犬チョコ致死量

犬チョコ致死量

犬チョコ致死量

愛犬家の皆さんにとって、毎年恒例の行事がバレンタインデーです。チョコレートをプレゼントする機会が増えるこの時期、飼い主さんは愛犬のことを気にかけています。チョコレートには、犬に有害な成分が含まれているためです。本記事では、チョコレートが犬にどのような影響を及ぼすのか、そして致死量についてご説明します。愛犬を守るための大切な情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。

犬にとってチョコレートはなぜ危険?

カカオに含まれるテオブロミンという成分が、愛犬にとって危険な毒となる可能性があります。テオブロミンには人間にとってリラックス作用や血流促進作用がありますが、愛犬はこの成分を適切に分解・排出できないためです。
愛犬の体内にテオブロミンが蓄積すると、吐き気、下痢、けいれん、呼吸困難、心臓への異常など深刻な中毒症状を引き起こします。重篤化すれば、最悪の場合、心不全による死に至るリスクさえあるのです。
チョコレートに含まれるテオブロミンの量が多いほど、また愛犬の体重が軽いほど、中毒のリスクは高まります。特に高カカオ分のダークチョコレートは要注意です。チョコレート以外にも、コーヒー、紅茶、ナッツ類にもテオブロミンが含まれているため、決して与えてはいけません。
万一、愛犬がチョコレートを食べてしまった場合は、すぐに獣医に相談し、嘔吐の誘発や活性炭の投与など、適切な応急処置を行う必要があります。愛犬の命を守るため、チョコレートは絶対に与えないよう気をつけましょう。またカカオが含まれる食品全般にも十分注意を払いましょう。
犬チョコ致死量

犬がチョコレートを食べたときに引き起こす症状

チョコレートは愛犬にとって大変危険な食品です。その主な原因はカカオ豆に含まれるカフェインとテオブロミンという成分です。これらの物質は犬の体内で分解されにくく、蓄積すると深刻な中毒症状を引き起こします。
中毒症状には、嘔吐や下痢などの消化器症状に加え、振戦や落ち着きのなさ、興奮など神経症状も現れます。重症化すれば、不整脈や低血圧、呼吸困難など命に関わる危険な状態に陥ることもあります。チョコレートの毒性は、含有量と犬の体重によって異なり、ダークチョコレートの方が強力で、小型犬ほど影響を受けやすくなります。
症状が出るまでに数時間から半日ほどかかることが多く、早ければ2時間程度です。チョコレートを食べた疑いがあれば、すぐに動物病院を受診しましょう。致死量は犬の体重1kgあたり100~200mgが目安とされ、20mgでも軽症状が出る可能性があります。
チョコレートの中毒症状以外にも、包装紙が腸に詰まるリスクもあります。愛犬を守るため、チョコレートは絶対に与えず、手の届かない場所に保管することが大切です。

犬がチョコレートを食べてしまったときの対処法

チョコレートにはカカオ由来のテオブロミンが含まれており、ワンちゃんが摂取すると中毒症状を引き起こす恐れがあります。軽症であれば吐き気や下痢などの症状がみられますが、重症化すると振戦、虚脱、痙攣などの神経症状に進行し、命に危険が及ぶ可能性もあります。
そのため、ワンちゃんがチョコレートを食べてしまった場合は、すぐに動物病院へ連絡し受診する必要があります。病院では、チョコレートの種類やカカオ含有量、食べた量、ワンちゃんの犬種や体重、現在の症状などの情報から、適切な対処法を指示してくれます。チョコレートの包装は捨てずに持参しましょう。
病院での主な対処法としては、テオブロミンを体外に排出させる処置が行われます。まだ胃の中にチョコレートがある場合は、薬を使って吐かせたり、全身麻酔をかけて胃洗浄を行ったりすることがあります。また、点滴や活性炭の投与により、テオブロミンの排出を促進したり、吸収を抑えたりする処置も取られます。自分で無理に吐かせようとしたり、解毒剤を与えたりするのは危険なので、獣医師の指示に従って適切な治療を受けさせることが重要です。
犬チョコ致死量

家庭内での対策

異物誤飲は防げる事故なので、「危険な食べ物を与えない」という意識を持つことが重要です。

食べ物の保管場所
ワンちゃんは高さのある場所でも驚くべきジャンプ力を発揮したり、家具を踏み台にしてたどり着いてしまうことがあります。食べ物は扉のついている場所に保管するのが安心です。また、ワンちゃん用の柵を設置してキッチンに入れないようにする、フタ付きのゴミ箱を使用するなどの対策も効果的です。

犬用のチョコレートは与えて良いの?
ワンちゃんも食べられるチョコレートには、ココアに近い味の「キャロブ」がよく使われます。キャロブは「イナゴ豆」というマメ科の植物で、テオブロミンやカフェインを含まないため、ワンちゃんが食べても安全です。さらに、カロリーが低く健康食品としても注目されています。

まとめ

チョコレートに含まれるカフェインやテオブロミンは犬に有毒で、重症化すると死に至る可能性があります。チョコレートの種類や量、犬の体重によって影響は異なりますが、一般的に犬の体重1kgあたり20gのミルクチョコレートが致死量とされています。愛犬の命を守るためにも、チョコレートを与えないよう十分注意が必要です。