タイ お菓子 - スイーツモール

タイ お菓子

タイ お菓子

タイ、その名が示すとおり、フレンドリーで色とりどりの文化を持つ国であり、栄養豊富でパクチー溢れる伝統料理、ピーコクブルーの海、手作りのシルク、神秘的な寺院が脳裏に浮かぶかもしれません。しかし、その文化の中に深く根付いたものの一つにタイのお菓子があります。タイお菓子は、その独特な風味と手間をかけて作られる手順で、タイのライフスタイルと文化の一端を覗かせてくれます。一見複雑そうなタイのお菓子も、作り方を学んでみると日本でも再現可能なものばかり。まだ試したことのない人も、タイお菓子の魅力にハマること間違いなしです。では早速、その美味しさと多彩なバラエティをご紹介しましょう。

タイでよく知られているお菓子・デザート

タイの豊富なデザート群をご堪能いただけると嬉しいです。多種多様で個性豊かな甘い一品の数々、その中には手軽にご自身でチャレンジして作れるバナナようかん「クルアイ・クワン」やドライココナッツ「マプラオ・ゲオ」、軽やかな甘さのタロイモチップ「プアックチャープ」も含まれています。

イチ押しの本場風冷デザートは、「カノム・ドゥアン」や「タップティム・グロープ」です。前者は三色の麺とココナッツフレークが合わさった爽やかな一品、後者はピンクゼリーで包まれたクワイの実とココナッツクリームが融合した甘さが特徴となっています。

地域ごとに特色を持つデザート群も凡そ目を見張るものがあり、エッグカスタード「サンカヤ」やデザートとして利用される主食の一種「カオニャオ・タッド」、「カオニャオピアン・ラムヤイ」、そしてパンダンやバナナ葉入りのココナッツミルクプリン「タコー」などが挙げられます。

首都バンコクで評価の高いデザートとしては、緑豆プリン「カノム・モーケン」と焼き菓子「カオ・ニャオ・ダム・ピン」が人気です。まんざら只者ではない、「カオニャオマムアン」はもち米とフレッシュマンゴーが合わさった美しい一品その他に、パパイヤ、スイカ、ジャックフルーツなど、多種多様な果物も味わっていただきたい所存です。

特筆すべきは「ドリアン」、タイ伝統の天然デザートであるこの果物は、独特の香りと風味から“地獄のような匂い、天国のような味”と称されています。

また、フルーツカービングは本場タイの文化を感じることができ、特別な日やお祝い事の際にはその華やかさで宴席を盛り上げ、いかなる料理も格式高いおもてなしとなります。それは、ゲストへの尊重と敬意を示す、タイ流のおもてなしの一部です。

タイのお菓子やデザートの材料

タイのスイーツとお菓子は、豊富な材料とその特異な特徴により、多くの人々に愛されています。では、その魅惑的なデザートがどの様な成分で作成されているのでしょうか。


基本的なものには、ココナッツミルク、砂糖、そしてもち米の粉が挙げられます。スイーツの基盤的な風味となるこれらの成分は、様々なレシピで利用される主要な要素です。さらにエキゾチックさを引き立てるためには、タイ特有のフルーツが欠かせません。マンゴーやバナナ、パパイヤなどの新鮮なフルーツが豊富に利用されたデザートが数多く存在します。


さらに不思議なことに、タイのデザートには、ライスやビーンズ、果物の種といった意外な材料も使用されています。それらはココナッツミルクや砂糖と合わせることで、驚きの美味しさを引き出すデザートへと変貌します。


そして最後に忘れてはならないのが香辛料です。レモングラスやガランガルなどのスパイスが数多くのデザートで使われ、甘さをより一層引き立てつつ、独特のスパイシーさを加える役割を果たしています。


これらがタイのスイーツやお菓子に使われる主要な材料となります。それぞれの成分が組み合わさることで、唯一無二のタイ特有の魅力的なデザートが誕生します。

タイ お菓子

タイのお菓子・デザートの種類

タイの菓子作りは、その鮮やかな色合いと豊かな味わいから、まるでアートのようです。タイのパティシエが創る菓子たちは、規格外の味わいを生むその独特の調理方法や、材料の組み合わせから生まれる深い味わいが特徴です。それぞれの菓子には、時代を超えて語り継がれるタイの文化と伝統が息づいています。


特に有名なのが、「カノムチャン」です。これは、パンダンリーフの緑色が特徴の、複数の層からなるケーキで、その各層はココナッツ風味がアクセントとなっています。その次にすぐれた逸品を挙げるとすれば、「ロッティ」でしょう。これは、フラットブレッドのような形状を持ち、さまざまなトッピングとともに供されます。


そして、避けて通れないのが「マンゴースティックライス」です。ここでは、糯米が甘いマンゴーと共にココナッツミルクで調理され、その結果としてクリーミーな甘さとフルーティーな酸味が美しいハーモニーを奏でます。さらに「フルーツミットタイ」も試す価値あり。この一品は、フルーツと透明なゼラチンで作られた砂糖で甘くしたデザートです。


そして、最後に挙げるべき逸品は「カノムトム」です。これは、ココナッツと砂糖で包まれた甘さが引き立つ、もちもちとした食感のお団子に似たデザートで、中には甘皮餡が詰まっています。


それぞれの菓子が、タイの伝統文化を映し出す鏡ともなっています。「サイアム」の風土から生まれたこれらの菓子を試すことで、味覚を通じてタイの文化に触れ、感じることができます。

まとめ

タイのお菓子は、その色彩、風味、そして制作手順を通してタイの文化とライフスタイルを反映しています。一度食べれば、その独特な美味しさと魅力に虜になること間違いなしです。日本でも再現可能なこれらのお菓子を作って、自宅でタイの風情を味わい、異国の感動を再び体験してみましょう。