ブルボン種とは - スイーツモール

ブルボン種とは

ブルボン種とは

あなたがコーヒー愛好家であれば、あるいはバーボンウィスキーの愛好者であれば、ブルボンという名前にはすでに親しいかもしれません。しかし、ここで言及するブルボン種とは、そのどちらでもなく、コーヒー豆の主要な種類のひとつを指す言葉です。コーヒー豆の種類は非常に多いですが、その中でもブルボン種は特に評価が高く、その甘みや風味から世界中のコーヒー愛好家から高い評価を受けています。では一体ブルボン種とは何なのでしょう?それぞれの特性とはどのようなものなのでしょう?それらの質問にお答えするために、ブルボン種について詳しく掘り下げていきましょう。

ブルボン種とは

ブルボン種とは一言で表すならば、アラビカ種のコーヒー豆の一種で、現代のコーヒー文化に欠かせない存在です。喫茶愛好家にとって香り高く、バランスの取れた味わいを提供するこの種は、アラビカ種から15世紀に変異して生まれ、原産地はマダガスカル近海のブルボン島です。さらに19世紀にはその美味しさが全世界に広まり、ブラジルやグアテマラ、ルワンダなどで栽培されるようになりました。日本でもいくつかのブルボン種の豆が輸入されており、細かい品種を知らない中でも実は、多くの人々がブルボン種のコーヒーを楽しんでいます。

しかしながら、収穫量の少なさと病害への弱さから、この種は栽培が困難であり、大量生産は難しいとされています。その結果、ブルボン種は贅沢な豆として特別扱いされ、その希少性はその価値を更に高めています。この種にはブルボン種の変種としていわゆるイエローブルボン種も存在し、黄色いコーヒーチェリーで知られ、一般的な種に比べて強い甘みを持っています。

以上のようなことから、コーヒーを深く愛する人々にとっては、ブルボン種のコーヒーを少なくとも一度は試し、甘さと複雑さのライチ感を味わうことが、コーヒーライフの醍醐味と言えるかもしれません。

ブルボン種コーヒー豆の歴史

「ブルボン種」はコーヒー豆の一つで、その名前はフランスのブルボン島(現在のレユニオン島)から取られ、世界中のコーヒーラバーが高く評価する風味の源です。原種の「コーヒア・アラビカ」から自然交配を経て誕生したこの種類は、18世紀、コーヒーが宗教的、経済的な理由からヨーロッパへと広まる際に輸送され、その後世界各地で栽培が始まったとされています。


ブルボン種は繊細ながらも栽培が困難で、手間がかかる特性から、そのままコーヒーとして楽しむだけでなく、新たな品種を生み出す交配の元にもなります。その長い歴史とともに進化し続けるブルボン種は、その豊かな風味とともに現在でも世界中のコーヒーラバーに愛され続けています。


1715年、このブルボン種がレユニオン島に導入され、名前の由来となったのが始まりです。その後、ブラジルを始めとするコーヒーの大生産国にも広まり、生産の中心地を移しました。しかし、最近では日本のUCCコーヒーが、原産地であるレユニオン島のブルボン種を復活させる運動を始め、再びこの種が注目を集めているのです。

ブルボン種とは

ブルボン種コーヒー豆の特徴

ブルボン種のコーヒー豆は高品質な味わいが特徴で、全世界のコーヒー愛好家に親しまれています。その起源はボルボン島(現在のレユニオン島)からと、その魅力的な風味は数々のコーヒー栽培地へ拡げられました。


ブルボン種特有の、甘さと酸味が絶妙に融合した味わいが特長で、チョコレートや赤い果物を思わせる豊かな口あたりと、余韻に残る甘さとコクが魅力です。そのパンチの効いた酸味と洗練された甘さが相互に作用し、深い味わいを創り出します。


一方で、ブルボン種のコーヒー豆は全世界のコーヒー生産量に占める割合は少なく、収穫量も限られています。ですがその高品質さが知られており、ギフトやスペシャルなシーンで選ばれることが多いです。ブルボン種の特異な風味と深みのある余韻を味わうことで、あなたのコーヒー体験もさらに豊かになることでしょう。


ブルボン種のコーヒー豆はコーヒー好きならばぜひ一度は試してみたい一品。そんなブルボン種の豆が日本でも手に入ります。是非、あなたもその上質な味わいを堪能してみてください。

まとめ

ブルボン種は、高品質なコーヒー豆として評価される種類で、フレーバープロファイルは甘さやフルーツのニュアンスを持つことが多いです。18世紀にフレンチブルボン島で開発され、栽培や環境への適応性が高く、世界中のコーヒー生産地で愛されています。ブルボン種が生み出す適度な酸味と上品な甘さは、コーヒー愛好家の間で特別視されており、一杯のコーヒーがもつ幸福感を高める要素の一つとされています。