ケーキ 4号とは

ケーキ 4号とは

ケーキ 4号とは

ケーキは、誕生日やパーティーなど、様々な祝い事に欠かせない存在です。その中でも、4号サイズのケーキは家族や小規模のパーティーに最適なサイズです。ケーキ 4号とは、一体どのくらいの大きさなのでしょうか。このサイズのケーキの特徴や用途、注文方法などを詳しく解説していきます。

ケーキの号数とサイズの関係

ケーキの大きさを表す番号、いわゆる"号数"は実は昔の尺貫法という長さの単位に由来しています。1号が直径約3cmなので、号数に3を掛けることで直径のサイズが計算できるのです。

例えば、4号サイズは直径約12cmで2〜4人前程度の大きさとなります。一方で7号は直径約21cmとなり、8〜10人前相当のボリュームがあります。最大の18号サイズは直径約36cmにもなり、大人数での利用に適しています。

ただし、この号数と人数の目安は製菓店によって多少異なる場合があります。また、ケーキの種類やトッピングの量によってもボリュームが変わるため、同じ号数でも適した人数が変わることがあります。シンプルなタルトと生クリームがたっぷりのショートケーキでは、ボリュームが全く異なります。

ケーキを選ぶ際は、利用人数に加えて食べる人の好みやシーン、ケーキの種類も考慮して最適なサイズを選ぶことが大切です。事前に確認を怠らず、楽しいケーキタイムを過ごしましょう。

ケーキ 4号とは

お店のケーキは4号から6号が一般的

ケーキのサイズ選びは、人数に合わせて賢明に判断することがポイントです。4号(直径12cm)から6号(直径18cm)が一般的で、2~4人なら4号、5~8人なら5号、8人以上なら6号がおすすめとされています。ただし、ケーキは単なる食べ物ではなく、大切な人々との思い出の味わいに変わるものです。家族や友人と囲む際は、あらかじめ希望の形やサイズをお店に相談し、作ってもらうのがベストでしょう。ケーキが残っても翌日美味しく味わえる点も魅力の一つ。好みのサイズを選び、楽しい時間を過ごしましょう。

まとめ

ケーキ 4号は、直径約15cmの小ぶりなサイズです。2~4人前程度の量で、家族のお祝いや小さなパーティーに最適です。洋菓子店やスーパーのケーキ売り場で手軽に購入できます。ホームパーティーなどで手作りされる方も多く、その場合はレシピに従って作れば簡単です。小ぶりながらも存在感があり、大人数のパーティーでは量が足りないかもしれませんが、家族や少人数の集まりには丁度良いサイズのケーキと言えます。