イングリッシュマフィンとは - スイーツモール

イングリッシュ マフィンとは

イングリッシュマフィンとは

英国発祥という豪華な歴史背景を秘め、アメリカへと渡り広く愛されるに至った「イングリッシュマフィン」。その名前の通り英国生まれでありながら、今や朝食に欠かせないアイテムともされるこのイングリッシュマフィンに、あなたはどれほど詳しいでしょうか?独特な表面の凹凸に焼き色が付くと何とも魅力的な風味がたちこめ、バターやジャムをたっぷり含むその口溶けはまさに至福の時間。筆者はここでは、そんなイングリッシュマフィンの魅力を紐解いていきます。その歴史、特徴、そして最も美味しく楽しむ方法まで、全てを網羅したガイドとしてお送りしましょう。

イングリッシュマフィンとは

朝食のイメージは、目玉焼きやスクランブルエッグ、フレンチトースト、オープンサンドなど国や家庭によって様々です。イングリッシュマフィンはイギリス生まれの焼き菓子で、小麦粉をメインに使用したものです。丸い姿と、手にすっぽりと収まるサイズ、そしてフラットな形状が特徴的です。だが、その見た目だけでなく、特有の食感も重要な特徴となっています。表面はパンのように少しほど焼けた感じがありますが、中に進むとふんわりとした柔らかさが広がります。


このマフィン、穴が沢山開いていて、その穴がトッピングのジャムやバターの風味を閉じ込める役割を果たしています。それゆえ、パンだけでなく、サンドイッチの一部としても楽しまれています。


また、朝食としてのポジションも抜群で、ベーコンやオムレツ、フルーツなどと一緒に頂くと、一日の活力源にもなります。大抵のスーパーやパン屋で手に入るこの英国式マフィンは、お客様を接待するシーンでも積極的に用いられ、世界各地でその存在が愛されているのです。


何より、各家庭や店舗が独自のトッピングや調理法を考案しているため、一度イングリッシュマフィンを味わったからと言って、全てを知りつくしたわけではありません。その多様性こそが、このマフィンの魅力の一端を表しています。あなたも、自分だけの最高の一品を探してみるのはいかがでしょうか。

イングリッシュマフィンの起源

イングリッシュマフィンに関しては、名称からしてイギリス生まれと思われがちですが、製法の発祥は19世紀のアメリカにあります。当時、イギリスから移住したサミュエル・バーズ・トーマスが家族のレシピを利用し、ニューヨークで初めてイングリッシュマフィンを焼きあげた記録があります。


このマフィンはイギリスの伝統的な「マフィン」(しばしばクランペットとも呼ばれる)とは少々異なります。独自の製法により、発酵生地を特別なパン焼きフライパンで丁寧に焼き上げ、外はサクッと中はフワフワの食感と香ばしさを引き立てたパンを生み出しました。


この特殊な製法が評価され、今では120年以上もの時間を越えて根強い人気を保っています。朝食としてはもちろん、エッグベネディクトのベースやサンドイッチに使われるなど、幅広いメニューに活用される食材です。また、バターをたっぷりと吸う食感や焼き上がりの具体的な香ばしさは、一度食べたら忘れられないほど魅力的です。


イングリッシュマフィンの誕生は、イギリス伝統のクランペットとアメリカ人の発想の融合によるもので、その一部始終は新しい文化の誕生を証明する一例と言えます。シンプルながらも奥深いこのパンが、今後も世界中の多くの人々に愛され続けることを切に願います。

イングリッシュマフィンとは

「マフィン」の語源

「マフィン」と一口に言っても、そのバラエティは豊か。その起源については、明確な答えは存在しませんが、いくつかの説が語り継がれてきました。


一つは、フランス語の「moufflet」から派生したというもの。これは「柔らかなパン」を指し、特に小麦のパンを示します。一方、もう一つの説は、古代ギリシャ語の「maphula」から派生したというもので、「ケーキの一種」を意味します。この説が最も一般的に知られています。


さらに、18世紀のドイツのパン屋が焼いた 「Muffen」(小型のケーキ)が語源という説、そしてイギリスにおける12世紀の時代から、酵母を使わない小麦のパンを「Mouffin」または「Moffin」と表現していたという記録もあります。


そして、もう一つ興味深い説があります。それは、「マフィン」が防寒具「マフ(Muff)」に由来するというもの。かつて貴婦人たちは寒さから手を守るためにマフを使用していました。そしてその代わりに、焼きたてのパンを手に持って手を温めたことから、そのパンが「マフィン」と呼ばれるようになったとされています。その手の平サイズが今でも残っているのかもしれません。


マフィンの起源を探ることは、人々の食生活の歴史、言葉の変遷を見ることでもあります。その背景を知ることで今日の「マフィン」の豊かな味わい、深い魅力を一層感じることができるでしょう。

イングリッシュマフィン食べ方

イングリッシュマフィンは非常に多様な食べ方があり、朝食やブランチ、さらには軽食としても楽しむことができます。以下はいくつかの人気のある食べ方です:


トーストしてバターを塗る: シンプルにトーストして、バターを塗るのが基本的な食べ方です。外側はカリッとして中はもちもちとした食感が楽しめます。


ジャムやハチミツを添えて: トーストしたマフィンにジャムやハチミツを塗って、甘い朝食やおやつにします。


エッグベネディクト: ポーチドエッグとハムやスモークサーモン、オランデーズソースをトッピングして、豪華なブランチメニューにします。


サンドイッチとして: ハムやチーズ、レタスなどを挟んで、簡単なサンドイッチとして楽しみます。


ピザマフィン: トマトソース、チーズ、お好みのトッピングを乗せてオーブンで焼き、ミニピザとして楽しむこともできます。


スクランブルエッグやベーコンと一緒に: トーストしたマフィンの上にスクランブルエッグやベーコンを乗せて、充実した朝食にします。


アボカドトースト: アボカドをつぶしてトーストしたマフィンの上にのせ、塩、コショウ、レモン汁で味付けします。

イングリッシュマフィンの表面のつぶつぶってなに?

イングリッシュマフィンの表面に見られる小さなつぶつぶは、「コーングリッツ」と呼ばれるとうもろこしの粗挽き粉です。これは、とうもろこしの外皮や胚芽を粗く挽いて作られた粉末状の食材です。イングリッシュマフィンにコーングリッツをまぶすことで、独特のテクスチャーや風味を与えると同時に、焼き上げる際に表面がクリスピィに仕上がる効果もあります。


コーングリッツがイングリッシュマフィンに使用される理由は、いくつかあります。まず第一に、コーングリッツはとうもろこしの風味を持ち、マフィンの食感や味わいに豊かさを与えるためです。また、コーングリッツの粗い質感がマフィンの表面に食欲をそそり、食べる楽しみを高めています。さらに、コーングリッツがマフィンの表面にまぶされることで、焼き上げる際に軽く焼き色がつき、クリスピィで香ばしい食感が生まれる効果もあります。


したがって、「イングリッシュマフィンの表面のつぶつぶ」は、実はとうもろこしの粗挽き粉であるコーングリッツであり、その存在がマフィンの風味や食感を特別なものにしています。

イングリッシュマフィンとは

イングリッシュマフィンとアメリカンマフィンの違いとは

もう一つの顔を持つ「マフィン」、それがイングリッシュマフィンです。アメリカンマフィンとは、何と全く別の存在です。


イギリス発祥のイングリッシュマフィンは、ある種のパンで、一般的に直径10cmほどの円形です。全体的に穴が開いていて、強力粉を使って注ぎ込むので、表面がパリッと中がしっとりとした味わいが特徴で、ハードな食感とほんのりとした酸味が特徴的です。お馴染みのブレイクファーストにおいて、ジャムやバターと共に堪能され、その味は多くの人々に支持されています。


一方で、アメリカンマフィンは、実はアメリカ生まれのカップケーキ型のスイーツで、小麦粉や卵、砂糖を主成分とし、チョコレートチップやブルーベリーなど、たくさんの風味が楽しめます。薄力粉やベーキングパウダーが使われています。これもまた朝食やティータイムにコーヒーや紅茶と共に楽しまれます。


面白いことに、アメリカにあっても、そしてイギリスにおいても、「マフィン」と言うと、通常カップケーキ型の焼き菓子を想像します。ゆえに、パン類のマフィンを指す際は、「イングリッシュマフィン」としっかりと名付けて区別することが一般的なのです。


これら二つのマフィン、どちらもそれぞれにしかない風味と魅力的な食感を持ち合わせており、食べ続けても飽きることがありません。知っているようで知らなかった、その違いを理解し、新たな食卓の彩りを得てみてはいかがでしょうか。

まとめ

時代を超えて愛され続けるイングリッシュマフィンについてご紹介しました。その豊かな歴史と独特な特徴を理解し、最適な食べ方を探ることで、なぜ世界中の人々がこのパンを絶えず求め続けるのか、その理由がきっと見えてくるはずです。

豆知識: イングリッシュマフィン のレシピ/作り方

イングリッシュマフィンは、もちもちとした食感と、焼いた際に現れるきめ細やかな穴が特徴のパンです。自宅で作ることができる基本的なレシピをご紹介します。


材料

強力粉: 450g

無塩バター: 30g(室温に戻したもの)

乾燥イースト: 7g

砂糖: 大さじ1

塩: 小さじ1

水: 約300ml(ぬるま湯)

セモリナ粉(もしくはコーンミール): 適量

手順

イーストを活性化させる: ぬるま湯に砂糖を溶かし、イーストを加えて約10分間おきます。


生地を作る: ボウルに強力粉と塩を入れ、イースト液と室温に戻したバターを加えて混ぜます。生地がまとまったら、台の上で約10分間よく捏ねます。


一次発酵: 生地をボウルに戻し、ラップをして室温で約1時間発酵させます(生地が約2倍の大きさになるまで)。


成形: 生地をパンチダウンしてガス抜きをし、約1.5cmの厚さに伸ばします。円形のクッキーカッターで形を作ります。


セモリナ粉をまぶす: 成形した生地の両面にセモリナ粉(もしくはコーンミール)をまぶします。


二次発酵: 成形した生地を天板に並べ、約30分間室温で発酵させます。


焼く: フライパンを中火で熱し、生地を並べて両面をゴールデンブラウンになるまで焼きます(各面約5分)。


オーブンで仕上げ: 予熱したオーブン(190度)で約10分間焼き、中までしっかり火を通します。


注意点

イーストの活性化には砂糖が重要ですが、多すぎると生地が甘くなりすぎるので注意してください。

セモリナ粉やコーンミールは、マフィンの外側に独特の食感を与えるために使用します。

イングリッシュマフィンは、朝食や軽食に最適です。焼いてバターやジャムを塗ったり、サンドイッチの具材としても楽しめます。