サード ウェーブ コーヒー - スイーツモール

サード ウェーブ コーヒー

サード ウェーブ コーヒー

サードウェーブコーヒーが注目を浴びています。以前はシンプルなブレンドで温まるだけの存在だった一杯のコーヒーが、現在では美食の世界に名を馳せ、技術や起源、そしてその品質までをも見直すきっかけとなりました。この現象がいわゆる"サードウェーブコーヒー"。では、具体的にこのサードウェーブコーヒーとは何なのでしょうか。そしてなぜ私たちはそれに興奮するのでしょうか。それを理解するために、その背景にある3つの"コーヒーの波"を見てみましょう。初めの波から始まり、今、第三の波が到来したことで、私たちのコーヒー体験はさらなる階段を上がったのです。

サードウェーブを含めたコーヒーブームの変遷

日本におけるコーヒーブームは昔から存在し、時代と共にその形を変えてきました。コーヒーは、戦後の高度経済成長期に言わば「ファーストウェーブ」のブームを迎え、都市の喫茶店でコーヒーを嗜む文化が芽生えました。続く「セカンドウェーブ」は1980年代に訪れ、自宅でのインスタントコーヒーが普及し、コーヒーは一般的な飲み物として広く定着しました。

そして2000年代からは、コーヒー業界に「サードウェーブ」と呼ばれる新しいブームが訪れました。その注目の焦点は「スペシャリティコーヒー」。ただ豆を淹れるだけでなく、栽培地や製法にこだわることで、より高品質な一杯を求めるこのトレンドは、エチオピアやコスタリカなど特定の産地の豆を使用し、一杯一杯バリスタが心を込めて淹れるカフェが増える結果となりました。

この「サードウェーブ」ブームは一過性のものではなく、日本のコーヒー消費文化に深く根ざしています。この動向が日本を世界でも有数のコーヒーコンシューマーに押し上げ、多様なコーヒー文化が繁栄しています。

最新のトレンドは、「フォースウェーブ」とも呼ばれ、フェアトレードやダイレクトトレードが進み、生産者へしっかりと対価が還元されるシステムが進展しています。また、新しい飲み方として「ニトロコーヒー」など、窒素を加えながら注ぐスタイルが登場したり、自宅での焙煎から自分好みの味を作り出すコンパクトな焙煎機が普及してきたりと、日本のコーヒー消費のクリエイティブな表現がなおも広がっています。日本のコーヒーブームは停まることなく、より深く、より豊かに変化し続けることでしょう。

サード ウェーブ コーヒー

サードウェーブコーヒーの特長とは

サードウェーブコーヒーは、単なる飲料ではなく、科学と芸術の融合した一種の現象を表現しています。初期の大量生産からスペシャリティーコーヒーへの移行(第二波)を経て、現代ではこの第三波と呼ばれる流れがあります。

サードウェーブコーヒーの主な特徴は、コーヒーの本質への注目です。エスプレッソやカプチーノ一杯一杯には、その起源や物語、生産地への深い敬意が込められています。生産地の特性を理解し、それを最大限に引き出すための適切な抽出法が求められるのです。

また、豆の新鮮さも重要視されます。焙煎から抽出までの時間は、コーヒーの味に大きな影響を与えます。そのため、サードウェーブコーヒーは可能な限り新鮮な状態で提供されます。

そして、サードウェーブコーヒーの最大の特徴は、単なる飲み物の体験を超えた繋がりを提供することです。それは、コーヒーを介した人々との繋がり、一杯一杯が物語り、特定の産地や生産者の思いを伝える瞬間を創り出します。

これらすべてが組み合わさり、サードウェーブコーヒーの魅力を形成します。現代では、コーヒーを飲むだけではなく、その背後にある物語や感動を共有することが可能になっています。そこには、シングルオリジンと称される産地限定のコーヒー、浅く煎った精神を表す浅煎り、一杯ずつ手作りのハンドドリップと、生産者を保護するダイレクトトレードという、4つの要素が不可欠となります。これらが、サードウェーブコーヒーの本質を形成し、私たちに新たなコーヒー体験を提供します。

サードウェーブコーヒーを自宅で楽しむ

新型コロナウィルスの影響で一時期カフェでのコーヒータイムが難しくなってしまいましたが、家で本格的なサードウェーブコーヒーを楽しむための方法が話題になっています。サードウェーブコーヒーとは、職人がコーヒー豆の生産者、品種、産地、焙煎方法まで徹底的にこだわった高品質なコーヒーのことを指し、これを家で作るためにはどのような準備と手順が必要でしょうか。

まず、豆の選択が欠かせません。便利な粉砕済みの豆から、挽きたての風味を堪能できる生豆まで、自身の好みやライフスタイルに合わせて選びましょう。豆を選んだら次は淹れるための道具の準備です。ハンドドリップ専用の道具を用意すれば、豆の本来の味を最大限に活かすことが可能となります。

そして、一番大切なのがコーヒーを淹れる手順です。一杯のコーヒーをゆったりと淹れる時間を休息の時間とするだけでなく、大切な人とその時間を分け合うことで素敵な思い出を作ることも出来ます。

今こそ、自宅でのコーヒータイムを充実させて、多様なサードウェーブコーヒーの世界を体験してみるチャンスです。上質なコーヒーを自分で淹れてみて、心地好いカフェの時間を自宅で再現しましょう。

【ハンドドリップの準備】

コーヒー豆はシングルオリジンのものを選び、その特性を生かすために自宅で挽くことを推奨します。挽きたての豆から抽出される風味や香りこそがハンドドリップコーヒーの真骨頂です。使用道具としては、サーバー、ドリッパー、フィルター、ケトル、ミルが必要となります。

【淹れ方】

1. ドリッパー上にフィルターをセットし、コーヒー粉をそこに入れます。

2. 熱湯を少量注ぎます。ベストな温度は93度程度がオススメです。すぐに全部注がず、10-20秒ほど香りを抽出させたら、再びお湯を注ぎます。

3. その後、コーヒー粉が沈み込みそうになったタイムングでお湯を追加し、その動作を繰り返してコーヒーを抽出します。

また、浅煎りと深煎りとでは味や比重が異なります。浅煎りの方が比重が重く、お湯を注いだ時にコーヒー粉が沈み込みやすい傾向にあります。そのため、コーヒー粉が沈み込む前に次のお湯を注ぎ、風味や香りを逃さないようにすることがポイントとなります。

まとめ

「サードウェーブコーヒー」は、コーヒーの本質への再注目、その起源、品質、技術への深い理解と、コーヒー一杯ひとつで感じる表現豊かな風味を通じて極上の味わいと体験を追求する新たな潮流です。これはただの飲み物から一歩踏み出し、コーヒーが持つ無限の可能性を探求する、まさに美食の世界への扉を開く冒険です。