掛け菓子とは - スイーツモール

掛け菓子とは

掛け菓子とは

私たちの生活にはさまざまな美味しいお菓子が溢れています。チョコレート、クッキー、ケーキ……しかし、ここでは少し特殊な「掛け菓子」に光を当てて見ていきたいと思います。掛け菓子とは、その名前が示す通り"掛ける"という行為が特徴的な、和菓子の一種です。聞きなれない「掛け菓子」とは、一体どのようなものなのでしょうか。本記事では、その謎を解き明かすべく、掛け菓子の魅力に迫りたいと思います。

掛け菓子とは

掛け菓子'という言葉に見慣れない方もいらっしゃるかもしれません。これは日本の菓子文化の一部で、伝統的な和菓子を指します。言わば、茶席やおもてなしの場で、お抹茶と共に提供される小さなお菓子を示すものです。


'掛ける'という言葉から連想させる通り、掛け菓子はお客様への配慮や気配りを象徴しています。職人が一つ一つ、愛情を込めて手作りする和菓子からはその精神が感じ取れます。


また、掛け菓子は四季の移り変わりや自然の美しさを表現するため、形や色、風味が季節ごとに変化します。その細やかな美しさや和菓子特有の淡い甘さは、茶碗一杯のお抹茶と共に愉しむことで一段と引き立ちます。


一見、掛け菓子は小さく地味な見た目かもしれませんが、日本の伝統や芸術、職人の技術が込められた一品です。その繊細さや本質的な美しさは、その背後にある意味を理解することで浮かび上がってきます。掛け菓子は私たちに季節の移り変わりや時間の流れを教え、共に過ごす時間を尊重し、楽しみを提供してくれます。


掛け菓子の具体的な代表としては、「ひなあられ」や「おこし」があります。ひなあられはもち米を主成分に、糖蜜やシロップをかけて製造され、おこしはうるち米やもち米を蒸し、乾燥させ、炒ってから最後にシロップをかけて完成します。こうした掛け菓子は、例えば3月3日のひな祭りなど、年中行事でよく見かけることがあります。

掛け菓子とは

干菓子とは

干菓子、別名ひがしとは、水分含有率が10%以下の和菓子を指します。または乾菓子とも呼ばれています。元々は古代中国の菓子技術から生まれ、時間をかけて保存する手法である「干す」から付けられた名前です。


金平糖や有平糖、落雁、煎餅、八つ橋、炒り豆、丸ボーロなど、多くの種類が存在します。また、砂糖や小麦粉等を使い、粉上の材料を成形して作られる菓子も「干菓子」と称せられることがあります。洋干菓子なら、ビスケットやクッキー、キャンディー等が該当します。


和菓子は、水分含有率により生菓子、半生菓子、そして干菓子に分類されます。生菓子は水分が30%以上、半生菓子は10%以上30%以下のものを指します。干菓子の特性として、保存性が高いことが挙げられ、これが様々な祝い事や季節の行事での贈り物としての役割を果たします。


さらに、その形や色は日本人の美意識や四季の変化を如実に表しています。順々に季節に合わせた干菓子が登場し、視覚的にも食感的にも楽しめます。現在でもその独特の美しさと味わい深さから高い評価を得ています。多様化するライフスタイルの中、少し時間をとって、ゆっくりとその風味を楽しむことをお勧めします。

干菓子の歴史

干菓子は、その名前が示すように水分を取り除いた菓子で、その起源は大和時代に遡ります。初期の干菓子は、保存性を重視した食品として主に作られ、乾燥した果物や野菜が主な材料でした。砂糖が伝わる平安時代になると、その風味や美しさが評価されるようになり、特に宮廷文化では季節感や情緒を表現する手段として利用されました。


大衆化が進んだ江戸時代には、祭りや旅行中に手軽に食べられる存在として、干菓子は庶民の生活に広く浸透しました。また、和菓子全般が発展する中で、干菓子も形状や風味の面で多様性を持つようになりました。


その起源は、奈良時代から平安時代初期であり、その当時は砂糖が貴重だったため、木の実の皮を剥いたり蒸したりして乾燥させたものが主流でした。その頃、寒食(かんしょく)という風習があり、火を使わない冷たい食事が食べられていたのです。この寒具(ひがし)と呼ばれる菓子類が、現在の干菓子の原型となりました。


干菓子は日本人の精神性や食文化と共に発展してきた重要な一部です。現代でも、その優雅さと繊細な風味は、日本の伝統と四季の変化を思い起こさせます。

打菓子とは

干菓子の種類

和菓子のシーン即ち日本文化の一部は、四季折々の風情を 反映した美味しさと美しさを紡ぐ干菓子が鮮やかに彩っています。その中でも、保存性に秀で、気軽に味わいたい時に常備できる干菓子は日本文化の象徴といえるでしょう。


その中でまず取り上げるべきは、煎餅でしょう。この焼き物の一種は、日本人の米への深い愛着と共に、さまざまなアレンジが施されています。甘い煎餅から塩気を効かせたもの、海苔やごまなどのトッピングを用いたものまであります。また、落雁という打ち物もあります。これは花や季節の色彩を用いた一品で、和歌や季節感などを表現するため、視覚でも楽しむことができます。さらに、押し物の干し柿や飴物のひがん糖は、季節の恵みを活かしています。これらは日本人の自然への敬虔さを如実に示しています。


これらの各々には、製法の特性や地域性が反映されています。そのため、いつの時代も、どの世代も干菓子を愛してきました。美味しさはもちろんのこと、形や風味、その由来などを通して日本の文化に触れることができる干菓子。それは、日本人の和の感性と美意識を象徴するスイーツ文化と言えるでしょう。

干菓子のレシピ

和菓子の中でも水分量が少なく、保存が効くお菓子について、簡単な「落雁」(らくがん)と「煎餅」(せんべい)のレシピをご紹介します。


落雁のレシピ:

材料:

白玉粉: 100g

砂糖: 30g

水: 適量

顔料や食用色素(お好みで)


手順:

ボウルに白玉粉と砂糖を入れ、混ぜます。

少しずつ水を加えながら、滑らかな生地を作ります。生地が練りやすいように、適量の水を加えて調整します。

お好みで食用色素を生地に加え、色をつけます。

生地を指でつまんで、団子状に整形します。小さな団子を作ります。

作った団子を竹串や爪楊枝に刺し、天日や風通しの良い場所に干します。団子の表面が固くなり、水分が飛んで落ちていくまで干します。

しばらくしてから、乾いた団子を保存容器に入れて密封し、保存します。乾燥剤を一緒に入れることで長期保存が可能です。


煎餅のレシピ


材料:

米粉: 100g

塩: ひとつまみ

水: 80-100ml(適量)


手順:

ボウルに米粉と塩を入れて混ぜます。

少しずつ水を加えながら、なめらかな生地を作ります。生地が練りやすいように、適量の水を加えて調整します。

生地を薄く伸ばし、好きな形に切ります。丸い型を使って丸い煎餅を作ることもできます。

作った煎餅を天日や風通しの良い場所に並べ、しっかりと乾かします。煎餅がパリッと軽くなるまで干します。

乾いた煎餅を保存容器に入れて密封し、保存します。湿気を避けるように注意しましょう。


これらのお菓子は、水分が少なくても風味が楽しめる和菓子です。天日干しや風乾燥によって水分を飛ばし、長期間保存できるようになります。

打菓子とは

まとめ

掛け菓子は、季節や行事によってさまざまなバリエーションが展開され、日本の伝統や文化を体現する美味しい一片となっています。掛け菓子は、その保存性の高さから贈り物やお茶うけとしても人気で、繊細な味わいと美しい外観が、日本の和菓子文化の一端を紡いでいます。