小麦粉 強力粉 - スイーツモール

小麦粉 強力粉

小麦粉 強力粉

パン作りや菓子作りのレシピに頻繁に登場する小麦粉と強力粉。これら二つの名称を見て、実際の違いはどこにあるのか、また、それらが料理にどのような影響を与えるのか疑問に思ったことはありませんか?ここでは、料理好きの方々がしっかり理解しておきたい、小麦粉と強力粉の違いとその特性を詳細に解き明かします。これから料理の世界をより深く理解するための重要な一歩として、ぜひ参考にしてみてください。

小麦粉の種類は?

「小麦粉」は一言で言ってみても、色々な種類が存在し、ひとつひとつが特有の特性を持つため、用途に合わせて適切な選択が必要となります。本記事では、意識すれば知れるものの知らないまま使用していることの多い、小麦粉の種類とその個々の違いについて詳しく見ていきましょう。
分類される3つの小麦粉
小麦粉は大きく分けて、強力粉、薄力粉、全粒粉の3つの種類に分類されます。使用する小麦の種類によって、製造される小麦粉の特徴や名前が決まります。料理の風味や質感を最高に引き立てる小麦粉が存在しますから、どのように使用するかによって、家庭の常備品となる小麦粉を慎重に選ぶことをお勧めします。
小麦粉の特徴とは何か?
3つの小麦粉の主な違い点は、含有するたんぱく質とグルテンの量に関わる所にあります。硬質小麦から製品化されたものがもっとも多くのたんぱく質を含み、適度に含んだものが中間質小麦から、そして一番少ないものが軟質小麦から作られます。ここで言うたんぱく質とは、パンのモチモチとした食感を作り出すグルテンに関わる要素です。この詳細については、次の節以降で詳しく説明していきます。
小麦粉 強力粉

小麦粉の種類①中力粉

「中力粉」は小麦粉の一種で、その特徴は硬質と軟質小麦の組み合わせから生まれます。それは一般的に家庭での使用が少ないかもしれませんが、その特性は特定の料理にとって欠かせないものです。この小麦粉は薄力粉と強力粉の中間の硬さを持ち、日本市場では主にオーストラリア産が流通しています。

中力粉の主な成分はタンパク質とグルテンで、その含有量は約9%です。これにより、他の小麦粉とは一線を画した特有の食感を生み出します。スーパーマーケットの中力粉の取り扱いは少ないため、一部の人々は薄力粉と強力粉を混ぜて自家製の中力粉を作ることもあります。

中力粉は用途が多岐にわたり、うどん、フランスパン、バゲット、おやき、すいとん、そばのつなぎ、ラーメンなどのメニュー作りに使用されます。これらの料理は、自宅での調理が少ないかもしれませんが、中力粉がそれらを構成する重要な要素です。その特質から、地方の郷土料理などでは地粉としてよく使用されます。

中力粉は、その特性と用途を理解すれば、さまざまな料理で活用できます。家庭でのお菓子作りや天ぷら粉としても使用可能なため、広範囲な用途に対策できる素材として喜ばれています。中力粉の容易な取り出しや、長持ちするパッケージデザインも評価されています。

小麦粉の種類②薄力粉

「薄力粉」とは、軟質小麦を原料とした小麦粉の一種で、その細かく砕かれた手触りと低いグルテン(小麦タンパク)の含有率からくる滑らかな質感が特徴です。グルテン含有量は8.5%以下となっており、これが料理の様々な食感を生み出す源となっています。

薄力粉は、お菓子作りの際によく使用されます。特にケーキ、ビスケット、クッキーなどの製造には必須のアイテムで、独特の軽やかで柔らかい食感をもたらします。さらに、粉もの料理においても非常に重宝し、特に天ぷらの衣として使用されることが多くあります。これは、揚げた際のパリッとした食感とサクサクとした口触りを作り出せるためです。

ただし、パンを作る際にはあまり適しておらず、それはパンの特性上、もっちりとした食感を求めるために高いグルテン含有量が要求されるためです。薄力粉にはその能力が欠けているため、パン作りには向きません。

日本で販売されている大部分の薄力粉はアメリカ産となっており、その使いやすさと多様性から日本の料理には欠かせない存在となっています。新しい食感を求めて、普段の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、一品としてご紹介したいのが、「日清 バイオレット薄力小麦粉」です。こちらの商品は小麦粉の粒子が非常に細かく、その品質の高さから洋菓子店でも使われています。また、和菓子を作る際にも使用すれば、きめ細やかで上品な仕上がりを楽しむことができます。

小麦粉 強力粉

小麦粉の種類③強力粉

強力粉は小麦粉の一種で、その製造には硬質小麦が使用されます。この粉はグルテンというたんぱく質が豊富で、含有量は全体の11.5〜13.5%にものぼります。そのため、通常「パンコムギ」や「Bread flour」などと言われ、よくパンの主成分として使われます。

その性質としては、他のどの小麦粉よりも弾力と粘りの強さが特徴となっており、これがしっかりと膨らんだものぐさな食感のパンを生み出します。ただし、この特性から、生地を作る際に固まりがでやすくなるため、注意深く混ぜる必要があります。

他にも、以下のようなメニューに強力粉が使われます。

・フレッシュなピザ生地

・自家製パスタ

・自作の餃子の皮

・手打ちラーメン

強力粉のもつ歯ごたえを活かすために、パン以外の料理にもよく使用されます。例えば、クッキーやビスケットにも強力粉が加えられることがありますが、その量が多すぎると結果的に食感が粉っぽくなるので注意が必要です。

また、強力粉の中でも特におすすめなのが「春よ恋」という製品です。これは国産小麦の一つである「はるゆたか」を改良したもので、特に小麦本来の風味を存分に楽しむことができます。その扱いやすさもあいまって、パン作り初心者からも高評価を得ています。

小麦粉と全粒粉・デュラムセモリナ粉の関係は?

小麦粉、全粒粉、デュラムセモリナ粉、これら全ては小麦が基本的な原材料ですが、製造方法や含まれる繊維量によりそれぞれ異なる特徴を持ちます。

最初に、小麦粉は、小麦の胚芽や外皮を取り除き、エンドスパーム部分を粉砕して作られます。その使われ方は多岐にわたり、パン、菓子、ソースなど、様々な料理に活用されます。

続いて、全粒粉はその名の通り小麦全体を粉砕し、小麦粉と比べて繊維質が豊富という特長があります。パンやセモリナに多用され、栄養価の高い食品を作ることが可能です。

最後に、デュラムセモリナ粉は、デュラム小麦という硬質小麦を大粒で挽いたもので、主にパスタの製造に使用されます。独特のコシと食感、香りが特徴です。

これら全て小麦から生まれますが、製法やその適用は大きく異なることがわかります。適切な小麦粉を選ぶことで、その調理法や料理の質を向上させることができます。そのため、それぞれの特徴を理解し、料理に適切に活用することが重要です。

小麦粉 強力粉

小麦粉と全粒粉・デュラムセモリナ粉の関係は?

店頭で小麦粉を探す際に、全粒粉やデュラムセモリナ粉という表記を目にしたことがあるでしょう。ここでは、小麦粉と全粒粉やデュラムセモリナ粉の関係について説明します。

全粒粉は小麦を丸ごと挽いたものです。原料である小麦の表皮や胚芽を取り除かず、丸ごと挽いた小麦粉を指します。通常の小麦粉は胚乳部分のみを使用していますが、全粒粉には表皮や胚芽に含まれる栄養素が豊富に含まれています。そのため、栄養価の高さから好まれる人もいます。

デュラムセモリナ粉は、タンパク質が豊富な小麦粉の一種です。主にパスタやマカロニの原料として使用されています。市販のパスタやマカロニが黄色味を帯びているのは、デュラムセモリナの胚乳の色によるものです。

まとめ

結論として、小麦粉と強力粉の違いはそれぞれの蛋白質含有量にあり、その特性は料理の食感やボリュームに影響します。小麦粉は日常の調理に適し、強力粉はふんわりとした食感を求めるパンやピザ生地に最適です。これらの違いを理解することで、料理の可能性は広がります。