くり 果物 - スイーツモール

くり 果物

くり 果物

秋の風が吹き荒れる季節、木々の葉が色づき始める頃、子どもたちの笑顔とともに一斉に飛び出す小さな宝物がある。それはまるで自然が与えてくれるプレゼント、"栗(くり)"である。その見た目はどこかユーモラスではあるが、中に秘められた味わいは、誰しもが思わず微笑む秋のデザート。今回は、この秋の収穫の星、果物としての栗に焦点を当ててみたいと思います。その豊かな旨みと栄養、さらにあまり知られていない利用法についても詳しく探ってみましょう。

栗(くり)って野菜?果物?

栗は果実?野菜?このような疑問を明らかにするために、まずこの問いの本質を考察するところからスタートしましょう。栗の正体を解き明かすと、ブナ科の落葉小高木や低木の成果であるということが判明します。従って、栗を「果実」と言い切ることが可能です。


しかし、我々が日常的に用いる「野菜」や「果実」というカテゴリは、学問的な対象というよりも、私たちが食材を分けるための手段となっています。具体的に言うと、普通に見て甘く、生食可能なものを果実、調理を必要としたり主菜と共に摂取するものを野菜として識別する傾向があります。


この議論を栗に当てはめて考えると、栗は栗ごはんや和菓子など調理による食事に用いられることが多い食材であり、それ故に「野菜」として捉える人も存在すると言えます。


したがって、答えをひとことに集約すると、栗は果実ではありますが調理法や食用目的により「野菜」と再認識する人がいると言えるでしょう。栗のような果実が、様々な用途や状況に対応する能力を持つ私たちの食生活において、これほどまでに魅力的であるゆえんは、その普遍的な多面性が要因となっているかもしれません。


なお、農林水産省の定義では、栗は果実にカテゴライズされています。これは何もさわり触れることなく自然の甘みを保持し、そのまま食事になり得る物体が果実とされる日本の考え方から来ています。それではなぜ栗が野菜に分類されないかと言うと、野菜は基本的に、地に根ざす植物であり、栗が属する木々は果実に位置づけられるからです。結局のところ、果実と野菜の定義を織り交ぜて参照し、栗の収穫の様子を見つける計ると、栗は果実と認められます。

くり 果物

栗(くり)の果肉・果実はどこ?

日々の食生活でお馴染みの栗。その美味しさと多用途さから、多くの人々から愛されています。しかし、一般的に「栗」というと、先ず思い浮かべるのは硬いブラウンカラーの外皮でしょう。しかし、これは果実の一部ではなく、その保護層に過ぎません。では、その内側の“果肉”はどこに存在するのでしょうか?


私たちが口にする栗の果物部分は、その外皮の中、さらに茶色い微弾力ある鬼皮の下に位置しています。その形状は平らな半球形で、色は淡い黄褐色をしています。これが食用になる部分で、栄養価が高く、その風味は甘く深い味わいが特徴的です。


この果実を取り出す作業は、外皮を砕き、鬼皮を剥がすことが必要です。しかしこれは一筋縄ではいかず、食べる前には適切な準備が求められます。少々手間がかかるかもしれませんが、但し、それは栗の美味しさを更に引き立ててくれるのです。


ですから、「栗の果肉はどこにあるのか?」という問いに対しては、外皮と鬼皮の下に存在すると答えることが出来ます。果実へのアクセスが難しいという特性は、他の果実と比較して異なる点と言えますが、それだけに口にした瞬間の満足感は格別でしょう。そのほっこりとした甘さと高い栄養価は、これからも我々の食卓を彩り続けることでしょう。

くり 果物

食用の部分は栗の種子

栗を味わう日本の人々が日常的に口にしているその香ばしさの源は、実の種子部分にあたります。つまりその甘み溢れる黄色い果肉は、栗の種子そのものなのです。一般的な果物とは異なり、栗では非果肉部分である種子が美味しく楽しまれていることが特徴と言えます。

栗は果物でなく木の実?

多くの人が「栗」を口にすることで馴染み深くなっています。ビタミンやポリフェノールなどの栄養が豊富に含まれているために、果物と思われがちです。しかし、そんな認識は一部誤っています。驚くことに、栗は実は木の実なのです。


我々が果物と称するものは、多くが植物の花から生じ、種子を保護する役割を担っています。一方で、栗は種自体であり、果実とは認識されていません。よって、科学的な視点から見れば栗は木の実に該当し、硬い殻に覆われた種子を持つのです。


もちろん、生活の中では、調理法や味わいから果物と言い換えることもあります。栗が独特の甘さや風味を持つお菓子の材料として使われることで、果物として認識されることもあるでしょう。


しかし、「栗は木の実である」この事実が、食材に対する理解を深め、食べ物の豊かさを感じる機会を与えます。果物か木の実か、その枠を超えた栗の存在は、常に我々の食に対する興味と好奇心を引き出すことでしょう。栗は果実と認識されていますが、それを木の実ともみなすことは間違いではないのです。

くり 果物

まとめ

日本全国で収穫される栗は、あっさりとした甘さとコクが魅力の季節の果実です。そのまま食べても美味しい栗ですが、料理に使えば一層その美味しさを引き立てます。また、ビタミンやミネラルなどの栄養が豊富で健康にも良いとされています。栗の可能性を存分に引き出すためにはどのような活用法があるのか、知っておきましょう。栗を秋の食卓に取り入れることで、日本の四季を味わいながら健康的な生活を手に入れられるはずです。