みかん旬とは - スイーツモール

みかん旬とは

みかん旬とは

果物と言えば季節ごとにその風味を楽しむことができ、まるで自然の恵みを直接受け取っているかのような気持ちにさせてくれます。特に、冬の訪れと共に色鮮やかなオレンジ色に輝く「みかん」は多くの人々に愛されています。一つひとつ丁寧に皮を剥き、その甘みとほんのりとした酸味を堪能する。それはまさに冬の風物詩とも言えるでしょう。では、このみかんが一番美味しくなる"旬"とはいつなのでしょうか? これからその問いに迫ってみたいと思います。

みかん(温州みかん)の旬は?

四季折々の恵みを愛する日本人にとって、秋から冬にかけてのみかんは欠かせない味覚です。特に温州みかんの甘味と豊富な果汁は、寒気をしのぐ活力源として重宝されます。その旬は一般的に10月から12月とされており、この間に果実は最も甘く、果汁も豊富になります。また、12月の冬の寒さが温州みかんの甘味を一層引き立て、冬の味覚として広く親しまれているのです。


しかし、旬は地域や品種により多少異なることもあります。例えば、温暖な地域である高知県や愛媛県などでは、9月から旬を迎える場合もあります。また、異なる品種のみかんの旬も違い、「新しきみかん」は11月から2月、「ねぶたみかん」は年末から2月初旬までとなります。


品種別に見てみると、9月〜10月に旬を迎える極早生みかんや10月下旬〜11月上旬に旬を迎えるはや早生みかんも存在します。これらは早く収穫が可能で、果皮に緑色が残っていることもありますが、品種改良により美味しさを感じられます。


さらに、「早生みかん」は11月から収穫される温州みかんで、基本的にその旬は11月〜12月となります。果皮が柔らかく剥きやすいという特徴があり、また甘みもまろやかになります。


そして冬になると、中生みかんや晩生みかんと呼ばれる品種が収穫されます。「青島温州」「寿太郎温州」などが代表的で、特に冬には「青島温州」が長期の貯蔵に適しているため、一層甘さが増すのです。


また、年間を通じて出回るハウスみかんもあります。これは温室での厳密な温度管理の下で栽培されたみかんで、特に旬はないものの、「晩生みかん」の販売が終わった後や「極早生みかん」が出荷される前によく見かけます。


いずれの品種も旬の時期に新鮮なうちに食べることで、一番美味しい温州みかんを味わうことができます。これからの季節、みかんの甘さを一つひとつ大切に味わってください。

みかんの旬と栄養価の関係

冬の風味を象徴する「みかん」。その甘酸っぱい香りと味わいは、冷えた冬の日々に暖かさをもたらしてくれます。しかし、みかんが私たちに提供するものは、そのおいしさだけに留まりません。なんと、オレンジ色の小さなこの果物は、冬の時期、特に栄養価が高くなるのです。では、その栄養成分は一体何で、どのように私たちの体に作用するのでしょうか。


みかんはビタミンCを豊富に含んでおり、風邪の予防に有効だとされています。冬は風邪が流行する時期であり、旬を迎えるこの期間中のみかんは、まるで自然からの風邪予防剤のようです。それだけでなく、ビタミンCは肌を健康に保つのにも必要な栄養素で、乾燥しやすい冬の肌にも善影響を及ぼします。


また、みかんには食物繊維も含まれており、便秘の解消や腸の健康維持に役立ちます。冬の重い食事による消化器官への負担を和らげ、健康をサポートします。


みかん一つから得られる栄養価は意外と高く、その小さな実は健康に有益な要素で満たされています。しかし、これらの栄養を最大限に活用できるのは、旬である冬季です。つまり、新鮮な状態でみかんを味わうことが、その恵みを十分に受け取る秘訣なのです。冬季に旬を迎える自然の恵み、それがみかんです。その美味しさと健康効果を心から体全体で感じ取り、体調管理に活かしていきましょう。

みかん旬とは

美味しいミカンの選び方

みなさん、ミカンの選び方はどんなポイントを重視していますか?見た目?気になる重さ?香り?それとも価格?この記事では、ミカン選びの具体的なコツをご紹介します。


はじめに、ミカンの外観に着目します。鮮やかなオレンジ色で、表面につやがあり、色むらが少ないものを選びましょう。更に、表皮にある「油胞」という小さなつぶつぶの密集度もチェックポイントの一つ。これが多く、質感がきめ細かいほど、ミカンが甘く、美味しい可能性が高くなります。


次に、果皮とヘタの色を確認します。果皮の色が一様に濃く、ヘタの色が緑色ではなく黄色っぽい方が甘味があるとされています。さらにヘタが小さなミカンも甘い可能性が高いと言われています。


商品選択だけでなく、旬のミカンを食べることも大切です。旬の味を満喫するのはもちろん、みかんに含まれる栄養素まで十分に摂取したいという人は、筋や薄皮も一緒に食べることを勧めます。また、通常なら捨ててしまうミカンの皮には、健康に良い成分が含まれており、この部分は乾燥させて漢方薬「陳皮(ちんぴ)」として利用されています。


適切なミカン選びはある程度時間と経験を要しますが、これらのポイントを思い浮かべながら選んでみてください。ミカンの魅力を引き立てる方法を活用して、最高の風味を楽しんでください。そして美味しいミカンが見つかったら、新鮮さを保つためにできるだけ早めに食べてしまいましょう。

まとめ

みかんは、温暖な気候である南日本で冬の5月〜2月が旬とされており、特に香り高さ・甘みが際立つのは12月から1月の寒さが本格化する時期です。みかんを開くと立ち込める爽やかな香りと、一粒一粒から溢れ出る甘い果汁が極上の味わいを与えてくれます。さらに、栄養価も高くビタミンCやβカロテンが豊富という罪悪感のないおいしさが魅力です。もちろん、冬の寒さを凌ぐためのエネルギー源としても最適です。したがって、出来る限りみかんの旬である冬に、心地よい爽やかさと甘さを楽しみましょう。