じて楽しまれる風習となっています。日本においても、1月中は多くのパン屋や洋菓子店で見かけるようになり、その風味豊かさとともに、ユーモラスな伝統も人々に愛されています。新年の幸せなスタートを切るための最適な一品、それが「ガレット・デ・ロワ」なのです。

ガレット デ ロワとは

日本での「ガレット・デ・ロワ」

毎年1月6日、フランスの各地方で異なる形状の「ガレット・デ・ロワ」が賑やかに広まりますが、日本でよく目にするものは、フランス北部で一般的なアーモンドクリームを折込みパイ生地でサンドしたもの。一方、フランス南部では違うバージョンの「ガレット・デ・ロワ」として、「ガトー・デ・ロワ」が伝統的に作られ、こちらは香りゆたかなオレンジフラワーウォーターで風味付けしたブリオッシュが美しく焼かれます。


この二つのレシピはともにキリスト教の「三博士の日」、または「エピファニー」を祝うためのもので、日本でも徐々に認知度と人気が高まっています。各地のパティスリーやカフェでは、新春の祝福としてこうした菓子が提供され、日本独自の解釈でアレンジされたものも見受けられます。


いずれの「ガレット・デ・ロワ」も共通して特徴的なのは、「フィーブ」が隠されていること。この中から小さな人形や最近では食べられるアーモンドが出てきた人は、その一年を幸運に過ごすと言われ、仮の王または女王として祝福を受けます。この歓びあふれる伝統は、日本でも大変親しまれ、洗練されたフランス菓子に日本の精巧さと創造性が加わり、文化交流の一環ともなっています。


すなわち、「ガレット・デ・ロワ」はただの甘い菓子や記念日の象徴にとどまらず、日本とフランスの文化の融合や交流、そして新年の祝福の一部となりつつあり、そこに日本人の「ガレット・デ・ロワ」への大きな関心と魅力が見て取れるのです。

「ガレット(Galette)」とは

「ガレット(Galette)」という言葉は、火に掛けて平らに焼いた菓子を指す古代の言葉です。これは新石器時代から存在し、熱せられた石の上で穀物の粥を焼くことからスタートしたと言われています。この言葉が象徴する代表的な逸品として、ブルターニュ地方の郷土菓子「ガレット・ブルトンヌ」がある一方で、同じくブルターニュ特産のそば粉を使用した、ハムやチーズなどと合わせて頂く塩味のクレープも「ガレット」と表現されています。


その特質はシンプルに平坦な形状にあり、そのシンプルさゆえに、その風味と食感に独自の深みや香ばしさを引き立てることが可能です。特に伝統的に、風味豊かなそば粉は石臼で挽かれ、その独特な風味まで引き立てるのが一般的です。


またフランスでは、ガレット・デ・ロワというアーモンドクリームを閉じ込めたパストリーが「三賢人の日」に親しまれています。そして、ゴールデンノワール地方では、ガレットは甘いものとして、または塩味のものとして2つに大別され、それぞれチョコレート、ジャム、果物、ハム、チーズ、卵など異なる具材で楽しまれています。


そのシンプルな見た目からは想像もつかないほど、無限の色彩と個性が詰まっており、これはまさにフランスの料理の多様性と創造性を象徴しています。

ガレット デ ロワとは

ガレット デ ロワとフランス菓子の「ピティヴィエ」との違いは?

「ガレット・デ・ロワ」と「ピティヴィエ」はそれぞれがフランスの伝統的なデザートで、ともにアーモンドクリームを含むパイ型のお菓子です。しかし、それぞれの中身、起源、そして特別な伝統には際立った違いが見受けられます。


ガレット・デ・ロワは、新年を祝うパーティのデザートとして楽しまれることでよく知られています。1月のエピファニー(三賢者の日)には特に人気で、アーモンドクリームが豊富に詰まったパイです。数々のバリエーションが存在する面白い飾りの中には、小さな人形や豆が隠されています。これらは「フェーブ」と呼ばれ、見つけた人はその日の王様になれるとされています。一部のコレクターはこのフェーブを楽しみに、1月中名店巡りをしてガレット・デ・ロワを食べ比べるほどです。


一方、ピティヴィエはアーモンドと果物のフランジパーニを挟んだ一年中楽しむことができるデザートです。ガレット・デ・ロワと見た目は似ていますが、なかのフランジパーニと、ローズパターン(rosace)と呼ばれる独特の放射状模様を持つパイ生地が、その風味と視覚にガレット・デ・ロワと異なる魅力を加えています。


アーモンドを主成分とするこれら二つのフランス菓子は、その楽しみ方、起源、そして味わい同士で大きく異なる特性を持っています。特別な日にはガレット・デ・ロワを、日々の楽しみにはピティヴィエを選んで、フランス菓子の魅力を満喫してみてはいかがでしょうか。

まとめ

新年の訪れとともに、フランスの伝統文化であるガレット デ ロワの魅力に触れてみませんか。その深い歴史と背景を知ることで、フランスの文化をより深く理解し、独自の楽しみ方を見つけることができるでしょう。一緒に、ガレット デ ロワの世界へ踏み込んでみましょう。