お菓子食べ過ぎ

お菓子食べ過ぎ

お菓子食べ過ぎ
お菓子は美味しいだけに、つい手が伸びてしまいがちです。しかし、過剰に摂取してしまうと健康への悪影響が懸念されます。適度な楽しみと上手に付き合うことが大切です。お菓子との賢い付き合い方を見直してみましょう。

お菓子を食べ過ぎないためには

温かい飲み物と一緒に食べる
お菓子は温かい飲み物と一緒に食べましょう。冷たい飲み物よりも温かい飲み物の方がゆっくり飲むことができ、空腹感が収まりやすく、食べ過ぎを予防できます。コーヒー、紅茶、ハーブティーなどお好みのものを選んでください。

お菓子と飲み物を交互に
お菓子をひと口食べたら、飲み物をひと口飲むというように交互に摂ると、少量でも満足感を得やすくなります。甘いものを食べるときには、飲み物はノンシュガーのものにしましょう。

ながら食べはしない
テレビを見たり雑誌を読んだりしながら食べると、ついダラダラと食べ続けてしまいがちです。おやつに限らず、食事の際もながら食べは避けましょう。食事に集中し、ゆっくりと味わいながらいただくことが大切です。

ダイエット中のお菓子との付き合い方

ダイエット中のお菓子との健全な付き合い方は、適量のコントロールと意識的な楽しみ方にあります。
間食は1日の摂取エネルギーの10%程度、つまり150Kcal以下がおすすめです。クッキー2枚、板チョコ1/4枚、ミニカップアイスの半分などに相当します。高カロリーのお菓子を食べた場合は、3日程度で調整を心がけましょう。
さらに、おやつの時間を1日1回に決め、昼と夕食の間に設定するのがコツです。夕食後の間食は控えめにし、ダラダラ食べ続けるのは避けましょう。
低カロリーで満足感の高いナッツ類やフルーツなども良い選択肢。おやつを小分けにすれば、食べ過ぎを防げます。
最後に大切なのは、おやつを楽しむ意識を持つこと。ストレス発散や気分転換の一助としてお菓子を味わえば、より健全な関係が築けるはずです。
お菓子食べ過ぎ

間食におすすめの甘いもの

ダイエット中の間食にぴったりなのは、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食品です。フルーツやヨーグルトなどの自然な甘さを楽しめる食材がおすすめです。また、さつまいもやかぼちゃ、ドライフルーツなども上手に取り入れると良いでしょう。
さらに、ゼリーや寒天、わらびもちやくずもちといった、低カロリーながらもおなかを満たしてくれる食品も間食に適しています。雑穀入りのクッキーやシリアルも、適量ならヘルシーな選択肢となります。
甘いものが恋しくなったら、まずはノンカロリーの飲み物で満足感を得ましょう。紅茶、ウーロン茶、コーヒーなどがおすすめです。そして食べた後は、すぐに歯を磨くことで、間食の予防にもなります。
ダイエット中でも、食べる量とタイミングを上手に調節すれば、甘いものを楽しむことができます。健康的な食品を選び、適量を心がけましょう。

まとめ

お菓子のカロリーを意識して、小分けに保存したり、おやつの時間を決めたりするのがおすすめです。甘いものの代替えとして、フルーツを味わうのも良いでしょう。ストレス解消のために食べ過ぎないよう、趣味や運動で気分転換を図ることも大切です。お菓子は控えめに、バランスの良い食生活を心がけましょう。健康的な生活習慣を身に付けることで、お菓子との賢い付き合い方が実現できます。