キウイ種類 - スイーツモール

キウイ種類

キウイ種類

キウイ、その鮮やかな緑色の内部と小さな黒い種子から放たれる爽やかな風味は、多くの人々に愛されています。しかし、一般的によく知られているグリーンキウイ以外にも、様々な種類のキウイが存在します。それぞれが固有の特徴や風味を持ち、異なる栄養価を提供します。今回は、その多様なキウイの世界について深堀りし、その魅力を余すことなくご紹介してまいります。今後の食生活のリファレンスに、食材のバリエーション増加に、ぜひともお役立てください。

キウイフルーツの種類:ヘイワード

見た目の特異さと爽やかな風味が世界中で人気のキウイフルーツ。その中でも一際脚光を浴びているのが、ニュージーランド産の「ヘイワード」種です。


この「ヘイワード」は、そびえるように育つ常緑つる性植物から豊富に実を付けます。他の種類のキウイフルーツと比べると、果実は一回り大きく、肉質は緻密で、風味に富んでいます。鮮やかなエメラルドグリーンの果肉は、数多くの黒い種子に囲まれ、甘さと微香な酸味が調和した味わいが特徴です。


サラダ、デザート、スムージーだけでなく、そのままでも美味しくお召し上がりいただけます。さらに、ビタミンC、E、カリウムといった栄養価が高いため、健康や美肌を維持したい方にもおすすめです。


その美味しさだけでなく、見た目へのこだわりから、グラノーラやヨーグルトの彩り豊かなトッピングとしても人気があります。また、収穫期間が長いため、一年を通して手に入れることができるのも魅力の一つです。


このような特徴から、ヘイワード種のキウイフルーツは世界中で親しまれています。普段の食事に加えることで、食卓が一層華やかになります。日本では主に11月から5月頃に流通していますが、ニュージーランドからの輸入品は5月から12月頃に出回っていますので、一年中楽しむことが可能です。

キウイフルーツの種類:ゼスプリゴールド(ホート16A)

鮮やかな黄色の果肉を持つキウイフルーツ、それがニュージーランドのゼスプリ社が開発した「ゼスプリゴールド」です。「ホート16A」の品種名でも知られ、そのゴールデン色の取り合わせが一般的な緑色のキウイとは一線を画します。特筆すべきは、その甘さと抑えた酸味、これが酸っぱさが苦手な人々にも好評を博しています。


他のキウイと比較して、サイズは約100gほどで、ほとんどうぶ毛がなく、先の尖った形状も特徴的です。そして、そのゼスプリゴールドは、ゼスプリ社と提携契約を結んでいる日本の愛媛県や佐賀県でも生産されています。甘みが特徴ながらも、爽やかな酸味があるためバランスの良い味わいとなっています。


更に、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれており、美容や健康に利益をもたらすとされる抗酸化作用も期待できます。そのまま食べることもできる薄皮に、全ての栄養成分が詰まっています。これら全ての要素が、ゼスプリゴールドがキウイフルーツの新たな可能性を提示していると評価される要因です。ぜひとも、この新鮮な体験をお試しください。

キウイ種類

キウイフルーツの種類:レインボーレッド

キウイフルーツは通常、中央部に黄緑色の果肉を持つ特徴的なグリーンフルーツですが、その中でも特に一風変わった品種として、レインボーレッドが存在します。この一見幻想的な名前を持つ果物は、一般的なキウイとは見た目や風味が大きく異なります。


レインボーレッドはその名の通り、果肉の中央部に鮮やかな赤色が散りばめられたキウイです。これはまさにレインボーの一部が輝くような美しさで、きっと見るだけであなたの気分を一気に高めてくれるでしょう。


この新種のキウイは静岡県の小林氏によって育成され、「有限会社コバヤシ」により商標登録されたもの。少し小振りなサイズ感があり、その皮にはうぶ毛がないために手軽に食べることができます。また、酸味が少なくて甘さが際立っており、種も少ないためにストレスフリーで楽しむことが可能です。


同じ赤果肉系でも「紅鮮」という品種が存在しますが、甘さや風味においてはレインボーレッドの方が優れています。収穫時期は10月頃からと遅めで、そのため秋季限定の特別なフルーツとして味わうことができます。


風味と見た目の両方で感動を与えてくれるレインボーレッド。これまでのキウイのイメージとは異なる、新たな印象を刻みます。ぜひ一度、その豊かな味わいと魅力に触れてみてください。

キウイフルーツの種類:香緑(こうりょく)

キウイフルーツと言えば、たくさんの品種が存在しますが、その中でもひときわ輝いて見えるのが「香緑(こうりょく)」です。


特に日本国内で愛されている香緑は、キウイフルーツでは珍しい黄色い果肉が魅力。その名が示すように、風味は非常に香り高く、フレッシュな甘みがバックアップすることで、芳醇で深い味わいを楽しむことができます。食べ心地はなめらかでジューシー。一度その味を堪能すれば、その虜にならざるを得ないでしょう。


さらに香緑は、ビタミンCやカリウムといった栄養価が非常に高いため、健康管理に有用です。果皮ごと食べられるので、手軽さも大きな魅力となっています。


「フルーツの王様」とも呼ばれるキウイフルーツの中でも、香緑は特別な存在です。彩り豊かな色合いや独自の風味は、一度味わったら忘れられない鮮烈な印象を残します。それを季節のデザートや料理に取り入れて試すのも良いでしょう。きっと、その豊かさに感動すること間違いなしです。香緑が提供する新鮮な感動を、ぜひあなたも体験してみてください。

キウイ種類

キウイフルーツの種類:さぬきゴールド

「さぬきゴールド」という名のとおり、香川県が原産地のこの特別なキウイフルーツは、2005年(平成17年)に新しい品種として登録されました。20年以上の研究と開発の結果を経て、徳島県の高知県立林業試験場から誕生したこのフルーツは、その美味しさとユニークさで全国各地で愛されています。


「さぬきゴールド」は、親となるアップル系キウイと中国系キウイ「FCM-1」の交配から生まれました。それぞれの良さを活かし、大きさも160~180gと大きく、果肉は鮮やかな黄色で、うぶ毛が少ないのが特徴です。


そして何よりも素晴らしいのがその味わい。糖度は16~18度と通常の緑肉のキウイフルーツよりも高く、その分、甘味と風味に富んでいます。収穫時期は10月中旬頃で、その果肉はなめらかでありながらも、リンゴのような丸みのある食感も楽しませてくれます。


ただし、生産量はまだまだ多くはありません。そのため、手に入れるチャンスがあったときには、その特別さを堪能できることでしょう。一度、「さぬきゴールド」を試したら、その驚きの甘さと爽やかさにきっと虜になることでしょう。

キウイフルーツの種類:讃緑(さんりょく)

一般的なキウイと聞いて、繊細な緑色の果肉に黒い種が散りばめられた画像を思い描くかもしれません。しかし、ここには「讃緑」と名付けられた特別な品種が存在します。


この特殊なキウイは、その豊潤な香りと強烈な甘さで有名です。標準的なキウイとは違った外観を持ち、果実の内部は鮮やかな緑色で、少し筋肉質な質感が特徴です。料理やデザートへの応用として、そのユニークな特性が採用されています。


温暖な気候と寒冷な地域で育てることができる土壌と、キウイに完全にフィットする環境を提供する日本が生んだ讃緑は、主に石川県の琴引浜で収穫されています。


加えて、ビタミンCと食物繊維が豊富なこのキウイは、健康と美の維持に役立ちます。甘みだけでなく、健康への配慮も求める方々にとって、最高のフルーツと言えるでしょう。


しかし、注意が必要です。一般的なキウイとは違って、讃緑の皮は比較的硬いため、食べる前に皮をむくか、スプーンなどで中身をくりぬくことが推奨されています。強烈な風味を持つ讃緑を一度試してみてはいかがでしょうか。

キウイ種類

キウイフルーツの種類:アップルキウイ

多くの人が愛するキウイフルーツは、新鮮にかじったり、ジュースにしたり、デザートに添えたりと、その用途は実にさまざまです。しかし、特異な風味と外観を持つ「アップルキウイ」に注目してみると、新たな魅力に気づくでしょう。


通常のキウイフルーツといえば、その特徴的な毛皮のような皮と、その中にぎっしり詰まった小さな種と緑の果肉が思い浮かびます。ところが、「アップルキウイ」はその名前からも予想できる通り、見た目がリンゴに似ています。表面はキウイの特性を保ちながらもゴツゴツとしており、リンゴを思わせる滑らかで円形な形状をしています。


また、「アップルキウイ」の風味も他のキウイとは異なります。キウイのトロッとした風味はそのままに、後から微かに甘酸っぱさが感じられます。これはまるでリンゴのような味わいで、新鮮な感覚を提供してくれます。


「アップルキウイ」は、見た目から味わいまでが個々に特徴的なフルーツです。この新感覚の果物を添えることで、あなたの日々の食事に新しい魅力をもたらしませんか。

キウイフルーツの種類:ベビーキウイ

数多くのキウイフルーツの中でも特に注目を集めているのは、その名前が示す通りの可愛らしい姿が特徴の'ベビーキウイ'です。一般的なキウイフルーツと比べて4分の1ほどの小さいサイズであるこの変わり種キウイは、主にアメリカやチリからの輸入品となっています。


そのカラーパレットはグリーンから黄色までとても豊か。そして細く繊細な産毛を生やした皮は薄いため、そのまま口に運ぶことが可能です。ただし、皮の部分は酸味が若干あるため、それが苦手な方々にはぶどうのように果肉だけを頂くのもオススメです。


ベビーキウイの一口サイズはとても扱いやすく、そのたっぷり含まれるビタミンCや食物繊維を効率よく摂取できる点が大きな魅力です。その味わいは深く、果実本来の甘さと酸味が絶妙なバランスで存在し、一般的なキウイフルーツとは一味違う美味しさを感じることができます。


ベビーキウイをそのまま食べることはもちろん、サラダやデザート、スムージーなどに加えても面白いアクセントとなります。その小さな姿と独特の風味が新たな驚きを味わいに加えてくれることでしょう。ベビーキウイにご興味を持たれた方は、是非一度お試しいただくことをお勧めします。


なお、このベビーキウイと同じく日本でも香川県で生産されているミニキウイ「香粋(こうすい)」も注目の品種です。興味深いことに、これらのキウイ類はすべて「サルナシ」の一部とされています。

キウイフルーツの種類:スウィートグリーン

ニュージーランドのゼスプリ社が開発した「スウィートグリーン」キウイは、その独自の甘さと独特の風味が特徴です。一口食べると、その爽やかな甘さとフレッシュな感覚はまさに一段と際立っています。


スウィートグリーンの本場であるニュージーランドから日本に輸入され始めたのは、おおよそ2011年頃からです。見た目は一般的なグリーンキウイとほとんど変わりありませんが、グリーンキウイ(ヘイワード)よりも甘みが強く、のど越しもジューシーで滑らか。そして何よりその酸味が程よく抑えられています。うぶ毛も短めで、その鮮やかな黄緑色の果肉が一層新鮮さを感じさせてくれます。


スムージーやサラダの材料としてはもちろん、そのまま食べても十分に美味です。しかし、その目を見張るほどのビタミンCの含有量や、健康に良い食物繊維も豊富に含まれているため、栄養価も非常に高いと評価されています。


ちょっと新しい味わいを求めてみてはいかがでしょうか。日本でも6月頃から出荷されるこのスウィートグリーンキウイフルーツは、あなたの食生活に新たな風味と栄養をもたらすことでしょう。

キウイ種類

キウイフルーツの種類:サンゴールド

数多くのキウイフルーツの中でも、特に美味と評判なのが「サンゴールド」です。その名前は「太陽の黄金」を意味し、その肉質はまさに黄金色で、甘さが特徴的なフルーツです。


通常の緑色のキウイとは一線を画し、甘さはまるでサトウキビやメロンを思わせるほどです。種が細かいために食べやすく、年齢問わず多くの方に愛されています。


見た目も美しく、黄金色に光る肉質は一見しただけで忘れることができません。フルーツとして切ったときに出るのは、甘酸っぱさと香りで、新鮮さが一番に感じられます。


さらに、このフルーツ、栄養価も非常に高いです。ビタミンCやEなどたくさんのビタミンと鉄分、カリウムなどのミネラル、そして食物繊維が豊富に含まれています。


このように、甘さ、色味、香り、そして栄養価のすべてが優れたキウイフルーツ「サンゴールド」は、毎日のフルーツタイムをより一層充実させてくれることでしょう。「サンゴールド」の美味しさを一度でも味わったら、その魅力に虜になること間違いなしです。


この「サンゴールド」は、果汁が豊富で酸味がちょうど良いニュージーランドのゼスプリ社が育てた新品種のゴールドキウイフルーツです。その甘さと食べやすさから、特に酸味が苦手な子供たちにもおすすめです。形状は俵型で表面にうぶ毛はなく、手触りも良好です。

まとめ

今回は、鮮やかな色彩とユニークな風味を持つ様々なキウイをご紹介しました。一般的なグリーンキウイから、珍しい品種まで、その美味しさと栄養価に触れてきました。これを機に、新たな種類のキウイをお試しになったり、それぞれの特性を生かした料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。日常の食卓に、ちょっとした変化と健康をプラスするための参考になれば幸いです。キウイの世界はまだまだ広がります、ぜひ季節ごとの新鮮なキウイを味わってみてくださいね。