角餅とは - スイーツモール

角餅とは

角餅とは

日本の伝統的な和菓子の中には、その素朴な風味が心と舌を満たしてくれるものが数多く存在します。そんな中でも、一部地方で親しまれ続けている固有の菓子があります。その一つが「角餅」です。「角餅」とはいったい何なのでしょうか。そもそもその名前を耳にしたことがあるでしょうか。また、手作りする際のコツはあるのでしょうか。本記事では、「角餅」について詳しく解説していきます。

丸餅と角餅の違いとは

日本の伝統的なスイーツであるお餅は、大まかに「角餅」と「丸餅」の2つの形状に分類されます。特に丸餅は祝い事や年末の餅つきなどで用いられ、その丸い形は円満な人生を象徴し、新年の始まりや各種の祝いに重宝されています。


一方で、角餅はお正月の雑煮などでよく目にします。この四角い餅は宮廷での使用から広まり、伝統的に神聖視されてきました。地域による嗜好の違いも見受けられ、たとえば角餅は主に東日本で使われ、一方の丸餅は西日本で多く用いられてきました。


けれども、これらのお餅は形状だけでなく、食感や風味にも違いがあります。丸餅はシンプルで素朴な美味しさが魅力の一方、角餅の四角い断面は独特の噛みごたえを提供します。大量に作るために伸ばして切る角餅は、その運搬の便利さから東日本へと伝播したと言われています。


形状の違いから派生するその用途や食感、風味の違いを理解することで、日本のお餅に対する理解が深まり、それぞれの特性を楽しむことができるでしょう。

角餅とは

角餅の由来

角餅は、日本の伝統行事の一部であり、特に雛祭りでは不可欠なお菓子です。その起源については複数の仮説が存在しますが、最も一般的に言われているのは、「角(すみ)に不運が集まる」から遠ざけるため、あるいは、餅が元々持つ形のなさと善悪の双方を結びつけ、四隅に角をつけて形状を可視化し、災いを避けるという意味が含まれているというものです。


さらに、別の説では、古代中国の慣例から派生したとも言われています。この慣例とは、ある戦士が戦の勝利を願い、角が付いた鎧の形をした餅を作り、神々へ奉げたものだと言われています。この習慣が日本に伝わり、角餅の形となり続けていると考えられています。


角餅は見た目は単純なお菓子ですが、その起源には古代の人々の暮らしや文化、思考が深く刻まれています。時代を超えて続いてきた角餅は、私たちが古代の人々から教えを受けて考慮を深めるための重要な素材であり、伝統的な節句のような行事を通じて、その歴史を現代に伝えています。

日本全国における、餅の形状の「分布エリア」

全国的に見ると、餅の形状というのは地域性を色濃く反映しています。その根底には、長い歴史を持つ文化と伝統が存在しています。


一般に最も見かけるのは、円形の餅でしょう。祝事やお供え等、程度の高い儀式で使われることが多く、全国共通のスタイルと言えます。


加えて、西日本に目を向けると四角形や長方形の餅が主流であることが分かります。「干餅」という、保存の利便性を追求した干物が起源であり、地元民からはお菓子として親しまれています。


一方で、東日本では丸々とした餅が多く見受けられ、その特徴的な事例として群馬県が挙げられます。早期から餅つきの伝統があり、「上毛かるた」で名高いお任せ餅が存在します。


そして、全国の中には特異な形状の餅を生んだ地域も見受けられます。鳥取県の「ダルマ餅」は黒ゴマが眼を象っている一方、北海道の「いももち」は南瓜の形をしています。


以上のような形状の差異は、地方ごとの気候や生活、文化が影響しています。それらは日本の多様性を象徴するものと言えます。岐阜県や福井県、そして石川県、三重県、和歌山県といった地域では丸餅と角餅のどちらも用いられ、特に山形県の庄内地方は角餅が主流の東日本に位置しながらも、大阪や京都から運ばれてきた文化の影響を受け、丸餅が食されているという独特の状況も見られます。

角餅とは

まとめ

「角餅」は、もともとは福井県の郷土菓子で、見た目は独特のひし形、素朴な甘さを感じることができます。原材料はたったの二つ、もち米と砂糖だけ。しかし、その製造過程は繊細で、角餅の特徴であるひし形に成形することが求められます。その手間ひまが、角餅の深い風味となって表れるのです。この日本の伝統的な味を、ぜひご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。角餅の作り方も解説していますので、ぜひチャレンジしてみてください。