モカとは - スイーツモール

モカとは

モカとは

コーヒーは多くの人々にとって一日を始めるエネルギー源、寒い夜の心地よい慰め、または負担なく長時間働くための必要不可欠なパートナーです。世界中のコーヒー愛好家たちはその風味、香り、そして絶妙な苦さを愛してやまないのですが、味わいの変化を楽しむために試しにみたいと思っているのが「モカ」かもしれません。モカはコーヒーのさまざまなバリエーションの1つですが、その深みと甘さには特別な引力があります。それでは、一緒にこの魅力的な飲み物、モカについてさらに深く見ていきましょう。

モカとは

「モカ」は世界で最も古典的なコーヒー豆ブランドの一つで、それはその甘さとコク、そして特有のフルーティーで爽やかな酸味に由来します。イエメンとエチオピアのモカは、同じ原種から生まれたため風味は似ていますが、コーヒー豆の形状は異なります。イエメン産は小粒で楕円形、一方エチオピア産は細長い形状をしています。

特筆すべきは、モカはその収穫地によってブランド化され、地名がそのままコーヒーの名前になっていることです。イエメン産の「モカマタリ」はその一例で、この豆の特徴は独特の酸味と香りで、苦味はあまり強くなく清々しい風味が楽しめます。エチオピア産では、モカシダモ、モカハラー、モカアビシニア、モカイルガチェフェなどが知られています。

モカシダモは、甘美で芳醇な香りと、なめらかな酸味が特徴的。モカハラーは、その酸味が薄くスッキリとした風味が特長で、上級品とされます。大粒のコーヒー豆だけを選び出し、二度にわたって選別したものは「ボールドグレイン」と呼ばれ、高級品とされています。モカアビシニアは、その華やかな香りと甘い後味が魅力。モカイルガチェフェは、そのフルーティで爽やかな酸味と甘味が強く、世界中のコーヒー愛好家から絶大な人気を得ています。

モカの由来

「モカ」という言葉が連想させる甘いドリンクやチョコレート風味とは一線を画し、一言で「モカ」の起源を語るとすれば、それは遥か彼方の地中海地方、イエメンの港町「モカ」によります。かつてこの地域は、コーヒーの重要な取引拠点として知られ、全世界へその品質の高さを広めました。


特に、この地から出品される「モカ豆」または「モカコーヒー」と称されるコーヒー豆は、そのユニークな甘味と香りで、ヨーロッパをはじめとした全世界で支持されてきました。次第に、モカ豆由来のビバレッジや、それに想を得たチョコレート味の甘いドリンクも「モカ」と名付けられるようになりました。


現代の「モカ」はチョコレートシロップを加えたカフェラテを指すことが多いですが、その根源をたどれば、イエメンの地中海の小さな港町で栽培された素朴なコーヒー豆から世界にその名が轟いた事実にたどり着きます。極上の甘さと濃厚な風味を秘め、多くのコーヒーラバーたちに愛される「モカ」には、長い歴史と深深なる背景が隠されているのです。それは単にイエメン産十分ではなく、エチオピア産のコーヒー豆も共に輸出され、両方が「モカ」と称されていたことがその証拠なのです。

モカとは

モカの特徴・味わいとは

モカは、特に高級ビーバレッジのシンボルといえる存在です。サクサクとしたチョコレートレイヤーに豊富なクリームラテがトッピングされたイメージが強いものの、元来モカとは一種類のコーヒー豆のことを意味します。そして、そのコーヒー豆は、世界で最も古いブランドとして認識されています。


モカは、その香り高さに定評があるアラビア種の中でも、特に洗練された風味を持っています。元々はイエメンのモカ港からその名を取り、全世界にその存在を知られるようになりました。その特性は、甘さ、酸っぱさ、そして複雑性が見事に調和したもので、チョコレートのような甘さと、スパイスのような刺激が同居するユニークなバランスを有しています。


モカの豆自体は、小さな粒ですが、それが生むフレーバーは大変豊かで、ワイニーでフルーティな酸味が特に際立っています。その風味は、しっかりとした甘みに包まれ、口中に広がると滑らかで、チョコレート、ナッツ、フルーツを思わせるような幅広いフレーバーが味わえます。深い焙煎によってその風味は一層強化され、一杯のコーヒー全体に深みを与えます。


モカは、その特異な風味のおかげでコーヒー愛好家たちから高く評価されており、まさにごちそうとされています。その味わいを最大限に引き出すには、マシンで新鮮に挽いてから淹れることを推奨します。豆の風味を最大限に生かすため、ミルクは控えめに。モカコーヒー一杯で、豊潤な風味と香りのハーモニーを存分に堪能してみてください

モカコーヒー豆の買い方

モカコーヒー豆を選ぶ際、品質の確認は必須です。まずは色調を確認しましょう。モカ豆はふつう、中焙煎から深焙煎までの深いブラウンが特徴的です。早焙煎が施されていると色が均一でなくなるので注意しましょう。


また、香りも見逃せません。モカ豆は甘いベリーの風味や、チョコレートのような香ばしさが特徴です。これらの香りが薄いものは避けた方が良いでしょう。


パッケージも重視しましょう。豆の状態を保つためには空気や光、湿度から適切に保護するパッケージが重要です。真空包装や再封できるパッケージを選びましょう。


そして、購入するお店の信頼性も確認しましょう。そのお店の評判や口コミ、アフターサービスが整っているかなどを確認し、良質なモカコーヒー豆を安心して楽しむことができます。


焙煎度合いや精選方法によってモカの風味は大きく変わります。浅煎りのモカはフルーティーな香りと甘味が感じられ、深煎りにするとコク深く、ビターチョコレートの風味が感じられます。また、精選方法によっても味わいに違いがあります。ナチュラル(非水洗式)モカはドライフルーツやワインのような風味、ウォッシュド(水洗式)モカはレモンのような爽やかな香りやフルーティーな酸味が感じられます。


これらのポイントを押さえて、モカコーヒー豆選びを楽しみ、素晴らしいコーヒータイムを過ごしてください。

モカの美味しい淹れ方

この度、モカの美味しい淹れ方をドリップ方式で解説します。ドリッパーは抽出器具の中でも最も一般的で、湯の温度、粉の量、湯と粉の接触時間によって、コーヒーの味が大きく変わります。湯が熱いと、また粉が多いと、コーヒーは濃くなる傾向にあります。さらに、湯と粉が長い時間接触するほど、コーヒーは濃く抽出されます。


エチオピア産モカの最も美味しい淹れ方としては、約90度の温湯を使うのが理想的です。また、挽いたコーヒー豆は中細のものを、ドリッパーに付属する計量スプーン1杯分取ります。湯と粉の接触時間は、蒸らしを始めてから抽出が完了するまで、おおよそ3分が適しています。蒸らしの際は、中央から外へと、'の' 字型に水をゆっくり注ぎ、約30秒ほど待つと良いでしょう。抽出が充分行われるよう、湯は3回に分けて同じ速度で、なるべく細くゆっくりと注ぎましょう。


今回紹介した淹れ方でモカを初めて淹れてみて、その後は自分の好みの味になるよう湯温や粉の量、湯と粉の接触時間を調整してみてください。特有の風味が際立つモカの本当の美味しさを、自分だけの淹れ方でぜひ体験してみてください。

モカとは

まとめ

モカは、コクがある甘さとほんのりとした苦みが特徴のコーヒー。クリーミーな舌触りと独特の焦がし砂糖のような香りが、一日の始まりや心地よい夜をより一層特別にしてくれます。飲んだ瞬間に広がるこの特別な味は、一度試したらもう戻れないほど。手頃な価格でこの上質な味わいを楽しめるモカは、新たなコーヒータイムの定番になりましょう。