ヴィーガンとは - スイーツモール

ヴィーガンとは

ヴィーガンとは

私たちが生活の中で食べるものについて考えるとき、栄養面だけでなく倫理的、環境的な観点からもその選択が質問されることがあります。"食"は単に生物としての私たちを生かす手段に留まらず、自己の倫理観やライフスタイルを反映するツールとなっています。そんな中、ここ数年で特に注目を浴びているのが"ヴィーガン"というライフスタイル。本記事では、この"ヴィーガン"と言葉と、それが意味するライフスタイルについて詳しく解説します。

ヴィーガンとは

「ヴィーガン」という言葉は何を意味するのでしょうか。ヴィーガンとは、動物由来の食品を全く口にしない、完全菜食主義者のことを指します。これは、肉や魚、乳製品や卵、更にはハチミツやゼラチンといった微細な動物性成分まで含まれる全ての食品を摂取しないというライフスタイルを示しています。

食生活だけではなく、日常生活全てにおいて、動物由来の素材を使用した製品も避け、動物実験には反対の立場を取ります。服飾品や化粧品、生活用品なども含まれます。これは、エシカル・ヴィーガンと呼ばれる思想に基づき、ひとえにレザーや毛皮といった明らかな動物性製品だけでなく、可能な限り全ての動物由来の製品を避ける考え方を持つ人々を指します。

ヴィーガンは、単に健康的であることやダイエットのためだけでなく、動物の権利保護、環境の持続性、貧困の解消といった大局的な視点を持つライフスタイルです。全ての生命を尊重し、持続可能な世界を実現することを目指す哲学、それがヴィーガンです。「ヴィーガン」という言葉自体は、1944年にイギリスで設立されたヴィーガン協会(The Vegan Society)由来で、現在では特に若い世代を中心に、世界中で評価されているライフスタイルです。

ベジタリアンとは

ベジタリアンとは、植物性の食品を主とした食生活を選択する人々のことで、ラテン語の'vegetus'から由来し、「健全な」「新鮮な」「活力のある」を意味します。動物性の食品を避ける彼らの食事スタイルは、種類によって異なります。


植物性食品のみを摂取する「ヴィーガン」、乳製品を追加する「ラクト・ベジタリアン」、さらに卵も許可する「ラクト・オボ・ベジタリアン」など、多大なるバリエーションが存在します。彼らの食事選択は単一ではなく、多種多様に広がっています。


ベジタリアンの生活観念には個々の理由があり、例えば、動物の権利保護、環境問題の認識、さらには健康の向上などが含まれます。近年、健康志向が高まる中で、ベジタリアンの食事法を選び、その道を歩む人々が増加しています。


ベジタリアンの食事は脂質が低く、飽和脂肪酸やコレステロールの摂取を制限することで、健康的な体重の維持や生活習慣病の予防に寄与します。また、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、栄養価も高いものの、タンパク質や鉄分、ビタミンB12の摂取が肉食の人々に比べて不足しやすい傾向にあります。そのため、食事のバランスを考えることが重要とされています。

ヴィーガンとは

白砂糖を使わないヴィーガンも

一部のヴィーガンやベジタリアンは、白砂糖の利用を避ける傾向があります。


その理由は、白砂糖製造過程における「骨炭」利用に起因しています。骨炭は、牛の骨を粉にして作られるもので、砂糖の精白・精製過程で使われることがあるのです。これが、動物性製品を排除するヴィーガンやベジタリアンには受け入れ難い事実となります。


それゆえ、彼らは甘味料として自然素材をプライオリティに選びます。例えば、黒砂糖、メープルシロップ、デーツ(ナツメヤシ)、ココナッツシュガー、さらにはアガヴシロップなどがよく用いられます。これらの甘味料は、栄養価が高く、また独特な風味があるために愛されています。


このような、自身の健康と地球への影響を考えた選択は、現代の自然志向が進む社会において拡大する傾向にあります。動物や自然に対する負荷を減らすというヴィーガンやベジタリアンの価値観は、持続可能な生活スタイルを模索する現代社会にとって、参考になるものであると言えるでしょう。

ベジタリアンとヴィーガン

私たちの周囲には、さまざまな食事の価値観を持つ人々が存在します。その中には、「ベジタリアン」と「ヴィーガン」という、それぞれ異なる食生活を選択した人々もいます。


ベジタリアンとは、肉や魚といった動物性食品を排除し、主に植物性食品を中心に食事を考えるスタイルです。動物の倫理、自己の健康、そして環境問題といった観点から、このライフスタイルが選ばれています。一方で、卵や乳製品は食事に取り入れているケースがたくさん存在します。


更に進んで、全ての動物性食品やそれを原料とする製品を食事から排除するスタイルを「ヴィーガン」と呼びます。ヴィーガンの選択は、卵や乳製品だけでなく、ハチミツやゼラチンといった製品も避けるといった事から、より強く動物への影響を抑える思いが感じられます。


これら両者は、動物のため,自身の健康のため,環境の保全のためといった視点から考えられたライフスタイルです。いずれも素晴らしい選択ですが、栄養素の偏りを防ぐためには、適切な知識と食事のバランスが求められます。この点からも見てとれるように、ヴィーガンやベジタリアンの食事スタイルは、ただ単に食べ物を選びとるだけではなく、その背後にある思想を理解し、尊重し合うことが重要です。


一食一食を通じて、命を尊重し、自己の健康を考慮した食選びをしながら、様々な食生活について紹介し続けれていきたいと思います。

ヴィーガンとは

まとめ

ヴィーガンは、全ての動物性製品の消費を否定し、プラントベースの食事と生活を選択します。倫理的に動物の扱いや地球環境への配慮から、多くの人がこのライフスタイルを選択。その理解を深め、新たな選択肢としてその存在を知っていただきたいです。