シュガーロードとは - スイーツモール

シュガーロードとは

シュガーロードとは

シュガーロードとは何か、その魅力的な世界に触れたことがありますか?この素晴らしく、時には甘く、時には苦い旅路は、多くの人々を交差して人生に甘い光をもたらします。この記事を通じて、シュガーロードの本質を明らかにし、その独特な魅力について詳しく探訪していきましょう。

シュガーロードとは

「シュガーロード」とは、シルクロードになぞらえた比喩的な名称であり、日本の歴史的な交通路である長崎街道の愛称です。長崎街道は、現在の福岡・佐賀・長崎の3県にまたがる九州随一の街道で、江戸時代には長崎から小倉(福岡県北九州市)まで57里(約228キロメートル)の距離を、急峻な山道や険しい地形を超えて結ぶ難路でした。

この道は、幕府の役人や大名、オランダ商館長などの武士、商人、文人など、様々な身分や立場の人々が行き交い、活気に満ちていました。特に江戸時代、オランダ商館長や商人たちはこの道を利用して長崎から江戸へ向かい、交易や情報交換を行っていました。

「シュガーロード」という名前は、シルクロードのように長崎街道が異なる文化や人々をつなげる交流の場となったことを象徴しています。また、この名前は長崎が外国との交流の窓口であり、砂糖のような商品も国際的に取引されたことを示しています。この交通路は、日本の歴史と文化を豊かに彩る一端として、今なおその名前と歴史を伝えています。

シュガーロードとは

シュガーロードの歴史

長崎は、日本の歴史における特異な存在であり、シュガーロードの歴史がその背景に繋がっています。この交易路の歴史は以下のように展開します。

1571年の元亀2年、ポルトガルとの貿易港として長崎が開港されました。しかし、その後、幕府によるキリスト教の禁教政策や外国商人との交易の統制が行われ、日本は「鎖国」政策の状態となりました。この中で、長崎は西洋や中国との交流が残る唯一の貿易港となりました。

この時期、長崎はオランダ船や中国船が持ち込んだ珍奇な品物や文化が集結する場として栄え、日本の各地から人々が訪れました。この交流の中で、西洋や中国からもたらされた多岐にわたる貿易品の中には、砂糖も含まれていました。砂糖は当初は貿易船のバラストとして扱われていましたが、後には年間1500トンから2000トン以上にもなる量がオランダと中国から輸入される主要な貿易品となりました。

これらの輸入品、特に砂糖は、長崎会所という幕府の貿易機関を通じて取り扱われ、海路で大坂に運ばれてから日本各地に広がっていきました。つまり、長崎街道を通じて大坂へ運ばれた後、日本全国に流通される過程を辿ったのです。

シュガーロードの歴史は、長崎が異国の文化との交流の窓口として栄え、その中で様々な貿易品が取引されていたことを示しています。長崎の特異な地位と、そこを通じて広がった多様な文化や商品は、日本の歴史の一部として今なお語り継がれています。

深く結びついた長崎と砂糖

「砂糖と長崎」、この二つの単語は思わぬほど深いつながりを持っています。16世紀の南蛮貿易時代から、長崎は砂糖貿易の中心地として台頭。その結果、東洋と欧州をつなぐ長崎港は欠かせない砂糖の輸入先となりました。たくさんのポルトガル船が港に入ることから、いわゆる「カステラ」などの砂糖を使用したスイーツが地元に根付いていきました。


さらに、この異国情緒あふれる町、長崎では新たな食文化も生まれました。それは、砂糖の優れた甘さを最大限に活かしたもので、現在も人気の「長崎饅頭」や「中華まん」などが該当します。これらはどれも、豊かな砂糖をふんだんに使った甘さが特徴。その一方で、それらは砂糖の産地、長崎との深い関係を象徴しています。


この長崎と砂糖の歴史的なつながりは、現代でも色濃く残っています。観光客に愛される定番のお土産であり、地元の人々の日常的な食事にも欠かせない存在です。長崎市の街道はかつて「シュガーロード」と称され、砂糖やその他の異国の商品が日本の食文化に大きな影響を与えた証です。この長い歴史と深いつながりの元に生まれた、砂糖の甘さを引き立てる長崎の食文化。その歴史的な風味と深い歴史を感じるために一度足を運ぶ価値があるでしょう。

シュガーロードとは

代表的なシュガーロードのお菓子

シュガーロードの代表的なお菓子には、以下のような種類があります。


カステラ(長崎県長崎市)

カステラは16世紀の南蛮貿易を通じて伝わったお菓子で、ポルトガルからもたらされたとされています。長崎の老舗「福砂屋」の創業者・寿助はポルトガル人から製法を学び、カステラを初めて製造したとされています。


諫早おこし(長崎県諫早市)

諫早おこしは、佐賀藩の干拓や米の増産による余剰米を利用して作られたお菓子です。砂糖と余剰米を組み合わせて作られ、シュガーロードの一環として広まりました。


へこはずしおこし(長崎県大村市)

へこはずしおこしは、黒糖と自家製の水あめを使用して作られるお菓子です。中国の欣済上人に伝わった伝統的な製法を守り続けており、その名前はおいしさに気づかずに「へこ(ふんどし)」が外れてしまう逸話からきています。


逸口香(佐賀県嬉野市)

逸口香は、黒糖の餡を皮で包んで焼き上げることで空洞になるお菓子で、中国の空心餅を原形として生まれました。独特の食感と風味が特徴です。


小城羊羹(佐賀県小城市)

小城羊羹は、黒糖の餡を外側の皮で包み、シャリ感とやわらかさを兼ね備えたお菓子です。明治時代に始まった羊羹製造の伝統が続いており、独特の味わいが楽しめます。


丸ぼうろ(佐賀県佐賀市)

丸ぼうろは、ポルトガル語で菓子を意味する「ボーロ」に由来する南蛮菓子です。鍋島藩の御用菓子司である横尾市郎右衛門が長崎で製法を学び、佐賀に持ち帰りました。藩や寺院に納められるお供え菓子として広く愛されました。


千鳥饅頭(福岡県飯塚市)

千鳥饅頭は、千鳥屋という店で誕生した焼きまんじゅうで、南蛮菓子の製法を取り入れています。カステラ生地で白餡を包み焼き上げた菓子で、新しい味わいが楽しめます。


金平糖(福岡県北九州市)

ポルトガルから伝わった金平糖は、ケシの実やゴマを核としたものでしたが、日本では砂糖のみを使った金平糖が生まれました。宣教師ルイス・フロイスによって北九州に持ち込まれ、その後普及しました。


これらのお菓子は、シュガーロードを通じて伝わった異国の影響や技術が結びついて生まれたものであり、地域ごとの特徴や歴史が反映されています。

まとめ

シュガーロードは、異なる文化や国際交流が交わる場としての重要性を持ちながらも、日本の歴史や地域の特徴を反映したお菓子や文化の広がりの一例でもあります。その名は、長崎街道を通じて伝わった砂糖の歴史と交易の重要性を象徴しています。