解説 求肥とは?

解説 求肥(ぎゅうひ)とは?

求肥とは?

美味しさと美しさを兼ね揃え、日本の伝統的なお菓子の中でも特に親しまれてきた「求肥」。何気なく口にする中で、そのまろやかなモチモチな食感や優しい甘さがどのように作り上げられているのか、詳しく知る人は案外少ないのではないでしょうか。この記事では、その製作過程から歴史、さらには求肥の多彩な魅力に迫りたいと思います。旅のお土産や季節の節句に使われる求肥を一緒に見ていきましょう。

Sale Off
【冷凍】SOY入り 生クリーム大福セット | 大福 | 丸田屋総本店-大福-丸田屋総本店
豆乳クリームとは思えないほどの濃厚な味わい!

「生クリーム」ではなく「豆乳クリーム」を使用しているので
“乳”アレルギーの方でも安心してお召し上がりいただけます。

半解凍していただくとアイス感覚でお召し上がりいただけます。

14 個セット
内容:バニラ・いちご・抹茶・コーヒー・ブルーベリー・カスタード・
黒ごま・ミルク・オレンジ・ミルクティー・クッキー&クリーム・
ベルギーチョコ・ほうじちゃラテ(SOY)・トロピカルマンゴー(SOY)

22 個セット
内容:バニラ×2・いちご×2・抹茶×2・コーヒー×2・ブルーベリー×2・
カスタード・黒ごま・ミルク・オレンジ・ミルクティー・クッキー&
クリーム・きなこ・無糖バニラ・チョコミント・ベルギーチョコ・
ほうじちゃラテ(SOY)・トロピカルマンゴー(SOY)

≪解凍方法≫
冷蔵庫で解凍
≪解凍時間≫
冷蔵庫解凍約2時間(半解凍):アイス感覚でお召し上がりいただけます。
冷蔵庫解凍約3時間(全解凍):クリームの味がより際立ちます。
※解凍時間はあくまで目安です。
※解凍温度によって解凍時間は異なります
≪ご注意≫
冷凍・解凍を何度も繰り返しますと商品が劣化し味を損ないます。

■特定原材料
卵、小麦、乳、大豆、オレンジ、ゼラチン、ごま

■賞味期限
要冷凍(-18℃以下)で2週間
解凍日含め要冷蔵(10℃以下)で2日間

■保存方法
要冷凍(-18℃以下)

■配送方法
冷凍

丸田屋総本店

¥3,400

求肥とは?

求肥は、もち米の粉を主成分とする日本の伝統的な和菓子で、時間を経ても固くならない先天的な特性があります。その甘さは砂糖が適切に調整され、素朴さと上品さを両立した風味が際立ちます。


製法には、水練り・ゆで練り・蒸し練りの3種類があります。特に水練りは最も一般的な手法で、もち米の粉に砂糖や水あめを加え、水と一緒に練りながら熱を加えます。その結果生まれる求肥は、なめらかでやわらかく、手触りも滑らかです。


ゆで練りと蒸し練りは、もち米の粉だけを練った後、茹でたり蒸したりしてから砂糖や水飴を加えます。特に蒸し練り製法による求肥は、長期間保存可能な特性があります。


求肥はそのまま食べることも可能ですが、和菓子を作る際の材料としてもよく使われています。例えば、大福の中に包まれたり、みたらし団子で竹串に刺して甘辛いタレを絡めて供されたりします。また、祭りやお盆、お正月などの季節の行事で、独自の風味と食感が求められるお菓子として、頻繁に目にすることができます。


シンプルさと豊かさを兼ね備えた求肥の味わいは、日本伝統の精神や文化を体現していると言えるでしょう。そして、その特性が私たち日本人に長年に渡り愛されてきた理由でもあります。

求肥とは?
Sale Off
【冷凍】くずバーと豆大福の2種セット|和菓子|三秀堂-和菓子-和菓子 湘南ひらつか 三秀堂
■商品説明
三秀堂の人気和菓子が味わえる「二種セット」です。
①老舗和菓子職人のこだわりが詰まった豆大福 12個
②"しゃりっもちっ""の新食感和菓子くずバー 全10味 10本
※くずバーの味は、みかん、白桃、宇治抹茶、湘南ブルー(サイダー)、いちご、マンゴー、和梨、スイカ、パイナップル、ブルーベリーを各1本

内容量:2種 計22個(くずバー全10味 10本と豆大福12個入)
くずバーは右記各1本づつ:みかん、白桃、宇治抹茶、湘南ブルー(サイダー)、いちご、マンゴー、和梨、スイカ、パイナップル、ブルーベリー)

■原材料
くずバー:みかん、白桃、小豆、梨、黄桃、パインアップル、ぶどう、さくらんぼ、ラズベリー、マンゴー、パインアップル、ブルーベリー、砂糖、カカオマス、植物油脂、ココアパウダー、全乳粉、ぶどう糖、くず粉、還元水水飴、異性化液糖、宇治抹茶、生乳、しょ糖、マンゴーピューレ、果汁(オレンジ、みかん、白桃、いちご、りんご、梨、パイナップル)/ゲル化剤(増粘多糖類)、乳化剤(大豆由来)香料、酸味料、紅麹色素、着色料(青1、パプリカ色素、クチナシ黄)

豆大福:餅粉(新潟産)、砂糖、小豆(北海道産)、赤えんどう豆(北海道産)、白玉粉、食塩、片栗粉/トレハロース、酵素(大豆由来)

■賞味期限
到着より90日以上(くずバー)/20日間程度(豆大福) ※要冷凍

■保存方法
要冷凍(-18℃以下)

■配送方法
冷凍

和菓子 湘南ひらつか 三秀堂

¥5,080

由来 求肥 : 求肥の名前の由来とは?

求肥の起源は非常に古く、中国から日本へ室町時代に伝えられたとされています。この長い歴史を辿ってみると、当初の求肥は米の粉と水だけで作られ、甘味料としてはまだ存在しなかった黒糖を用いていたため、完成品は真っ黒だったと言われています。そして、その見た目が牛のなめした皮を彷彿とさせたことから、「牛皮」という名前が付けられたというのが一つ目の説です。


しかしながら、日本には伝統的に肉食が忌み嫌われる風習があるため、この「牛皮」という名前は適切でないという見方が生まれ、「求肥」へと名前が変化したと考えられます。


また、「求肥」の名の由来には、中国の古代の説話「牛郎織女」に由来するという意見もあります。この話によれば、織女が求肥を作り、それを食べると長寿になるという言い伝えから、「長寿を求める」という意味を込めて「求肥」と命名されたというのです。


どちらの説が絶対的に正しいと断言はできませんが、求肥の名前には長寿を願う人々の思いや、食文化の風味を追求する精神が込められていると伝えられています。これらの意味や背景を理解すれば、伝統的な和菓子である求肥の深い味わいがより鮮やかに味わえるでしょう。

求肥とは?
Sale Off
【冷凍】夢大福 | 大福 | 近江屋本舗-大福-近江屋本舗

「夢大福」フワッフワのお餅と滑らかなクリーム大福

和菓子屋 近江屋本舗の1番人気商品、夢大福シリーズ!

初めて食べた人はその柔らかさに感動してくれます。

「和菓子を食べて感動したのは初めてです!」

そんな事を言ってくれた方もいらっしゃいました。

極上の食感は人に幸福感を与えてくれます。

「天使が喉を通りました!」

思わずそんな言葉が出てしまう(笑)

夢見心地にさせてくれる大福。

フワッフワのお餅と滑らかなクリームが織りなす職人技の食感、

とろけるとはまさにこのことなんです!

一番人気の抹茶、女性に人気のストロベリーあんことクリームが絶妙の小倉、珍しいティラミス味、

などに加え夢大福は常時10種類程度の味をご用意しています。

お取り寄せではその時期のおススメ商品が詰め合わされます!

何が入っているかはお楽しみ!

〈通年商品〉

【抹茶】

【小倉】

【ほうじ茶】

【ストロベリー】

【ティラミス】

【八丁味噌】

〈秋~春にかけての商品〉

【カフェオレ】

【リンゴ】

【ショコラ】

【キャラメル】

〈春~秋にかけての商品〉

【ピーチ】 

【レモン】

【マンゴー】

【ヨーグルト】


【特定原材料】

小麦、卵、乳、ゼラチン、オレンジ、もも、りんご

【賞味期限】

冷凍状態で約2週間程度

解凍後翌日まで

【保存方法】

冷凍(-18°C以下)

【配送方法】

冷凍


人気商品はこちら

近江屋本舗のその他の商品はこちら

近江屋本舗

¥1,425

求肥の製造方法は?

求肥は、もち米と砂糖を基本の材料とした日本の伝統的な和菓子です。特にその滑らかさと甘さが特徴で、製造法もとてもユニークで興味深いものとなっています。


求肥の作り方は三つの方法があります。一つ目は「水ねり」で、これは求肥のペースト状のものを作る際に、加熱しながら水あめや砂糖を混ぜて練り上げます。同時に、これにより求肥の美味しさだけでなくバランスも保たれ、納得のいく固さに仕上げられます。


二つ目の方法は「茹でねり」です。これは最初にもち米を練り、それを茹で上げた後、砂糖や水あめを加えて行きます。この製法ではしっかりと練られた後に炊き上げられるため、より柔らかな食感が生まれます。


最後の方法は、一度もち米を蒸してから砂糖や水あめを混ぜていく「蒸しねり」です。これにより、保存期間が長くなる特長があります。


作られた求肥は適切な大きさにカットされ、さらに乾燥させられて完成します。さまざまな製造法があるため、各製造者のオリジナリティが反映され、多種多様な求肥が存在します。これらの微細な違いまで考えるのも、日本の伝統的な美学の一部かもしれません。

求肥とは?

求肥と餅の違いは?

求肥と餅は見た目が似ているため一見同じものに見えますが、実は根本的に原材料や製造工程が異なる日本の伝統的な米菓子です。


求肥と餅の最初の違いは、主に使用される原材料です。餅はもち米をそのまま使用しますが、求肥はもち米を粉にしたものを用い、さらに砂糖、みりん、寒天といった成分が加えられます。


また、これらの原材料の違いが、それぞれの独特な食感を引き立てます。餅は噛むほどにもっちりとした味わいが増し、そのやわらかさも特徴です。一方、求肥は口溶けが良く、とろけるような柔らかさと軽さが楽しめます。


さらに、砂糖や水あめなどを加える求肥は甘さが前面に出ています。これは餅にはない特性で、求肥の和菓子としてのおいしさを引き立てています。


したがって、求肥と餅は見た目的には似ていますが、製法や食感、味の点で全く異なります。その違いは一度食べればはっきりと理解できます。

求肥とは?

求肥の作り方とは?

お店で購入したり、お茶うけにすることが多い求肥ですが、ちょっとした工夫で自宅でも作ることができます。用意するのは「白玉粉」「砂糖」「水」だけ!


まず、100gほどの白玉粉と同量の砂糖を準備します。白玉粉には水を少量加えて溶かします。続いてお砂糖を鍋に投入し、水を少量投入、弱火で砂糖を煮溶かします。


煮溶かした砂糖水に白玉粉の水を少しずつ加えるのがポイント。ここでツルツルとした求肥の舌触りを出すために、練り棒を使って混ぜます。全体がスムーズになるまで混ぜ続け、それから弱火で約10分ほど煮込みます。


煮込んだ求肥は、水をはったバットに移し、冷まします。このとき、求肥がバットにくっつかないようにするため、バットを水で湿らせておくと良いでしょう。求肥がしっかりと冷めたら、好みの大きさにカットして完成です。


和菓子の代表格である求肥。自宅でもお砂糖の甘さと白玉粉のもちもちとした食感を堪能してみてはいかがでしょうか。これが、自宅で作れる伝統的な求肥の作り方です。

求肥を使った和菓子とは?

求肥、これは米から生まれ出る甘さと弾力性のある食材として世界に名高く、団子や大福など多くの和菓子の主役となっています。


練り切りや若鮎、羽二重餅などに求肥は使われています。大福の中に包まれた餡と求肥のもっちりした質感が見事に共演し、絶妙な調和を生み出します。


茶道の場でも、求肥を用いた和菓子はその季節感や繊細な美学から外すことはできません。求肥の甘みの深さやその繊細さが、外国人観光客からも支持され、日本文化として世界へと発信されています。求肥を材料とした和菓子の華やかさや緻密さを一つ一つ味わうことで、日本の伝統的な味覚へと迫ることができるでしょう。

まとめ

「求肥」はその名の通り「美味しさを求める」気持ちから生まれた伝統の和菓子です。つやつやと透き通るような色合い、口溶けの良さ、そして甘さ控えめな味わいは、一度食べたら忘れることができません。この華やかさは、良質な原料と長年にわたる手間暇から生まれ、それは日本人の繊細さと美意識を映し出しています。求肥が持つほのかな甘さとなめらかな食感、そしてそれを包み込む文化と歴史は、日本の伝統と美の象徴であり、まさに極上の逸品と言えるでしょう。