糖尿病エリスリトール

糖尿病エリスリトール

糖尿病エリスリトール

エリスリトールは、天然由来の非栄養性甘味料として注目を集めています。近年、糖尿病患者の方々に幅広く利用されており、健康への影響が少ないことから、食品や飲料への活用が進んでいます。本記事では、エリスリトールの特性や効果、安全性などについて詳しく解説しながら、糖尿病との関係性に焦点を当てていきます。

糖尿病の人はゼロカロリー甘味料「エリスリトール」に要注意!?

糖尿病の患者さんにとって、健康的な食生活は非常に重要です。近年、甘味料としてエリスリトールの利用が広がっていますが、新たな研究で過剰摂取にはリスクがあることが明らかになりました。
アメリカのクリーブランドクリニック・ラーナー調査研究所が実施した研究では、様々な地域から集めた約4,000人の血液サンプルを分析しました。その結果、エリスリトールを多く摂取している人ほど、血栓症や脳卒中、心筋梗塞のリスクが高まることがわかったのです。
エリスリトールは血糖値を上げにくい天然由来の甘味料ですが、実は過剰摂取すると血液を固まりやすくする作用があるようです。特に心血管疾患の既往がある高齢者には注意が必要です。研究結果は権威ある学術誌「Nature Medicine」に掲載され、世界的に注目を集めています。
健康を守るためには、エリスリトールなどの甘味料の摂取量にも気を付ける必要があります。血糖コントロールと合わせて、総合的な食生活管理が大切なのです。医師や管理栄養士に相談しながら、上手に活用していきましょう。
糖尿病エリスリトール

エリスリトールを摂取すると血栓ができるリスクが高まる

エリスリトールは、低カロリーでありながら砂糖のような甘さがあることから、糖尿病患者や肥満予防の観点から注目されている食品添加物です。しかし近年、エリスリトールの摂取と血栓リスクの関連性が指摘されるようになりました。
2017年の研究では、エリスリトールを大量に摂取した場合、血小板が過剰に活性化し、血液が固まりやすくなることが分かりました。さらに2023年には、エリスリトールと冠動脈疾患の関連が報告され、注意が促されています。
研究の結果、基礎疾患があり血中エリスリトール濃度が高い人は、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まる可能性が示唆されました。研究リーダーのスタンリー・ヘイゼン氏は、「エリスリトールの血中濃度が上位25%の人は、下位25%に比べてリスクが2倍になる」と解説しています。
動物実験により、エリスリトールには血小板の働きを過剰に促進させ、血液を固める作用がある可能性が示されました。つまり、血栓ができ脳や心臓に移動することで、脳卒中や心筋梗塞のリスクにつながる可能性があるのです。
一般的な食品からの摂取量ではリスクは小さいと考えられていますが、過剰摂取には注意が必要です。血液をサラサラに保つための運動や食生活の見直しが重要となります。

まとめ

エリスリトールは糖尿病患者にとって有益な甘味料であり、血糖値を上げずに甘みを楽しむことができます。また、歯の健康にも良い影響を与えるため、幅広い食品への活用が期待されています。しかし、過剰摂取は下痢などの副作用の原因にもなるため、適量を守ることが重要です。糖尿病対策として、エリスリトールを上手に活用していきましょう。