バイオレットキングとは - スイーツモール

バイオレットキングとは

バイオレットキングとは

バイオレットキングは、日本の山梨県で生まれた甘く美味しいぶどうの新品種です。この品種は、「ウインク」と「シャインマスカット」を組み合わせることで生まれました。甘さと果皮の特徴的な赤い色が魅力で、収穫時期も広範囲にわたっています。この記事では、バイオレットキングの起源や特徴、栽培地域、収穫時期、そしてその美味しさについて詳しく紹介します。

バイオレットキングとは

「バイオレットキング」は、山梨県の志村富男氏によって育成されたぶどう品種であり、高糖度で大粒で紅藤色に着色する特徴を持ちます。この品種は、「ウインク」と「シャインマスカット」を交配して育成されました。
果粒は大粒で、20~25g程度あり、大きいものになると30gほどにもなります。果皮は紅藤色で着色が容易で、形は扁円から短楕円となっています。特に大粒のものは頂部が平坦で凹みがみられることが多いです。
食味の点では、交配親である「ウインク」と「シャインマスカット」同様に、果皮ごと食べることができますが、マスカット香は受け継げなかったようです。果肉は崩壊性があり、糖度は18~23度と非常に高く、全体に赤く色付いた大きな房は贈答用としても適しています。
また、果粒は果梗にしっかりと付いていて脱粒しにくく、棚持ちも優れている特徴も持っています。これらの特性が「バイオレットキング」の魅力的な特徴です。

バイオレットキングの歴史

「バイオレットキング」は、山梨県の志村葡萄研究所の代表である志村富男氏によって育成されたぶどう品種です。志村氏は、マンズワインに勤務していた時期に、「ウインク(「ルーベルマスカット」×「甲斐路」)」と「シャインマスカット」という皮ごと食べられる高糖度のブドウを交配し、その実生から選抜育成して「バイオレットキング」が誕生しました。この新品種は、果皮が赤い特徴を持つものとなっています。

この品種は種苗法に基づく品種登録はされていないものの、志村葡萄研究所のホームページには『只今、品種登録準備中』と記載されており、品種登録の準備が進められているとされています。

近年、シャインマスカットの人気に続き、皮ごと食べられる高糖度のブドウが注目されています。特に果皮が赤いタイプは、シャインマスカットとともに紅白の詰め合わせにすることができるため、贈答用としても求められています。「バイオレットキング」もこの傾向に合致し、期待されている品種の一つとなっています。

バイオレットキングとは

バイオレットキングの主な産地

バイオレットキングの主な産地は山梨県です。しかし、現在の栽培面積や収穫量については具体的な情報が得られていないため、詳細な生産動態や地域ごとの生産量については把握できていません。

その他、確認できる範囲では長野県、岡山県、埼玉県、福岡県、富山県などでも広く栽培されており、多品種栽培をしている個々の農園で生産されていることが報告されています。

バイオレットキングの収穫時期と旬

バイオレットキングの収穫時期は産地や栽培環境によって幅がありますが、一般的には8月中旬から始まり、9月下旬まで続くことが報告されています。成熟期は山梨県では9月上旬~中旬とされていますが、実際の収穫時期は気候や地域によって異なるため、収穫のタイミングは生育状況や気象条件を考慮して判断されます。

したがって、バイオレットキングは8月中旬から9月下旬にかけて収穫され、この時期が旬とされています。

バイオレットキングとは

まとめ

バイオレットキングは、山梨県を中心に栽培される甘くて大粒のぶどう品種であり、その美味しさと特徴的な赤い果皮が注目されています。収穫時期は8月中旬から9月下旬までであり、その時期になると旬の味わいを堪能できます。多くの地域で栽培され、贈答用としても人気があります。バイオレットキングは、ぶどう愛好者や果物好きにとって魅力的な品種であり、甘い果実と共に食卓を彩ってくれます。