ショートケーキとは? - スイーツモール

みなさんが一度は口にしたことがあるであろう、愛されるスウィーツの中でも特に名高い"ショートケーキ"。その見た目の可愛らしさと、クリームと苺のハーモニーが生み出す絶妙な味わいは、誰しもが思い出す記憶として心に残るに違いありません。ここでは、その魅力溢れるショートケーキの深い世界に触れながら、その歴史や作り方、様々なバリエーションについて探ります。人間の喜びを彩る甘いスウィーツ、ショートケーキに迫った特集をお楽しみください。

 

ショートケーキとは?

ショートケーキと聞くと、多くの人はスポンジケーキの上に甘いホイップクリームと新鮮ないちごがのった美味しくて華やかなデザートを思い浮かべることでしょう。

しかしこの「ショート」が意味するものが、「短い」ではなく、「サクサク」という意味を持つ事をご存知でしょうか?

これはショートケーキの起源が「ショートニング(油脂)を使った焼き菓子」、つまりサクサクした食感のケーキであることに由来します。

しかし日本で親しまれているショートケーキは、その名の通りサクサクした食感よりは、フワフワと柔らかいスポンジケーキが中心です。

それに対し、海外では日本のそれとはまた異なった形のショートケーキが存在します。アメリカでは、ショートケーキはビスケット生地のケーキに、フルーツやクリームを挟んだスタイルが一般的です。これこそが、ショートケーキの名前の由来である「サクサク」な食感を表しています。 日本で最も人気のある「いちごのショートケーキ」は、ホワイトのホイップクリームに真っ赤ないちごをのせた美しいコントラストが特徴的です。

これらの細かな違いは、各地域や文化の影響を如実に示していると言えます。 かくしてショートケーキは、その名称や形状、味もさまざまに展開させながら、世界中の人々に甘い喜びをもたらしているのです。

 

ショートケーキの名前の由来は?

「ショートケーキ」と聞くと、甘酸っぱいイチゴとクリームが盛られたフワッフワのスポンジケーキを思い浮かべることでしょう。

この名前の仕組みとその起源について熟知しているでしょうか?

「ケーキ」という言葉は、固くて平たいパンを指す12~13世紀の北欧やドイツの言葉、『Kaka』が起源となっています。

 

日本独自の洋菓子とも言えるショートケーキは、サクサクと口溶けの良いスポンジケーキに、鮮やかなストロベリーとふんわりとしたクリームがトッピングされています。

また、西洋では、特定のフルーツを使用したケーキというよりは、クリームをはさんだショートブレッドを指す事が多いです。

 

日本でショートケーキが一般化したのは近代の明治時代で、和菓子から洋菓子への転換が進んだ時期と同時期です。

 

今日では、記念日など特別な日のデザートや、カフェや喫茶店のメニューの一部として定番化しています。

シャーベットが加わることでさらに爽やかな酸味が感じられ、クリームの甘さと見事にマッチします。

 

ショートケーキの歴史は?

多くの方がそうであるように、ビクトリア朝のイメージが強いかもしれません。

しかしこの美味しいスウィーツのルーツは、中世のヨーロッパまで遡ることが可能です。

ショートケーキの基盤は、「ショートブレッド」なるもので、これは平坦にしたパン生地のことを指します。

 

 

16世紀のスコットランドで普及し始め、そのリッチなバターの風味が特徴でした。

19世紀のイギリスで、新大陸から取り寄せたイチゴをトッピングし、今日知られている形のショートケーキが誕生したのです。

日本でショートケーキが認知されるようになったのは戦後、アメリカ軍のPX(一部門)から広まったとされています。

 

元々のレシピに日本独自のアレンジが加わり、スポンジケーキと生クリーム、イチゴを組み合わせた「日本風ショートケーキ」が生み出されました。

 

年月を経る中で、ショートケーキは全世界的に愛されるスイーツに成長しました。

その歴史は、社会や時代背景の影響を鮮やかに反映しており、単なるデザート以上の価値を持っています。

 

海外のショートケーキとは?

ショートケーキは日本でも多くの人々に愛されていますが、一方で海外のショートケーキはここ日本で思い描くものとはかなり異なるのがおもしろいところです。

海外のショートケーキ、特にアメリカは、その考え方が大きく異なります。

 

アメリカのショートケーキは、ビスケットに semblanceを持つ生地をベースに、生クリームと苺をトッピングします。

このビスケット風の生地が「ショート」の名前の由来だともしばしば言われています。

このあっさりとした生地と酸味のある苺、そしてクリームが絶妙に調和し、これぞがアメリカのショートケーキの真髄なんです。

 

さらに、イギリスでは、ショートケーキは、バターが見事に効いたクッキーのような存在と言えます。

そして、やはり苺とクリームを添えて楽しむのが一般的です。

 

これが伝統的な「ストロベリーショートケーキ」であり、ティータイムにも良く見かけます。

 

まとめると、海外のショートケーキは、生地が主役であり、トッピングと共に絶妙な味わいを醸し出しています。

ショートケーキ簡単レシピ

ショートケーキの基本的なレシピを紹介します。

初心者でも簡単に作れるようにステップを分けて説明します。

 

【材料】(直径18cmのケーキ1台分)

スポンジケーキ用

  • 卵:3個
  • グラニュー糖:100g
  • 小麦粉:100g
  • バター:20g

クリームとトッピング用

  • 生クリーム:200ml
  • グラニュー糖:2大さじ
  • いちご:10個

【手順】

スポンジケーキ作り

  1. 卵を室温に戻す。卵は冷たいと泡立ちにくいので、必ず室温に戻してから使います。
  2. 卵をボウルに割り入れ、グラニュー糖を加えてよく混ぜ合わせます。
  3. 混ぜ合わせた卵と砂糖のミックスを湯煎にかけ、さらによく混ぜます。この時、全体が均一に暖まるように底と側面をこすりつけるように混ぜましょう。
  4. 卵液が体温くらいになったら湯煎から外し、泡立て器でよく泡立てます。しっかりとした泡が立ったら、ふるった小麦粉を加えて混ぜます。
  5. バターを溶かし、少量の生地を加えて混ぜ、再び全体の生地に加えて混ぜます。
  6. ケーキ型に生地を流し入れ、表面を平らにならします。180℃に予熱したオーブンで約25分焼きます。焼き色がつき、竹串を刺して何もつかなければ完成です。

クリーム作りと組み立て

  1. 冷えた生クリームに砂糖を加えて泡立てます。しっかりとした泡立ち具合まで泡立てましょう。
  2. 焼きあがったスポンジケーキを冷ましてから、水平に2枚にスライスします。
  3. 下のスライスに生クリームを塗り、いちごを適当な大きさに切って乗せます。その上にもう一枚のスポンジケーキを乗せ、上面と側面に生クリームを塗ります。
  4. 最後に、上にいちごを飾ります。

 

まとめ

甘さと酸味の調和に心を奪われるショートケーキ。

その深い歴史から学ぶこと、自分だけのオリジナルショートケーキの手引き、味わいの異なる様々なバリエーションまで、私たちを幸せにするこのスイーツの魅力を存分に引き立てる特集でした。

美食の冒険は永遠に終わりません。

 

バタークリームケーキとは

ケーキ