コールドブリューとは - スイーツモール

コールドブリューとは

コールドブリューとは

暑さが厳しくなるこれからの季節にピッタリな、多くのコーヒーラバーにとっての救世主、それが「コールドブリュー」です。日本ではまだ新しい人も多いかもしれませんが、一度飲めばその滑らかで濃厚な味わいにすっかり虜になること間違いなし。では、このコールドブリューコーヒーとは一体何なのでしょうか?この記事ではその魅力と作り方を詳しく解説していきます。

コールドブリューの特徴とは?ただの冷たいコーヒーではない?

コールドブリューコーヒーはただの冷たいコーヒーとは違います。数多くのコーヒーショップでリーディングメニューとしてラインアップされていますが、一体どのような特徴を持ったコーヒーなのでしょうか。その製法や風味、カフェインの含有量について詳しく見ていきましょう。
コールドブリューメソッド:時間をかけた冷水抽出
'コールドブリュー'とは、文字通り'冷水で時間をかけて熟成させた'コーヒーのことを指します。新鮮なコーヒー豆と冷水をブレンドし、冷蔵庫で5-12時間もの時間を掛けてゆっくりと抽出する手法が一般的です。この製法により、通常のホットブリューでは感じ取ることの難しいコーヒー豆の微妙な風味や個性を、ダイレクトに再現することが可能となります。
特長その1:爽快感ある風味
コールドブリューコーヒーは、冷水によりゆっくりと時間を掛けて抽出されるため、爽やかでスッキリとした香りと味わいが特長です。長時間の低温抽出により、苦みや酸味、渋みが抑えられ、コーヒー豆が持つ本来の風味や甘味を引き立てます。これらの特長はブランドや豆の種類によって異なり、それぞれが独自の魅力を持っています。
特長その2:カフェイン含有量
また、一般的には、水抽出のコールドブリューコーヒーは熱湯で抽出されるドリップコーヒーよりカフェインの含有量が低くなるとされています。しかし、この含有量は、使用するコーヒー豆や製法により大きく影響され、必ずしも全てのコールドブリューレシピがカフェインレスとは限らないため、注意が必要です。
まとめてみると、コールドブリューコーヒーは、ただの冷たいコーヒーとは一線を画した製法と風味を持っています。その独特な風味や製法により、コーヒーラバーたちはもちろん、これまでコーヒーが苦手だと感じていた方でも楽しむことが可能です。何と言っても一度はこのコールドブリュー、試してみてはいかがでしょうか。

コールドブリューと水出しコーヒー・アイスコーヒーとの違いは?

アイスコーヒー、ダッチコーヒー、水出しコーヒー....これらの名前を聞くと、厳しい冬の季節や暑い夏に心地よいクールダウンをもたらしてくれます。しかし、これらの製法や風味には微妙な違いがあるのです。
まず最初に、コールドブリューについて考えてみましょう。このコーヒーは、短時間で冷たい水を使って豆のエキスを抽出します。その結果、酸味や苦味が和らぎ、豆の味わいを引き立てる深みのある風味が増します。さらに、コーヒーの成分がより効果的に水に溶け込むため、カフェインの含有量が高くなるとされています。
次に、水出しコーヒーの特性を見てみましょう。この方法では、コーヒー豆を長時間冷水に浸すことで、風味や栄養素が水に混ざります。この結果出来上がるのは、洗練された、豊かな香りと味わいのドリンクです。但し、この製法は時間がかかりますから、コールドブリューに比べて手間がかかるという欠点があります。
最後に、アイスコーヒーです。これは元々温かかったコーヒーを氷で冷やしたドリンクです。急速に冷やすため、風味の喪失を防ぎますが、一方で酸味や苦味が強く出ます。しかし、一杯ずつ手早く作れる利点がありますから、手軽に美味しいコーヒーを楽しみたい人には最適です。
これらの飲み物を比較してみると、各々が独自の風味や特性を持っています。その日の気分や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。また、これらの製法を自宅で試すと、新たなお気に入りのドリンクに出会えるかもしれません。

コールドブリューの作り方は?

ここでご紹介するものはコールドブリューコーヒーです。この特有の製法により、美味しさが引き立つこと間違いなしです。以下、その詳しい作り方を説明していきます。

まず最初に必要なものはコーヒー豆、水、そしてフレンチプレスあるいはコーヒーフィルターです。そして、割合は豆100gに対して水は800mlが適量です。この分量で一晩冷蔵庫で冷やすことで、最適な味わいが得られますので試してみてください。

挽き豆の粗さは中程度が最良で、ギリギリまで細かくすれば苦味が出過ぎてしまうことを避けられます。もしフレンチプレスを使用する場合は豆と水を合わせ、ゆっくりと漬け込んでください。そして、そのまま一晩置いた後、抽出します。コーヒーフィルターを使う場合でも、同様の手順を踏んでください。

できあがったコーヒーはそのままでも、または氷を加えて淹れた瞬間の冷たさを保持しながら楽しむことができます。さらに、好みによっては砂糖やミルクを組み合わせ、さらなる風味を加えることもおすすめです。今回紹介した製法で、手軽にコールドブリューコーヒーを準備し、夏を余すことなく楽しみましょう。

コールドブリューとは

まとめ

コールドブリューは一晩冷蔵庫でゆっくり抽出したコーヒーで、苦味が少なくまろやかな味わいが特長。その製法を知り、自宅でも手軽に夏にぴったりなこの最高の一杯を楽しめるようになりましょう。コーヒーラバーの新たなマストアイテム、それがコールドブリューです。