ケーキ 持ち運び - スイーツモール

ケーキ 持ち運び

ケーキ 持ち運び

ケーキはいつでも喜びを生み出す絶対の定番です。誕生日、記念日、祝い事、ただの日常の贈り物としても、その甘く豊富な風味とクリエイティブなデザインは人々の心を豊かにします。しかし、ケーキの美しさとインパクトを維持しながら、それを体系的に持ち運ぶにはどうすれば良いのでしょうか?この記事では、ケーキを安全かつ綺麗に持ち運ぶための適切な方法を探求します。

Sale Off
【冷凍】恐竜の立体ケーキ | ケーキ | ケーキ工房モダンタイムス|恐竜 ケーキ 通販・恐竜 誕生日ケーキ・誕生日ケーキ 恐竜・恐竜ケーキ・恐竜 ケーキ 手作り - スイーツモール

恐竜好きな子供のお誕生日/バースデーケーキケーキに♪おすすめの立体恐竜ケーキ

オリジナルケーキ専門店だからできるケーキの中身は苺・洋梨・黄桃

世界にひとつだけの笑顔になれるケーキ♪

ホールケーキの本体(土台)はスポンジ・生クリームで

立体部分はホワイトチョコレートと

マジパン(アーモンド・砂糖)でお作りします

オリジナルケーキ専門店だからできるケーキの中身は苺・洋梨・黄桃。

世界にひとつだけの笑顔になれるケーキをプレゼントに♪

様々な大 き さ のサイズに対応しており、もちろんベースでも可能です。

誕生日ケーキ、バースデーケーキにぴったりの一品です。


【特定原材料】


卵、小麦、乳、アーモンド、もも


【賞味期限】


冷凍保存1週間

解凍後、冷蔵保存翌日


【保存方法】


要冷凍(-18℃以下)


【配送方法】


冷凍


ジェンダーリビール特集はこちら

・豆知識

一番古い恐竜はどんな恐竜?

現在知られている恐竜の中で最古のものは、約2億3,000万年前に存在したとされる「ネオティフォムス」です。ただし、この恐竜は非常に原始的な形態をしており、恐竜として完全な形で進化する前の段階のものとされています。より進化した恐竜としては、約2億2,000万年前に現れた「エオラプトル」や、「セイスモサウルス」などが挙げられます。


恐竜好きな子供に人気の恐竜は?

恐竜好きな子供に人気の恐竜トップ3は以下の通りです:

  1. ティラノサウルス - 最も有名で、大型の肉食恐竜で、頭部には大きな歯と強力な顎があります。
  2. トリケラトプス - 三角形の頭部を持つ植物食恐竜で、その頭部には角やフリル状の骨があります。
  3. ヴェロキラプトル - 小型の肉食恐竜で、特にジュラ紀の後期に生息していました。鋭い爪を持つ恐竜として知られています。


その他の立体ケーキ特集はこちら

電車ケーキはこちら

車ケーキはこちら

キャラクターケーキはこちら


ケーキ工房モダンタイムス

¥10,000

ケーキの持ち運びの注意点とは?

特別な日に欠かせない、ケーキ。その持ち運びには、いくつか気を付けるべきポイントがあります。
1つ目はケーキの形状を保持することです。ホールケーキでも分けられたケーキでも、輸送中のケーキ型の変形は避けたいですよね。特にホールケーキを持ち運ぶ際には、専用のケーキボックスが最適です。金具が付いたトレイが含まれていて、型崩れを防ぎます。さらに、ケーキボックスは各種サイズがありますので、ケーキの大きさに応じて選ぶことが可能です。
2つ目は温度管理となります。多くのケーキには生クリームが含まれており、もし10℃以上になると溶けてしまいます。ですので、保冷剤を使い、ケーキを冷やすための環境を整える必要があります。保冷剤の寿命を考慮し、必要であれば持ち替えるようにしましょう。また、保冷バッグやクーラーボックスなどを使用すれば、より安全にケーキを運ぶことができます。
そして最後には、ケーキを直射日光や高温多湿から遠ざけることです。特に夏場や自動車内の高温などは注意が必要です。ケーキを持ち帰る際には、可能な限りエアコンで車内を冷やし、適切な状態にしておきましょう。
以上の3点、形状の保持、温度管理、直射日光や高温多湿の防止を守ることで、ケーキの美味しさをそのまま保つことができます。ケーキを持ち帰る際のヒントとしてぜひ活用ください。

保冷に使えるものは保冷バッグの他に何がある?

保冷バッグを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実はその他にも保冷に利用できるアイテムがあります。その中でも一際優れた保冷能力を誇るのは、発泡スチロール箱です。持ち運びには少々不向きですが、長時間の保冷が可能で、保冷剤よりさらに優秀と言えるでしょう。
また、スーパーマーケット等で入手可能な氷やドライアイスも保冷の手段として有効です。ただし、氷は解けると箱全体を濡らしてしまう可能性もあるため、特に長距離の移動や夏場に使用する際は注意が必要です。
さらに、保冷バッグやクーラーボックスの隙間を埋める役割として、保冷剤や氷タオルを詰め込むという方法もあります。これは、運搬中に商品が揺れて形が崩れる、例えばケーキなどのデリケートなものを運ぶ際に特に有効です。
これら以外にも、日常生活やアウトドア活動に活用できる保冷アイテムはたくさん存在し、それぞれのライフスタイルに合わせた使い方が可能です。そのメリットを知って、保冷の可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

持ち運びに向いているケーキは何がある?

「どんなケーキが持ち運びに適しているだろう?」という問いに、多くの人が頭を悩ませることでしょう。ここでは、移動に適したケーキの選び方をいくつか提案します。

最初に挙げるべきは、耐久性です。特に鮮やかな飾りつけよりもシンプルなデザインのケーキが望ましいです。パウンドケーキやロールケーキ、ガトーショコラなどはシンプルな形状が特徴で、移動中の型崩れも少ないため、持ち運びに最適です。

次に考慮すべきは、保管性です。生クリームを多く使ったケーキは温度管理が難しくなるため、フルーツタルトや焼き菓子のような、常温でも保存できるケーキが良い選択となります。

そして、ラストになりますが、包装も重要なポイントです。堅牢な箱にしっかりとパッケージされ、ケーキが動かないように配慮されたものが理想的です。現在では、このような配慮をしてくれるケーキ屋さんも多く見受けられます。

これらの視点からケーキを選ぶことで、美味しいケーキを確実に目的地までお届けすることが可能となります。それぞれの状況に応じてケーキを選んでみてください。

ケーキ 持ち運び

専用のケーキボックス以外で使えるものは?

ケーキを特別な箱に入れるという考えを捨ててみましょう。その代わりにあなたの家にすでにあるアイテムを効果的に利用することを考えてみてください。

まずは、大型タッパー。ほとんどの家庭にはさまざまな大きさのタッパーがあります。あなたのケーキサイズに合うタッパーがあれば、それを立派なケーキボックスとして利用することが可能です。ただし、タッパーを使う場合、フタ部分にケーキを置き、本体を上から覆うようにしてケーキを保存します。これにより、ケーキの出し入れが簡単になります。また、タッパーをケーキボックス代わりに使用する際に注意すべき点は、ケーキが動かないように適切なパッドや固定材を使用することです。

また、大入りのお菓子やお煎餅が入っていた缶や箱も、ケーキボックスに相応しい形状であれば、持ち運び用のホールケーキ容器として再利用できます。贈答用のバウムクーヘンが入っていた化粧箱などは、丈夫さとデザイン性を兼ね備えた優れたケーキボックスの代わりとなります。

さらに、重箱もケーキの持ち運びに使えます。大きな重箱を逆さまにすれば、大きなケーキでも対応できる便利なケーキボックスに変身します。ただし、重箱はパーツがずれやすいので、ケーキをセットしたら、重箱がズレないように必ずテープ等で固定することを忘れないでください。

専用のケーキボックスがなくても運びたいケーキはあきらめないで、身近にある物を利用しましょう。心機一転、美味しいケーキを新たに見つけたケーキボックスで楽しみましょう!

まとめ

ケーキの持ち運びは一見難しそうですが、適切な方法を知っていれば難しくはありません。種類や形状に合わせた箱を選び、冷蔵・保冷対策をすること、なるべく揺れを避ける配慮など、綿密な準備と注意が大切です。以上のポイントを抑えれば、美しいケーキを傷つけることなく持ち運び、誰もが笑顔になる特別なプレゼントを届けることができます。