アッサム/アッサムティーとは

アッサム/アッサムティーとは

アッサム/アッサムティーとは

香り高く芳醇な味わい、そして抜群のコクが特徴のティーがあります。それが、数多くの紅茶の中でも特別な存在、アッサムティーです。世界中の紅茶愛好家にその名を知られ、日本でもその美味しさが徐々に注目され始めています。今回は、そんなアッサムティーの魅力に迫るとともに、その高いクオリティを生み出している「アッサム」という地域についてもご紹介します。

アッサム/アッサムティーとは

「アッサム」はインド北東部、アッサム地方で生産される最高級の紅茶として全世界に名を馳せています。

全体の約半分を占めるインドの主要な紅茶として、「アッサム」は良質な土地と最適な気候条件、すなわち肥沃な土壌と長期にわたる雨季に恵まれた地域特有の美味しさを有しています。その風味は濃厚で、力強い甘い香りが特徴で、一口飲むとドリンキングチョコレートやコーヒーに匹敵するほどユニークで独特な味わいが口いっぱいに広がります。

ストレートで飲んだ純粋なアッサムティーは味わい深く、そのコクを十分に感じることが出来ますが、その強さがミルクと相まって、最高のミルクティーを提供します。

アッサムティーは長い収穫期間を持っているため、その風味は3月から11月までの間に細かな変化を見せ、それぞれのシーズンごとに新たな味わいを引き立ててくれます。これはアッサム地方特有の特徴で、アッサムの魅力をさらに引き立てています。

その香りと深み、そして変化する味わいを楽しむアッサムティー。このすばらしい異国の紅茶は、紅茶愛好家を確実に魅了することでしょう。

アッサム種とは

紅茶の一種である「アッサム種」は、キャメリア・シネンシスの一種で、インドのアッサム地方がその名の由来となっています。アッサム地方は世界最大級の紅茶生産地であり、彼の地で自生しているアッサム種がもたらしいる豊かな風味と香りは、紅茶特有の魅力を一層引き立てています。特にアッサム茶は、その鮮やかな香りと深みのある味わい、そして微妙な甘さが特徴で、ミルクティーとの相性も抜群です。


気候的にもアッサム種の生育に適したアッサム地方は、年間を通じて温暖で、半年は雨季という湿度の高い環境をもつため、アッサム種の栽培には最適な場所と言えます。このため、世界中でアッサム種の茶樹が広範に栽培されているのです。


また、アッサム種は大きな葉と丸々とした実をもつことから、紅茶の中でも一風変わった存在として愛好されています。質の良いアッサム茶を楽しみたいという方は、茶葉の選び方や正確な抽出方法を覚えることが重要で、このことによりアッサム種がもつ本来の風味と香りを存分に味わうことができます。


以上が、インド自生のアッサム種とその魅力についての解説です。もしもこれが発見されていなければ、インドでの紅茶生産は無理だったでしょう。しかし、1823年に発見されたこの種の存在が、困難を乗り越えてインド紅茶の生産を可能にし、さらに世界でもっとも多くの紅茶を生産する国へと成長させたのです。

茶こし代用

アッサムとダージリンの違い

世界各地から愛されるアッサムとダージリンは、インド原産の美味しい紅茶ですが、一口に紅茶といっても、その起源や製法、風味には大きな違いがあります。


アッサムが主に製造されているのは、インドのアッサム地方です。こちらの気候条件のもとで自生する茶樹から採れる茶葉は、色鮮やかでしっとりとした茶葉が得られます。主に使用されるのがCTC製法で、これはCut(カット)、Tear(テア)、Curl(カール)の頭文字を取った製法の名前で、深い色合いとコクのある紅茶を生み出します。濃厚な香りとマイルドな甘さが特徴で、ミルクティーに使用すると風味がより引き立ちます。


一方、ダージリンは輝かしい山岳地帯で育てられた茶葉から生まれる紅茶で、オーソドックス製法で仕上げられます。この製法は、茶葉の特性を最大限に引き出すため、非常に丁寧な作業が必要とされます。ここで産される紅茶は、色鮮やかさと透明感を兼ね備えており、独自のフルーティーな香りが感じられます。その優雅な風味はスッキリとした後味と共にあり、微妙な風味の変化を味わうのが楽しい茶葉です。


アッサムとダージリン、どちらもインド産の紅茶であることは共通していますが、それぞれが異なる環境で育っているため、その個性は大きく異なります。それぞれの日々の状況や食事と相性を考えながら、好みの茶葉をチョイスすると、さらに紅茶を楽しむことができるでしょう。

アッサム茶葉の特徴

アッサム茶葉は、インド北東部、アッサム地方で栽培される紅茶で、世界的にも最も生産量が多いと認知されています。その独特な風味とパワフルな香り、また深い色鮮やかさが特長です。生育条件としては、アッサム地方特有の豊富な野生のティーツリーと高温多湿という気象条件が育成に適しているのです。


アッサム茶葉の味わいは時間をかけて揉み、発酵させることで形成されます。その弾力のある甘さとボディ感ある味わいは、ミルクティーの主成分としてもよく用いられますし、さまざまな料理やデザートにもマッチします。また、朝のティータイムや午後のお茶うけにも最適です。


その風味の豊かさだけでなく、健康に対する様々なメリットもアッサム茶葉の特徴と言えます。抗酸化作用や心臓疾患予防、またリラックス効果などがあります。毎年3月から11月までの収穫シーズンに、特に美味しさが際立つのは4月中旬から6月頃の茶葉です。


アッサム茶葉の特徴を詳細に見てみましょう。産地はゆたかな野生ティーツリーが茂るインド北東部アッサム地方。用意される茶葉は黒褐色で、90%以上がCTC製法で粒状に加工されています。特別な収穫があった場合には、リーフの形状で提供されることもあります。香りは麦芽風味とカラメルのような香りが広がりますが、それほど主張は強くありません。味わいはしっかりとしたボディ感と甘さが特徴で、美しい深みのある赤色をしています。ただし、収穫時期により色の深さは異なることも。

アッサム茶葉の美味しさ、健康への良さ、またその独特な風味が世界中で愛されています。ぜひ一度、その魅力をご体験ください。

アッサムは茶葉の仕上げ方で飲み方が変わる

アッサムは、インド北東部で生産される、世界でも多く飲まれている茶葉の一つとして知られています。独特な香りと味わいを持つアッサムは、ミルクティーをはじめとしたお茶の材としてしばしば用いられます。特にアッサムの約90パーセントの茶葉がC.T.C.製法により作られています。イギリスの進出したこの地域は、住民の90%以上がミルクティーを飲むことから、よりミルクティー向きな風味を持つCTC製法で作り上げられます。


CTC製法は、CRUSH(つぶす)、TEAR(引き裂く)、CURL(丸める)の三つの工程から成り、得られる茶葉は細かな粒状になります。この製法から作られる茶葉は、成分が抽出しやすく、チャイとして、またティーバッグやブレンド用途としてすばらしい風味が楽しめます。


一方、高品質な茶葉から作られるオーソドックス製法のアッサムは、ごく少量しか生産されません。しかし、この方法で作られるアッサム茶葉は、ストレートで飲むことでその豊かな魅力を印象的に感じ取ることができます。


このように、アッサム茶はその製法により異なる風味と香りを放ち、それぞれがアッサムの多様性と可能性を示しています。茶を味わう時は、ぜひこの事を考えながら楽しむことをオススメします。

アッサムティーのおすすめの飲み方

愛され続けるアッサムティーは、その風味の豊かさ、コク、そして抗酸化成分含有といった特徴が引き立つ飲み方が理想的です。アッサムティーの味わいを存分に楽しむための飲み方をいくつかご紹介しましょう。


最初に提案するのは、ベーシックなストレートスタイルです。アッサムティーの繊細さが際立つこのスタイルでは、""アッサムの大地""の香りを味わうことができ、その豊かな味わいを堪能できます。ただし、アッサムティーの深い発酵の結果として、ストレートスタイルではその豊かなコクが強調されてしまうことがありますが、上質なリーフを用いれば適度にコクを感じつつ美味しく味わえます。


また、相性の良いパートナー、ミルクを加えてミルクティーとして味わうのもおすすめです。インドにおいてはチャイとして親しまれてきたアッサムティーは、ミルクと一緒に楽しむとその風味がさらに引き立つものとなります。さらに、アッサムティーにスパイスを加えると、味わいの深みが増すため、その日の気分や季節によってアレンジを楽しむことができます。


さらに、アッサムティーはアイスへのアレンジにも対応しています。レモンやハチミツを加えたアイスティーとして愉しむと、アッサムティー固有の甘さとコクが、爽やかなレモンと絶妙にマッチします。夏季にはこの飲み方が特におすすめで、その時期のアッサムティーはまさに最高の頂き時となります。


いずれの方法でも、アッサムティーの奥深い世界を愉しむことができます。素晴らしい茶葉を実り豊かな季節、4月中旬から6月にかけて収穫し、その最良のタイミングに合わせて飲むことで最高の体験ができるでしょう。

アッサム/アッサムティーとは

まとめ

アッサムティーは、一度飲んだらその魅力に取り憑かれることでしょう。この地だけが持つ独特の風土と気候が育んだ紅茶は、その深みと豊かな香りであなたを魅了します。この極上のアッサムティーをぜひ一度ご賞味ください。そして、そのクオリティの秘密を紐解く旅にもぜひお越しください。