ホットクとは - スイーツモール

ホットクとは

ホットクとは

風味豊かな甘さがほっと一息つかせる、韓国風ストリートフード、「ホットク」。あなたはこの言葉を聞いたことがありますか?冬の寒さを吹き飛ばすことで知られ、その独特な魅力に魅了される人々が後を絶たないホットクは、韓国を訪れた際には必ずと言っていいほど味わう人々に愛されている伝統の逸品です。今回、当記事ではこの「ホットク」にスポットライトを当て、その起源から楽しみ方まで詳しく紐解いていきたいと思います。

ホットクとは?どんな食べ物?

ホットクとは何か、それはどういった食べ物なのでしょうか。また、ホットクの中身は一体何でしょう? この文章ではホットクの起源やその具材について詳しく説明します。
ホットクは、韓国から生まれたスナックで、とても人気のあるものです。主にコメや餅米、あるいは小麦粉で作られる生地に、シナモン、ナッツなどを包み込み、それを油で焼き上げるという方法で作成されます。日本におけるどら焼きに近い味わいを持ち、パンケーキのような外見をしています。
ホットクの原型が作られたのは、19世紀に中国から韓国に移住した商人たちによるとされています。彼らは自身の故郷である中国の餅をモデルに、ホットクを発明しました。この名前は中国語の"胡餅"に由来しており、"外国の餅"という意味を持ちます。雪が舞う寒い季節に、この甘いおやつは特に人気で、多くの露店で販売されています。
ホットクの具材にはさまざまなものが使用されます。一般的には、黒糖やナッツといった甘いものが入っています。しかし、それぞれの露店やお店自体の個性により、具材となるものは幅広い選択肢から選ばれます。近年では、一部の健康志向の強い店舗では、何も入っていない生地だけのホットク、または油を使用せずに作られたホットクを提供することもあります。
ホットクの味わいはどのようなものでしょうか。一言でいえば、美味しいです。その食感もまた、多くの人々を虜にします。主に餅米粉や小麦粉を使用し、中には白玉粉を混ぜて作られるホットクは、一度食べればそのもちもちとした食感にハマってしまうことでしょう。その人気は、日本でもカルディや業務スーパーなどでホットクが販売されるほどにまで広がっています。

ホットクの作り方・レシピは?

日本でも多くのファンを持つホットク。外で買って食べるのも良いですが、自宅で作るのも一般的な材料を使って簡単にできますよ。なんといっても、一度作り方を覚えてしまえば、手間なく準備することができます。また、予め準備しておけば、パーティーや急な来客時にもすぐに提供できます。
【6人分】
- 強力粉:130g
- 白玉粉:80g
- 砂糖:小さじ2
- ドライイースト:小さじ1
- 塩:小さじ1/2
- 水:170g
【チーズホットクバージョン】
- チーズ:100g
- 砂糖:小さじ2
【ハチミツホットクバージョン】
- ハチミツ:大さじ1
- 黒砂糖:大さじ1
- 白砂糖:大さじ3
- シナモン:少量
ホットクのレシピは変わることはありませんが、日本で作る場合には原材料にもち米が使われている白玉粉を使用するのが一般的です。具材はお好みで、チーズや黒砂糖など、自分や家族が好きなものを選んでください。ただし、焼き立てのチーズや黒砂糖は高温になるので、食べるときに火傷しないように注意が必要です。
ねっとりとしたホットクを自宅で楽しんでみてください。暖かみのある甘さが、寒い季節にもぴったりですよ。自分の手で作るホットクで、冬の寒さも忘れてしまうほどの時間を過ごしましょう。

ホットクとハットグの違いとは?

冬の訪れと共に香ばしい香りが広がると、多くの人が想像するのが「ホットク」でしょう。この名前は少し見慣れないかもしれませんが、これは韓国生まれの伝統的な冬のデザートで、注目すべき美味しさを持つ一品なのです。その製法は、小麦ともち米を組み合わせた柔らかな生地に、シナモンと黒糖、クルミをふんだんにまぶし、それを丸く焼き上げるというもの。こうして仕上げられたホットクの甘さが、寒い冬の中に暖かさとともに広がります。
一方で、同じように冬の時期に人気を集める「ハットグ」にも触れておきましょう。この名前もまた馴染みが薄いかもしれませんが、北海道で生まれたとされるこちらは、有名なホットサンドの一種です。重厚なパンに具材を詰め込み、それを焼き上げるこの食べ物は、ジンギスカン風味の豚肉とバターを挟んだ一品が特に注目を浴びます。また、カレーやチーズといったバリエーションを楽しむことも可能で、これを選ぶ楽しさもハットグの魅力の一部。
ホットクとハットグはその見た目の類似性から、しばしば混同されることがありますが、その起源や特徴は大いに異なります。ホットクは韓国で生まれた甘いお菓子で、ハットグは北海道で誕生したホットサンドという立ち位置にあるからです。冬の日本での特別な時間は、これらの温かい食べ物を優雅に味わうことから始まるはずです。その各々の美味しさを、この季節を通じて存分に楽しむことをお勧めします。
ホットクとは

冷凍ホットクの通販商品のおすすめ

ホットクが好きだけど自宅で作るのが難しかったり、近くに売っているお店が見つからないとお困りの方に朗報です。オンライン通販で簡単に購入できる冷凍ホットクが存在します。自宅で簡単に調理して温めるだけで、本格的なホットクが楽しめます。ここでおすすめの商品を2つピックアップしましたので、ぜひご覧ください。
1. チーズ&ベーコンホットク
これはホットク専門店が作っているホットクで、その味は日本人の舌にピッタリ。チーズやチョコレートを使用したものもあり、甘さを抑えたい方におすすめです。
・ホットク専門店のショップ:トワヨ
2. 韓国伝統のホットク
本場韓国の味を家庭で楽しみたい方には、黒糖、ナッツ、クルミが入ったホットクがおすすめです。溶け出した黒糖が口の中で広がり、美味しい甘さを楽しめます。油を使わずに調理すれば、ヘルシーなデザートにもなります。
・韓国料理専門店のショップ:韓餐『ソウル 手作りホットク』(180g|60g×3枚入)
これらの商品を通して、韓国屋台のような本格的な味わいをご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

韓国の息を呑むような美味と伝統が息づく「ホットク」。甘さと風味の調和が織りなすその美味は一度食べれば忘れられない味わいです。その起源から楽しみ方までを深堀りし、あなたもホットクの魅力に魅せられてみませんか?今宵、この美食の旅路へ一緒に出発しましょう。