ママレードとは

ママレードとは

ママレードとは

ママレードとは、世界中で親しまれているジャムの一種です。オレンジの皮と果汁を使って作られる風味豊かなスプレッドで、朝食のトーストはもちろん、お菓子作りにも幅広く活用されています。ママレードは、単なる食材以上の存在です。歴史と文化の香りを纏った、魅力的な調味料なのです。

マーマレードとは?ジャムとの違いや使い道などを解説

「マーマレード」という名前は聞いたことがあるけれど、一体どんな食べ物なのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。パンにぬったり、お菓子作りに使ったりするイメージはあるものの、ジャムとの違いは意外と知られていません。
マーマレードは、柑橘類の果実を丸ごと煮詰めて作る伝統的な保存食品です。オレンジが一般的ですが、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系フルーツを使うことも可能です。これに対してジャムは、果汁のみを使い果肉は取り除きます。つまり、マーマレードは果肉が入っているのが最大の特徴なのです。
この違いから、マーマレードは独特の食感と、爽やかな香りと酸味が楽しめるのが魅力です。一方ジャムは、なめらかなペースト状の食感になります。また、柑橘系の素材ならではの豊かな風味が際立つため、パンに塗るだけでなく、様々な料理に使えるのがマーマレードの強みと言えるでしょう。
マーマレードのよく知られた用途としては、朝食時のトーストや、イギリス菓子のスコーンに塗るのが一般的です。さらに、ケーキやタルトのフィリングやコーティングなど、お菓子作りにも重宝されています。また最近では、肉や魚のグレイズソースにも使われ、さわやかな風味を楽しむ使い方が広がってきました。

マーマレードはジャムの一種?

ジャムとマーマレードは、それぞれ異なる製法と特徴を持つ伝統的な保存食品です。ジャムは主にベリー類やリンゴなどの果肉を砂糖と共に加熱して作られますが、マーマレードは柑橘類の果皮や果汁を長時間加熱し、香りと苦味が濃厚な風味を持ちます。また、マーマレードには果皮が入っており、独特の食感を楽しめます。

マーマレードは18世紀ごろからイギリスで親しまれ、朝食用だけでなく料理の隠し味としても幅広く使われてきました。近年、日本でも洋風コンフィチュールとして人気が高まっています。一方で、ジャムはベリー類などの果実を使った伝統的な製法で作られ、マーマレードとは一線を画した味わいがあります。

ジャム類は、JAS規格により「ジャム」「マーマレード」「ゼリー」に分類されます。ジャムはマーマレードやゼリー以外のものと定義され、マーマレードは柑橘類の果皮が入っているものとされています。このように、使用する果実や製法の違いから、ジャムとマーマレードは異なる特徴を持つ保存食品なのです。

ママレードとは

マーマレードとジャムの違いを詳しくチェック

マーマレードとジャムは、原材料や製造方法の違いから、それぞれ独自の風味と食感を持つ保存食品です。

ジャムは、いちご、りんご、ブルーベリー、ぶどうなど様々な果物の果肉と果汁のみを使用して作られます。使用する果物の甘みとジューシーな味わいが特徴で、なめらかな食感が楽しめます。

一方、マーマレードは、オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類の果実を原料とし、果肉と果汁に加えて果皮も使用されます。果皮由来のほろ苦さと、柑橘ならではの爽やかな酸味が魅力で、ジャムよりも甘みを控えめにしたあっさりとした味わいが特徴的です。

ジャムは英語で"JAM"と表記され、語源は古英語の"CHAM(ぐちゃぐちゃ噛む)"とされています。一方、マーマレードは"marmalade"と表記され、ポルトガル語の"マルメロ(西洋かりん)"に由来しています。

このように、原材料や製法の違いから、マーマレードとジャムはそれぞれ異なる風味と食感を持ち、用途に応じて使い分けられている保存食品なのです。

マーマレードとジャムの歴史

果物の香り豊かな伝統的な保存食品、マーマレードとジャムの由来は古く、時代と共に愛されてきました。

マーマレードは、オレンジの皮と果肉を砂糖で煮詰めて作られる伝統的な保存食品です。その語源は、ポルトガル語の"marmelo"(西洋なつめ)に由来すると言われ、16世紀にイギリスに伝わり貴族の間で人気を博しました。18世紀半ばにはスコットランドで、避難した船からの余剰オレンジを使った販売がきっかけとなり、現在のマーマレードの形となりました。

一方、ジャムは様々な果実の果汁と砂糖を煮詰めたものです。その起源は中世の修道院で作られた保存食にまでさかのぼり、19世紀半ばには製法の改良と保存技術の進歩で一般家庭でも手作りできるようになりました。価格の低下により庶民の味方ともなり、パンに合う朝食スタイルが定着しました。

素材本来の風味を生かした伝統的な味わいのマーマレードとジャムは、時代を超えて世界中で愛され続けています。

ママレードとは

マーマレードの作り方

柑橘の香り豊かな自家製マーマレードは、朝食を彩る絶品スイーツです。基本の材料は柑橘類、グラニュー糖、砂糖の3つ。下ごしらえした柑橘の皮、果肉、種をグラニュー糖と一緒に煮詰めていけば、本格的な味わいが楽しめます。種を入れることでなめらかな食感に仕上がります。

オレンジを使ったマーマレードが一般的ですが、夏みかんやデコポンなど、日本生まれの柑橘類でもおいしく作れます。グレープフルーツやレモンを使えば、さわやかな酸味が加わり、すっきりとした味わいに。様々な柑橘を試して、お気に入りの風味を見つけるのも面白いでしょう。トーストにこれがけるだけで、朝からハッピーな気分になれること間違いなしです。

マーマレードの使い道

マーマレードは、柑橘類の香り高い果実を砂糖で丁寧に煮詰め、なめらかでコクのある味わいと繊細な苦味を楽しめる英国伝統の保存食品です。トーストにぬるのが一般的ですが、その活躍の場は無限に広がります。

お菓子作りにマーマレードを加えれば、タルトやケーキ、スコーンなどに柑橘の爽やかな香りと味わいのアクセントが加わります。グレーズとして使うのも絶品です。お料理でも活躍します。豚肉や鶏肉の煮込み料理に加えれば、うま味が増して風味をより一層引き立てます。ドレッシングやマリネ、和風や洋風を問わず、意外な相性の良さを発揮するでしょう。

一見地味な保存食品のマーマレードには、無限の可能性が秘められています。お菓子作り、料理と幅広く使えるので、ぜひ様々な用途でお試しください。

マーマレードを使うレシピ5選

マーマレードは柑橘の香りと味覚の調和が魅力的な万能調味料です。マーマレードを使った人気レシピをご紹介しましょう。

1. ワインに合う。マーマレード入りキャロットラペ

キャロットラペにマーマレードを加えれば、さわやかな風味が加わり味が格上げ。おしゃれなお惣菜としてサンドイッチに合わせたり、ワインのおつまみとしても最適です。

2. 香り豊か♪鶏手羽元のマーマレード煮

しょうゆとマーマレードの2つの調味料で作る、こっくり美味しい一品。マーマレードの甘酸っぱさがくせになる味わいで、にんにくの風味も相まって食べ応えばつぐんです。

3. ソースに合わせて。豚肩ロース肉のマーマレードソース

小麦粉をまぶして焼いた豚肩ロース肉に、マーマレードを使った甘酸っぱいソースをかけるレシピ。お肉の固さを抑え、さっぱりといただける一品に。

4. ホットケーキミックスで!マーマレード入りオレンジケーキ

ホットケーキミックスを使ったオレンジパウンドケーキに、オレンジマーマレードを練り込みます。柑橘の風味豊かで、紅茶のおともに最適です。

5. 材料3つのみ。マーマレードのオレンジミルクアイス

マーマレード、牛乳、マヨネーズの3つの材料で作る手づくりアイス。余ったマーマレードを消費したい時におすすめの、手軽で美味しいレシピです。

まとめ

ママレードは、単なる食べ物以上の価値を持つ魔法のような存在なのです。伝統の技に裏打ちされた製法と、時を経ても色あせない味わいは、人々の心に深く刻まれています。ママレードが持つ暖かな甘さは、家族の団らんや友人との語らいを彩り、人と人との絆を強めてくれるでしょう。一口にしてはいけない、歴史と文化が香る素晴らしい調味料なのです。