アフターヌーンティーとは - スイーツモール

アフターヌーンティーとは

アフターヌーンティーとは

紅茶が香る午後、シュガーやミルクをそっと加え、焼きたてのサンドイッチやスコーンと一緒に味わうひととき......そんなイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。これこそが一種の流儀、そして生活の一部ともいえる"アフターヌーンティー"です。あなたがもし今、伝統的なイギリス文化や洗練されたライフスタイルに興味を持っているなら、このアフターヌーンティーに詳しくなることは必須かもしれません。この記事では、アフターヌーンティーの深い世界に触れてみましょう。

アフタヌーンティーとは?

アフタヌーンティーという言葉を聞くと、ほとんどの人が思い浮かべるのは穏やかな午後の時間、一服のお茶とともにサンドイッチやスコーン、ケーキなどの美味しいお菓子を味わう光景でしょう。このイギリス発祥の文化は、午後のひとときを豊かに過ごすための実に美しい伝統です。
日本においても、アフタヌーンティーはホテルやカフェ、レストラン、そして特別なティールームで愉しむことができます。 スコーンやケーキ、サンドイッチが2〜3段に重ねられたアフタヌーンティースタンドは、その最たる例。このスタンドがもたらす優雅な時間は、日常生活ではなかなか味わえない特別なものでしょう。
アフタヌーンティーの起源は、1840年代のイギリス、ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリア・ラッセルへと遡ります。その当時、朝食と夜遅い時間の夕食の間には長い時間があり、空腹を紛らわすために午後の4時頃に紅茶と軽食を取る習慣が始まりました。これが今日のアフタヌーンティーの始まりであり、イギリスの高級な空間で楽しまれるようになったのです。
イギリスの茶文化にはアフタヌーンティーの他にも「ハイティー」という習慣があります。これはアフタヌーンティーが「おやつ」としての性格を持つのに対し、ハイティーは「食事」とされ、前菜やお肉のメイン、デザートなどボリュームあるメニューを楽しみます。アフタヌーンティーが午後4〜5時頃に行われるのに対し、ハイティーは午後6〜7時頃に行われます。
日本では「ヌン活」というフレーズも生まれ、アフタヌーンティーを楽しむ活動そのものを指すようになりました。特別なケーキスタンドに乗せられたスイーツやサンドイッチ、自分で選んだテーマに沿ったデコレーションなどを楽しみながら、無理なく自宅でアフタヌーンティーを愉しむことができます。その時間は一日の中で最もリラックスできる癒やしの時間となるでしょう。

アフタヌーンティーのメニュー

まず、アフタヌーンティーのメニューに欠かせないのが、繊細且つ芸術的なサンドイッチです。一昔前のアフタヌーンティーサンドイッチのスタンダードはシンプルな白いパンに新鮮なきゅうりが挟まれたものだったのですが、現代ではその内容は多様化し、色とりどりの具材が使用され、クラシックから斬新なものまで、さまざまなフレーバーが楽しめます。

次に、甘さ控えめのスコーンも見逃せません。この美味しいスコーンは、ホットで風味豊かで、クロテッドクリームとストロベリージャムをトッピングするのが一般的です。また、セイボリーなパイやキッシュなどもアフタヌーンティーに適しています。

そして、なんといってもアフタヌーンティーの主役は、上質な茶葉。「ティー」と名前がついていますから、もちろん主役はティー。ダージリンやアールグレイ、アッサムなどのクラシックな種類からフレーバーティーやハーブティーなど、香りと風味のバリエーションは無限です。

最後に甘いトリートとして、小麦粉にバターやショートニング、砂糖、卵などを使用し、焼き上げられたケーキやペストリーがあります。これら一つ一つは、丁寧に時間をかけて作られ、その繊細さはまさにアフタヌーンティーの豊かさを象徴しています。

アフタヌーンティーセットの見分け方としては、2~3段のアフタヌーンティースタンドで提供され、サンドイッチ、スコーン、ケーキの3つがそろえられ、そして上質なティーカップと茶葉が使われていること。これらの要素を備えたアフタヌーンティーは、一息つき、日常から少し離れた特別な時間を過ごすのにふさわしい逸品となっています。

アフターヌーンティーとは

アフタヌーンティーの食べ方の基本マナーや礼儀作法

アフタヌーンティーは、単に美味しい軽食と茶を楽しむのではなく、社交の一環ともなりえます。そのため、一定のマナーや礼儀作法が重要視されるのです。これからアフタヌーンティーに参加しようとする皆さんに、その一部を紹介します。

まず考えるべきは、礼儀正しい服装。通常、アフタヌーンティーでは、「スマートカジュアル」が好まれます。女性はソフトな色彩のブラウスやスカート、上品なワンピースが適しています。男性は製品染めのシャツにジャケットを合わせると、Good。デニムや露出の多い格好、砕けた靴は避けましょう。

お食事は通常は3段のスタンドに揃えられ、下段から上段へと進めてゆきます。サンドイッチは手で、スコーンは手で割って食べるのが基本。そして、会話は落ち着いたトーンで。

アフタヌーンティーで供されるナプキンは、セットが運ばれてくる前に膝に置き、口元はそっと拭きます。そして食事が終わったら、ナプキンは折らずにふんわりとテーブルに戻します。

紅茶の飲み方も一つの話題です。基本的には、ミルクを注ぐタイミングは自由です。自分の好みに合わせて、最高の一杯を追求してください。

これらのマナーや作法を守る事で、アフタヌーンティーは格段に楽しむことができます。特別な時間を、ぜひ素敵に過ごしてください。

東京・大阪のおすすめアフタヌーンティー5選

各地で楽しめるアフタヌーンティーは、その豊富な紅茶の種類が魅力です。また一部のお店では、紅茶やコーヒーなどのドリンクが飲み放題の特典があります。さらに、季節にマッチした特別なアフタヌーンティーイベントやフェアが開催されるお店もあり、「いちごアフタヌーンティー」や「桜アフタヌーンティー」など季節の風味を取り入れた紅茶が楽しめるのも大きな魅力となっています。

以下に、都市部を中心にアフタヌーンティーが楽しめる、東京と大阪のセレクトされた5つのカフェやホテル、レストランをご紹介します。

卓越したパティシェの季節感溢れるスイーツと上質な紅茶で知られる東京の「ホテルニューオータニ」は、都会の喧騒を忘れさせてくれる優雅な時間を演出します。「ホテルザ・マンダリンオリエンタル」では、セラミックアートに囲まれながら美味しいデザートを舌鼓し、その後は東京タワーの写真撮影もお楽しみいただけます。

一方、大阪の「リーガロイヤルホテル大阪」では、2階のラウンジから見下ろす美しい庭園を眺めながら、ゆったりとアフタヌーンティーを味わうことができます。「ティーソムリエ流 世界の茶葉ミュージアム」では、世界から集められた100種類以上の茶葉から選んで淹れてもらえる、ティーラヴァーにはたまらないサービスが提供されています。

どのお店も、至福の時間を最大限に楽しむために予約が必須です。個性的かつラグジュアリーなアフタヌーンティーを体験し、日常から一歩一瞬逃れて贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。詳細は各店舗の公式ウェブサイトをご確認ください。

アフターヌーンティーとは

まとめ

アフターヌーンティーは、イギリス流の優雅なブレイクタイムであると同時に、その根底に息づく文化、歴史、伝統を嗜む場なのです。ぜひ、時間に縛られず、ストレスから解き放たれた贅沢な時間を楽しむための一つの方法として、アフターヌーンティーを思い切って体験してみてはいかがでしょうか。特別な日常を生み出すための一歩として、素敵なアフターヌーンティーを。