ベルギー チョコとは - スイーツモール

ベルギー チョコとは

ベルギー チョコとは

チョコレート愛好家ならば、一度は耳にしたことがあるであろう魅惑的な名前「ベルギーチョコレート」。世界的に有名なこのチョコレートは、高級な味わいと芸術的なデザインで多くの人々を魅了してきました。ベルギーがチョコレートの国として名高いのには、深い歴史と高い品質へのこだわりが背景にあります。この記事では、ベルギーチョコレートの誕生から特徴までを探求し、なぜ世界中で愛されているのかに迫ってみましょう。

ベルギー チョコとは

ベルギーチョコレートと聞けば、誰しもがその名を一度は耳にしたことがあるでしょう。その魅力を深堀してみましょう。ベルギーチョコレートは、その高品質さと繊細な風味で世界各地から熱愛され、チョコレートの発祥地とも称されるベルギーが産み出す伝統的な逸品です。


ベルギーチョコレートはその大部分がココアバターで作られ、ミルクや砂糖、他の添加物は最小限に抑えられています。その結果、口に含むと溶け出すとろける食感と、ココアの深みのある香りと風味が口の中に広がります。


ベルギーチョコレートの個性は、その製法にも由来します。19世紀から続く伝統的な製法が現代にも引き継がれ、厳密な手作業で一つ一つ丁寧に制作されることにより、食感だけでなく視覚的な美しさも兼ね備えた逸品が生まれています。


つまり、ベルギーチョコレートはその優れた品質の原材料と伝統的な製法によりもたらされる味わい深さがあり、見た目の美しさと食べた時の美味しさ、その二つの喜びを提供します。ベルギーが世界に誇るこのチョコレートは、大切な人へのプレゼントや自分自身への特別なご褒美に最適な一品です。


このベルギーチョコレートの歴史は、1800年代後半、当時ベルギーが植民地としていたコンゴでカカオの生産が開始されたことから始まり、その後チョコレート産業が次第に発展していきました。

ベルギー チョコとは

ベルギー チョコの歴史とは

ベルギーはチョコレートの名産地として世界的に知られています。その個性あふれる多様なブランドから鋳造されるチョコレートは、その名声を裏付ける最高の証拠です。始めに、なぜベルギーチョコレートがそのような名声を得ることができたか、その背景を探ります。


ベルギーにおけるチョコレートの栄光は、その深い伝統と長い歴史に裏打ちされています。17世紀、ベルギーはスペインの支配下にあり、新世界から持ち帰ったカカオ豆がベルギーへと伝播しました。もともとは飲み物として愛されていたこのカカオ豆が、変革の風に乗りチョコレートの世界へと門出します。


これを実現したのが、ベルギーチョコレート業界のパイオニア、ジャン・ノイハウスです。19世紀後半、彼は革新的なプラリネ、つまりはナッツや果物のフィリングをチョコレートで覆った菓子を発明しました。この革新が現代のベルギーチョコレートの扉を開くきっかけとなり、世界中から注目を浴びるようになりました。


その後の1912年には、ベルギー独自の「シェル型」チョコレートが誕生します。プラリネの味わいをより手軽に楽しむための新たな形状で、現在でもベルギーチョコレートの象徴とされています。


現在のベルギーチョコレートは、徹底した品質管理のもと、職人の手作業により製造されています。高品質なカカオ豆の厳選から始まり、独特の製法により一つ一つ丁寧に作られるチョコレートは、まさに芸術品とも称えられる逸品です。ベルギーチョコレートの歴史を知ることで、その一粒一粒が愛情を込めて、時間をかけて作られていることが理解できるでしょう。それが、ベルギーチョコレートの味わいをより深く、豊かにしているのです。

ベルギー発祥のボンボンショコラとは

「ボンボンショコラ」は、その名が示す通りベルギーで誕生した口溶けの良いチョコレート菓子です。「美味しいお菓子」を意味するこの言葉は、フランス語であり、ガナッシュやプラリネを用いて様々な風味が生み出され、一つ一つが美味内花で包まれることで豪華な見た目も魅力となっています。


日本では「プラリネチョコレート」との名称で呼ばれることもあり、その美味しさと見た目の美しさからアート作品に例えられることも稀ではありません。このボンボンショコラは、プラリネを中心にチョコレートで覆うエンローバータイプや、チョコレートのシェルにプラリネを詰めてチョコレートで封をするという製法があり、特に後者はベルギー伝統の製法で「ベルギー製法」とも呼ばれています。


価格帯はやや上がりますが、その質と美しさ、そしてその手間暇を考えればそれも当然のこと。贈答品としても非常に人気があり、大切な人への感謝や愛情を伝えるのにぴったりなアイテムです。


全世界のチョコレート愛好家から愛されるベルギー発祥のボンボンショコラは、一度口にすればその魅力に取りつかれること間違いなしの、まさに至極のお菓子と言えるでしょう。

ベルギーチョコレートのおいしさの秘密

ベルギーチョコレートの豊かな風味は、その素材選びと品質への執着から生まれます。このチョコレートのデリケートな味わいは、全世界から厳選された高品質のカカオ豆を使って創りだされます。油脂についてもベルギーチョコレートは徹底しており、「カカオバター100%」が基準です。他の植物性油分を特に含んでもチョコレートと言える基準が存在しますが、ベルギーチョコレートはこの例外を使わず、カカオバターのみを使用することでその特性を維持しています。


その製造プロセスもまた特徴的で、「ベルギー製法」または「ベルギー式」と呼ばれています。例えば、ボンボンショコラは、型にチョコレートを流し込み形を作り、その中に詰め物を入れ、底部分にもチョコレートを流し込んで完成します。フランス式のボンボンショコラが外側がパリっと薄いのとは対照的に、ベルギーチョコレートの特徴はその厚めでしっかりとした外側にあります。


このような素材や品質へのこだわりと伝統的な製法が組み合わさることで、ベルギーチョコレートはその独特な口溶けと深みのある風味を備え、世界中の食通を引きつけ続けています。一度ベルギーチョコレートの魅力をお試しいただくことをおすすめします。

ベルギー チョコとは

ベルギーのチョコレートブランド ガレーとは

「ガレー」はベルギーというチョコレートのメッカで、その最高峰とされる長寿ブランドです。1931年の創業以来、ジャン・ガレー氏が生み出したチョコレートの風味と食感は、まさに香水のように洗練され、繊細な魅力を放っています。これがベルギー王室にも認められるほどの品質を誇っている理由です。その製法から材料選びまで、すべてが丹念に行われ、カカオの質にも特にこだわっています。また、「ガレー」の製品は美しく洗練されたパッケージが特徴で、これにより特別な日のギフトや自己へのご褒美としての人気も高いです。「ガレー」のチョコレートは一口食べるとその豊かな風味と味が広がり、まさに極上の味わいを提供してくれます。そのため、「ガレー」はベルギーのチョコレートを代表するブランドとして知られています。その洗練された香りと後味は、あなたを確実に虜にすることでしょう。

ベルギーのチョコレートブランド ゴディバとは

ベルギーの名だたるチョコレートブランド、ゴディバは1926年にジョセフ・ドラップス氏の手により生まれた世界的なチョコレートブランドです。ショコラトリー・ドラップスとして創業した彼のチョコレート事業は、1945年に女性戦士「ゴディバ(Lady Godiva)」への敬意を表してブランド名を「ゴディバ」に改名しました。その優れた品質とエレガントなデザインは、現在でもトリュフやプラリネといったボンボンチョコレートに息づいています。


ゴディバの製品は、エンロービングとシェルモールディングという世界的な製法を用いて作られ、甘味料としてだけでなく贈り物としても多くの人々に愛用されています。厳選されたカカオ豆を用い、ベルギーの伝統的な手法と独自の製法を組み合わせることで、独特の風格と繊細さを醸し出し、ショコラティエとしての名声を全世界に広めました。

1972年には遠く日本にも進出し、現在では300以上の店舗を展開しています。そのエレガントなパッケージデザインは、特別な日の贈り物や一日の小さな贅沢として、日本でも人気を博しています。

こうした背景からゴディバは、その高い品質と美的価値により、グローバルに愛されるベルギーのチョコレートブランドとして高い評価を得ています。
ベルギー チョコとは

ベルギーのチョコレートブランド ノイハウスとは

ベルギーの高級チョコレートブランドとして、世界的な評価を得ている「ノイハウス」。その起源は、スイス出身の薬剤師、ジャン・ノイハウスが1857年、ブリュッセルで開いた薬局から始まります。彼はチョコレートを用いて薬の服用をラクにしようとした功績で知られています。


ノイハウスの真の革新は孫、ジャン・ノイハウスJr.によるものでした。彼が独自に開発したシェルチョコレートの製法により、一口で美味しく味わえる「ボンボンショコラ」が誕生しました。これは後世、高級チョコレートの代名詞となる存在です。

他にも、ノイハウスJr.の妻によって生み出されたチョコレート専用箱「バロタン」は1915年の出来事。このアイデアは現代のチョコレートボックスの礎を築きました。

品質に対する厳格なこだわりと妥協しない製法、そして革新的なアイデアによって生み出される緻密で繊細なチョコレートは、まさに芸術品のよう。その逸品は美しいパッケージに納められ、プレゼントとしても喜ばれます。

ベルギーが世界に誇る「ノイハウス」は、まさに宝石のようなチョコレートブランドと言えるでしょう。その評価は世界中で共有されており、試してみて欲しい一品です。

ベルギーのチョコレートブランド ヴィタメールとは

話題のベルギーチョコレートといえば、1928年創業の名門ブランド「ヴィタメール」が挙げられます。チョコレートの名産地ベルギーで可愛らしく作られ、秀逸な風味が全世界で評価されてきたこのブランドは、品質にこだわりを持ち、最高級のカカオ豆を選び抜いたチョコレートはその美味しさで有名です。


特にヴィタメールのチョコレートは、カカオ豆の香り高さや滑らかな口どけ、カカオ本来の豊かな風味を最大限に引き出す為に、手作りで作られています。ベルギーのチョコレートには珍しい甘さ控えめの味わいが、洗練された大人の味わいとして高評価を受けています。

ヴィタメールの一貫したチョコレート作りは、贈り物としても抜群の人気を誇っており、国内外から選ばれ続けています。名作チョコレートを手掛けるヴィタメールはまさにベルギーの誇りとも言える名ブランドです。
ベルギー チョコとは

ベルギーのチョコレートブランド ピエール・マルコリーニとは

ベルギーは多くのチョコレートブランドを世に送り出してきた国として知られていますが、その中でもピエール・マルコリーニは他に類を見ないブランドと言えるでしょう。1995年にブリュッセルで創業されたピエール・マルコリーニは、創始者である職人のマルコリーニ氏自身が品質に厳しく、自社でカカオ豆からチョコレートを製造するビーントゥバー方式を採用しています。


選ばれたカカオ豆は世界各地から集められ、自社工場で一貫してローストから製造まで行われます。その結果生まれるチョコレートは他にはない豊かな風味と深みのある味わいが特徴で、洗練されたパッケージデザインと季節限定の商品も人気です。

日本でもその人気は広がりを見せており、全国に店舗を増やしています。ピエール・マルコリーニの上質なチョコレートは日本人にとって自分へのご褒美や特別な日の贈り物として喜ばれており、まさに高級チョコレートの新基準と言えるでしょう。アイスクリームやマカロン、焼き菓子等も製造しており、2015年にはベルギー王室御用達ブランドの称号を授かるまでになりました。
ベルギー チョコとは

ベルギーのチョコレートヴァンデンダーとは

世界中で愛されているベルギーチョコレートの中でも、「ヴァンデンダー」はその品質と味わいで一際目立つブランドです。エルマン・ヴァンデンダー氏が手掛けるこのブランドは、100年以上の歴史を持つベルギーの名門チョコレートメーカーで、上質なカカオ豆を厳選し伝統的な製法でチョコレートを作り上げています。


このヴァンデンダーのチョコレートは、精緻な焙煎と丹念な製造過程を経て、口当たりの良さと味わい深さを兼ね備えています。一口含むと直ぐに溶け出すなめらかさと豊かな風味が魅力です。

また、ヴァンデンダーのチョコレートは、物語を想起させるような美しいパッケージデザインも魅力の一つです。大切な人への贈り物や、自分自身への特別なご褒美として最適な一品です。日本ではバレンタイン時期に催事出店を行っており、2008年にはベルギー王室御用達ブランドとしても認定されています。

本国ベルギーでは、品質の維持と独自の世界観を保つために、ブリュッセル・ルヴァン通りの1店舗のみで販売しています。自社アトリエによる一貫製造を通じて、産地別の板チョコレートや様々なタイプのプラリネショコラなど、数々の美味しさを追求しています。

ハイクオリティなベルギーチョコレートの世界を、ヴァンデンダーのチョコレートでぜひともご堪能ください。

ベルギーのチョコレートブランド レオニダスとは

""レオニダス""は、ベルギー生まれのグローバルなチョコレートブランドで、その枠組みは1913年まで遡ります。その象徴的な名前が呼び起こされると、ベルギーの最上級チョコレートを体験しようとすると、つい明瞭に思い起こされます。多世紀にわたるこのブランドは、驚くほど手ごろな価格設定にもかかわらず、その品質と風味で持続的に高評価を得ています。レオニダスのセレクトした極上の材料から生まれるチョコレートは、美の視覚的な側面だけでなく、味わいでも最高級です。


レオニダスのチョコレートは、その滑らかな食感と豊かな香りが魅力であり、一粒だけでも、ベルギーの古代のチョコレート作りの伝統が息づいていることを実感できます。また、専門家だけでなく、一般のお客様にも幅広く愛されており、現在では100以上の国と地域で取り扱われています。

包装はシンプルだけれども上品で、贈り物や自分自身へのご褒美にうってつけです。また、味のバリエーションも豊富で、プラリネ、ガナッシュ、カラメル、果実のたっぷりとしたフィリングなど、選びましたが、どれも高品質のチョコレートと言えます。そのため、自分自身のお気に入りを探すのも一層の楽しみとなるでしょう。

まだ体験したことがないという方は、ぜひともレオニダスのチョコレートをお試しください。その豊かな風味を味わうことで、新しいチョコレートの境地が開かれることでしょう。

ベルギーのチョコレートブランド マダム ドリュックとは

「マダム ドリュック」は、その特別な製品を用いて、ベルギーというチョコレートの国から世界中のスイーツ愛好者の舌を喜ばせつづけています。特に、このブランドのチョコレートはそのインパクトのある美味しさと最高級の品質で注目を集めています。


彼らの創造性溢れるチョコレート作りは、ベルギーのチョコレート産業で豊富な経験と知識を有するショコラティエ、ドリュック氏によって立ち上げられました。彼女の情熱と献身により、伝統的な手法と最先端の技術が絶妙に融合し、その独特な風味と視覚的魅力を兼ね備えたチョコレートが生まれています。

マダム ドリュックのチョコレートは、まるで芸術作品のような美しさを持つパッケージに収められています。それぞれが手作りで作られ、一つひとつが特別な体験を約束します。高級感が漂うその美味しさと、豊かなベルギーチョコレートの伝統が息づくマダム ドリュックのチョコレートは、非常に特別な逸品と言えます。

まとめ

最後に、ベルギーチョコレートはその製法と歴史、質の高さから世界中で愛される存在となりました。彼らの製法を学び、テイスティングしてみることでその本当の価値がわかります。是非、あなたもこのベルギーチョコの世界に一歩踏み入れて見てください。