生茶の菓とは

生茶の菓とは

生茶の菓とは

日本の抹茶は、その風味と深い歴史から世界で愛されてきました。そんな抹茶の美味しさを、新たなカタチで楽しむ贅沢なお菓子があります。京都の宇治・白川など、厳選された産地で収穫されたお濃茶を贅沢に使用した生地に、口当たりの良いホワイトチョコレートをブレンド。それが「ミルク生茶の菓」です。今回は、抹茶とホワイトチョコレートの絶妙なハーモニーが生み出す、贅沢な味わいの「ミルク生茶の菓」などについてご紹介します。

生茶の菓とは

京都のお土産として評判の「マールブランシュ」から生まれた贅沢なお茶菓子、「生茶の菓」は、抹茶の香りと風味を存分に楽しめる逸品です。このお菓子は、「茶の菓」の素材や風味をそのまま生かすことを追求し、丁寧に選ばれたお濃茶をたっぷりと使用しています。独特のほろ苦さと甘さのバランスが絶妙で、ほんのりとした渋みが心地よいアクセントとなっています。また、ゆっくりと火入れを行ったお濃茶フォンダンショコラは、口の中でしっとりとなめらかに溶ける食感が特徴的。「生」らしい風味と食感を追求し、抹茶好きにはたまらない一品となっています。京都を訪れた際には、この生茶の菓を手土産にするのも素敵です。

生茶の菓アイスバー

「生茶の菓アイスバー」、その名前だけで清涼感が広がります。日本の名水茶ブランド「生茶」と菓子製造が初めて共同製作した期間限定のアイスバーです。このアイスバーは、「生茶」の爽やかなティーフレーバーと菓子製造の共同作業によって、素晴らしい相性を持っています。

目にも涼しげなグリーンが特徴的で、パッケージを開けると広がる香ばしい茶葉の香りと微妙な甘さが感じられます。一口食べれば、口の中に新鮮な茶葉の香りが広がり、アイスの旨味を堪能できます。これこそが、まさに「生茶」そのものの味わいです。アイスバーの中には、コク深いミルクフレーバーがほんのり仕込まれており、その甘さが適度に抑えられ、「生茶」の特性を一層際立たせています。

興味深いのは、このアイスバーのヘルシーさ。カロリーも控えめに調整されており、素材への真摯な取り組みが感じられます。「お茶」が原点のアイスバーだからこそ、安心感に満ちています。

近づく季節に最適な「生茶の菓アイスバー」。一度試したら忘れられない、新たなアイスバー体験をぜひ堪能してみてください。清涼なティーフレーバーの冷たさと、適度な甘さのハーモニーが、あなたを暑い夏から解放します。これこそが「生茶の菓」、洋菓子屋ならではの理想的なソフトアイスです。京都タワーサンド店での限定販売で、一年中提供されています。チケットは店内の専用機で購入し、交換するシステムで、チケット当選時には、京都タワーサンド店オリジナルのトートバッグがプレゼントされます。

生茶の菓とは

京都北山 マールブランシュの新作「ミルク生茶の菓」

「ミルク生茶の菓」は、京都の宇治・白川など厳選された産地で育てられたお濃茶をたっぷりと使用した生地に、口当たりクリーミーなホワイトチョコレートをブレンドした逸品です。この特別な生地を丁寧に火入れすることで、濃厚なお濃茶とまろやかなホワイトチョコレートが見事に融合し、「ミルク生茶の菓」が完成します。

マールブランシュがおすすめするこのお菓子の味わい方は、冷蔵庫で約1時間程度冷やすこと。これによって、まるで生チョコレートケーキのような濃厚な食感と、凝縮された味の深みが一層印象的に堪能できるとされています。贅沢なお濃茶とホワイトチョコレートのハーモニーが織り成す、口溶けの良さと風味豊かなお菓子。京都ならではのこだわりが詰まった「ミルク生茶の菓」をぜひ味わってみてください。

まとめ

「ミルク生茶の菓」は、京都の美しい自然が育んだお濃茶と、口溶けの良いホワイトチョコレートが見事に調和した贅沢な味わいのお菓子です。丁寧に火入れされた生地が、濃厚なお濃茶の風味とまろやかなホワイトチョコレートを引き立てます。冷やして食べることで、さらなる美味しさが引き出されるこの逸品は、抹茶好きや贅沢な味を求める方におすすめのスイーツと言えるでしょう。京都ならではのお茶文化と洗練された味が融合した「ミルク生茶の菓」をぜひ一度お試しください。