コーヒー豆挽き方 - スイーツモール

コーヒー豆挽き方

コーヒー豆挽き方

コーヒーは多くの人にとって欠かせない存在であり、一日をスタートさせるための刺激剤、心落ち着くひとときを提供してくれる飲み物、深い会話を引き立ててくれる道具となる。しかし、コーヒーの魅力を最大限に引き出すには、その深い風味を引き立てるための方法が必要です。その秘訣は、「豆の挽き方」に隠されています。挽き立てのコーヒー豆から淹れたコーヒーには、パケットから出したものでは決して味わえない鮮烈な風味があります。この記事では、美味しいコーヒーを淹れるためのコーヒー豆の挽き方について詳しく紹介します。

コーヒー豆の挽き方は5種類

コーヒーを一杯入れる際には、まずコーヒー豆から始まります。そして、その豆をいかに挽くかが、その後のコーヒーの風味と密接に関わってきます。コーヒー豆の挽き方には、「どれぐらい細かく豆を砕くのか?」という観点から、5つの基本があります。

一つ目は、「エクストラファイン」もしくは「極細挽き」。この挽き方では、豆を微細な粉末状にし、エスプレッソマシンで短時間、高圧力で抽出します。クリーミーな口当たりと深い香りが特徴の「エスプレッソ」に適した挽き方です。

二つ目は、「ファイン」または「細挽き」。ちょうど砂糖ほどの大きさに挽きます。細挽きは、中程度の苦味を引き立て、ドリップコーヒーやピストン抽出法などにうまく対応します。

三つ目は、「ミディアム」または「中挽き」。これは豆を少し粗めに挽く方法で、フレンチプレスやドリップポット等の抽出法に適しています。蒸時間が長く抽出速度が遅いため、風味成分が豊富に抽出されます。

四つ目は、「コース」または「粗挽き」。これは更に粗く挽いた方法で、サイフォンやカップリングなどに最適です。長時間湯に浸すことにより、豆本来のうま味や香りを充分に引き出します。

そして最後に、「エクストラコース」または「超粗挽き」。この挽き方は、コールドブリューコーヒーなど、時間をたっぷりとかけてゆっくりと抽出する製法に適しています。豆の香りと味を損なうことなく、滑らかで優しい風味に仕上がります。

これら全ての挽き方は、自分の好みや、どのような製法でコーヒーを淹れるのかにより選ぶことが求められます。同じ豆でも挽き方によって、その味わいは大きく変わるのです。好みの挽き具合を見つけて、コーヒーの鮮烈さや深みを満喫しましょう。

コーヒー豆挽き方

コーヒー豆を美味しく挽くポイント

コーヒー豆の本質的な風味を最大限に引き立てるためには、豆の挽き方がきわめて重要となります。豆の量、挽き具合、挽き速度など、様々な要素が味わいに直接影響を与えます。

まず挽く量につきましては、一杯につき10g程度がお勧めです。余計に多くしてしまうと、過剰な苦味が発生し、逆に少なすぎると味が薄くなってしまいます。また、挽き具合も大変重要で、細かさによって抽出具合が大きく異なります。例えば、エスプレッソ用に最適な細さで挽いた豆を使用しフレンチプレスやドリップで抽出すると、適切な味わいが得られない可能性があります。

加えて、挽く速度も考慮しなければなりません。速度が早すぎると豆が過熱し、一部の風味が失われてしまいます。対照的に、遅く過ぎると豆が酸化し、香りが損なわれる危険があります。手挽きのミルを使用している場合、一定の速度を保つことが重要です。

最後に、コーヒー豆は短期間で使用が理想的です。保存すると新鮮さが失われ、その結果風味が落ちてしまいます。必要な分だけ挽いてその都度、淹れることで豆本来の香りや味わいを堪能できます。

これらのポイントを踏まえ、独特の風味を持つコーヒー豆を適切に挽くことにより、優れたコーヒーを楽しむことが可能です。コーヒー豆を挽くミルを使い分け、挽き方を試行錯誤しながら、自分自身にとって最適な一杯を見つけていけるでしょう。

初心者におすすめのコーヒーの挽き方は中細挽き

自宅でコーヒー豆を挽く初心者の方へ、まずコーヒーミルの用意が必要です。電動と手動のものが存在し、電動ミルは刃の形状によりコーンミル、ディスクミル、プロペラ式ミルの3種類に分けられます。

コーンミルはデコボコした刃が豆を粉砕するタイプ、ディスクミルは円盤状の刃で豆を切り刻み、プロペラ式はプロペラ形状の刃が回転し豆を砕きます。価格が安い手動ミルは量産向きではありませんが、「手間をかけて香り高いコーヒーを一杯二杯楽しみたい」という方にはうってつけです。

しかし、一日に何杯もコーヒーを飲まれる方や時間に余裕がない方は、多少高額でも電動ミルが最適です。

ミルの準備が整ったらコーヒー豆の挽き方について解説します。初心者には「中細挽き」がおススメです。何故なら、中細挽きであれば豆の風味を均等に引き出すことができるからです。

挽き方は電動も手動もまず豆の粗さを設定します。必要な分量の豆を投入後、手動の場合はハンドルを、電動の場合はスイッチを操作します。手動は一定のスピードを意識しながら豆を挽き、電動はスイッチを入れるだけで挽けます。

このような中細挽きは豊かな味と独自の風味が楽しめ、初心者でも取り扱いやすいため、新たな挽き方としてお試しください。それが新たなコーヒータイムの発見と楽しみに繋がることでしょう。

ミルがない場合のコーヒー豆の挽き方

ミルがないでも豆からフレッシュなコーヒーを楽しみたい、そんな方も多いのではないでしょうか。電動ミルは2,000~3,000円程度で手に入るものの、「わざわざ購入するのは少し面倒」と感じる方もいるかもしれません。購入前に「挽きたての豆で入れたコーヒーを試してみたい」、そんな方もいるでしょう。その際には、以下の方法を試してみてください。

まずは、安易にハンマーや包丁、甘皮切り等の普段使っている調理器具で挽くこと始めてみましょう。ただし、包丁で挽く場合は刃を損傷させないように注意が必要です。

次に、動輪ミルの代わりとなる、すり鉢とすりこぎを活用します。すり鉢に豆を入れて、すりこぎで豆をつぶし、最後に全体を細かくすりつぶします。これにより、ローズミルのように均一の粉末状にします。ただし、力加減が難しく、豆が外に飛びださないように注意が必要です。

あるいは、もしフードプロセッサーやミキサーがあればそれらで挽くことも可能です。ただしこちらは長期間の利用は避け、故障の前兆が出たらすぐに使用をやめましょう。また、挽き過ぎには注意が必要です。粗すぎると苦味が出やすくなります。

いずれの方法でも、手間はかかりますが、その分豆の鮮度や風味を楽しむことができます。ミルがない環境でも、自分だけの美味しい一杯を楽しみましょう。

コーヒー豆挽き方

まとめ

正確な挽き方をマスターすれば、一杯のコーヒーが持つ豊かな風味と香りを最大限に引き出すことができます。挽き具合や時間など、ここに詳述するようなコーヒー豆挽きの技術を用いることで、毎日のコーヒータイムはいつも以上に楽しく、特別なものに変わります。