アンデスメロンとは

アンデスメロンとは

アンデスメロンとは

夏の果物の代表格と言えば、サッパリとした甘さが特徴のメロンが挙げられますが、中でも一際目を引くのが「アンデスメロン」です。これは一体どのようなメロンなのでしょうか?イチゴのような赤い肉質や、砂糖をまぶしてないにも関わらず、その甘みと深みが口の中に広がる瞬間を想像してみてください。一般的なメロンとは一線を画す、アンデスメロンの魅力について、詳しく解説していきます。

アンデスメロンとは

あなたが「アンデスメロン」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?それは、南米アンデスで生まれた、ユニークで美味しいメロンかもしれません。しかし、実はこのアンデスメロンは、日本のサカタのタネが開発し、1977年に発表したネット系青肉メロンなのです。

初めて聞く名前かもしれませんが、その風味と美しさ、そして手ごろな価格で知られるアンデスメロンは、日本全国で「大衆のメロン」として人気を博してきました。

見た目は網目模様の灰緑色の果皮で、その下には黄緑色の果肉が隠れています。甘みが強く、ジューシーな味わいが特徴で、食べれば口の中でとろけるような食感が楽しめます。また、その栄養価も高く、ビタミンCやカリウムを豊富に含んでいます。

その名前は、アンデス山脈から取ったわけではありません。このメロンが「生産者はつくって安心」「流通は売って安心」「消費者は買って安心」という信頼関係を生み出すことを願い、「安心ですメロン(アンシンデスメロン)」と名付けられ、これが「アンデスメロン」と略されたそうです。

一度食べれば忘れられないその味と香り、手に入れやすいその価格。アンデスメロンは、誰もが虜になるマスクメロンの一種なのです。次にデザートを考える際やギフトを選ぶ際には、ぜひこのアンデスメロンを思い出してみてください。

アンデスメロンの選び方(見分け方)

初めてアンデスメロンを選ぶときは、その風味や甘さを最大限に堪能するためにも、どう選ぶかを知っておくことが大切です。


見た目はまずベーシックなベージュ色で、その色が均一であることが求められています。全体に緑色が見受けられると、まだ完全には熟していない可能性があるでしょう。また、形状は丸みがあり、表皮に描かれたネットの模様が細かいものが良いとされています。


加えて、香りも鍵となります。アンデスメロンは熟しても果皮の色が変わらず、あまり香りを発さないため、この点は特に気をつけたい部分です。持って底部を嗅いだときに、芳醇な香りが漂うなら食べ頃の兆しです。


重量感も重要な選択基準となります。全体に重みを感じられたら果肉が優れて成熟している証拠です。どっしりと重いと感じることが求められます。


食べ頃のアンデスメロンはお尻の部分を軽く押すとほどよい弾力を感じることが特徴です。ただ強く押すと傷んでしまうため注意が必要です。


最後に、購入後もラップを取らず冷蔵庫で数日置くことで、さらに熟成を進め、深い味わいを引き立てます。以上のポイントを押さえて選べば、アンデスメロンを最良の状態で楽しむことができます。

アンデスメロンとは

アンデスメロンの保存方法

アンデスメロンの美味しさを引き立てるためには、その保存方法が重要となります。この南米アンデス山脈出身のフルーツは、甘さとジューシーな食感で、その魅力を備えています。適切な保存方法によって、これらの特徴を一段と際立たせることができます。


収穫後4日~7日ほどがアンデスメロンの食べ頃とされ、未熟な状態のアンデスメロンは、少々時間をかけて室温で熟成させます。ただし、直射日光を避け、よく通気性の良い場所で保管しなければなりません。また、適度に熟成したら冷蔵庫で保存することが望ましいです。


一度に全てを食べ切れない場合や、切ったアンデスメロンは、種を取り除き、密封ラップでしっかりと包んだ後、冷蔵庫で保存します。ここではすぐに食べることが望ましいです。なお、大量に残ってしまった場合は、果肉を一口大にカットし、冷凍保存するという手もあります。


なお、アンデスメロンは繊細な味わいのフルーツなため、他の食品と一緒に保存すると味が影響を受ける可能性があります。この点に注意し、他の食品から分けて保存するか、専用の保存容器を利用することをおすすめします。


これらの保存方法を実践することにより、アンデスメロンをより美味しく、フレッシュな状態で楽しむことができます。適切な保存方法により、アンデスメロンの美味しさを最大限に引き立たせることが可能になります。

アンデスメロンの食べ方

アンデスメロンは、その香ばしく甘い味わいから高級フルーツの仲間入りをしています。食べ方のひとつとして、まずは食べる直前にメロンを冷蔵庫から取り出し、適度な温度に戻しておきましょう。


次に、フルーツの半分をカットして種を取り除きます。深く切りすぎると種が飛び散ってしまうので、種までをターゲットに切るのが推奨されます。種を取り除いたら、果肉をスプーンで取り出すか、もしくは果肉と皮を分けて、お好みの大きさに切り分けてください。皮も一緒に食べたい場合は、フルーツナイフで果肉に段差をつけると食べやすくなります。


小さくカットしたものをバニラアイスとともに供すると一層美味しく感じられます。また、切った果肉を冷凍すれば、そのままでシャーベットとして食べることもできますし、スムージーに混ぜることも可能です。特別な日のデザートとして、または季節を問わずにさまざまなメニューで美味しく食べられる、アンデスメロンの食べ方をぜひお試しください。

アンデスメロンとは

アンデスメロンの旬(出回り時期)

アンデスメロンは日本全国で親しまれているフルーツで、特徴的な緑色の外観と甘い香り、そして果汁で溢れる果肉が、その美味しさの秘密です。その一番の旬は夏と冬、特に6月と12月に訪れます。


北半球の主要な生産地である南半球に比べて、一年を通して流通しているため、普段食べるのは南半球産が主流となります。しかし6月には、日本国内でも特に北海道での栽培が盛んとなり、そのアンデスメロンが各市場に並びます。北海道産のアンデスメロンは、長い日照時間と適度な温度差が甘味と風味を高め、優れた品質が評価されています。


また12月には、チリからのアンデスメロンが大量に出回ります。メロンが冬に旬を迎えるのは日本では珍しいことで、クリスマスや新年の祝いの食卓やギフトにも人気となっています。


旬の時期に食べるアンデスメロンはその美味しさが一段と増します。果汁が豊富に詰まっており、その一つ一つから滲み出る甘さはまさに夏の楽しさそのもの。対して冬のアンデスメロンは寒さを忘れさせるような深い味わいが堪能できます。


アンデスメロンは一年を通して味わうことができますが、その最高の美味しさを味わうためには、やはり旬の時期に食べることがベストです。季節ごとのそれぞれの風味を存分に楽しみ、アンデスメロンの豊かな味わいをぜひ体験してみてください。

まとめ

アンデスメロンは味わい深く、その特徴を最大限に活かす重みのある甘さと独特な風味が感じられます。一度食べればその深みや色鮮やかさに魅了されるでしょう。アンデスメロンを知り、味わうことで豊かな味覚の世界が広がるはずです。この夏、ぜひアンデスメロンを試してみてください。